ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

過去2年の12月FOMCはセル・ザ・ファクトで
相場の転換点に! 今回はどうなる…!?

2017年12月11日(月)12:20公開 (2017年12月11日(月)12:20更新)
西原宏一&大橋ひろこ

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■過去2年は12月FOMCがゲームチェンジャーに

週末(12月8日)の米雇用統計は、ほぼ予想どおりでしたが、市場が注目する平均時給は予想よりやや弱め。


ところが、米ドル/円は発表直後こそ売られたものの、週末に向けて買い戻されました。西原さんは、この結果をどう考えますか?

今週(12月11日~)13日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、利上げが確実視されています。


僕が今、米ドル/円に対してブルだったら、「13日まではロング目線でいこう」と考える。同じように考えた人が米雇用統計で落ちたところを拾ったのでしょう。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足

(出所:Bloomberg)

一昨年(2015年)、昨年(2016年)、そして今年(2017年)も、となれば3年連続で12月の利上げですね。

過去2年は、いずれも米利上げ前後でセル・ザ・ファクトとなりました。


特に、昨年(2016年)は、11月からトランプラリーで米ドル/円が18円上がってきた中でFOMCを迎え、セル・ザ・ファクトで下落。「一時的な押し目だろう」との予想が多い中、今年(2017年)の107円台まで円高が進みました

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

■「リスクオフのクリスマス」となる可能性も

米ドルと逆相関の関係にある金(ゴールド)は、FOMCに向かって下落しています。


これがFOMCで反転上昇してくるようだと、米ドル安への転換をサポートする材料となりそうですね。

NY金先物 日足
NY金先物 日足

(出所:Bloomberg)

FOMCでの利上げは間違いないのですが、それに対する市場の反応は注目ですね。米減税法案が上院を通過し、利上げも行われると、目先はポジティブ材料が見当たらなくなります


過去2年とも、12月のFOMCがゲームチェンジャーとなっているため、今回もFOMCをきっかけに下落するのではないかと考えています

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(出所:Bloomberg)

米減税法案は、上下両院案の一本化へ向けて作業中ですが、クリスマスまでにまとまらず、年明けにずれ込むのでは? との見方も出てきました。


また、クリスマス休暇に入ると在韓アメリカ人も母国へ帰る人が多く、米軍が対北朝鮮で動きやすいタイミングとの指摘も…。


クリスマス前後のリスクオフにも気をつけないといけませんね。

9月くらいまでは北朝鮮などの地政学リスクに嫌というほど反応していたのですが、足もとではアメリカのエルサレム首都移転問題にもまったく反応しなくなっていますね。

【参考記事】
トランプ大統領が米大使館のエルサレム移転を決断! 中東リスク危惧で相場は…!?(12月7日、西原宏一)

アメリカの国連大使が、「平昌五輪に参加するかどうか未定」と発言するなど、これまでのオリンピックとは異なるムードで緊張が高まっている気がします。

大手銀行の2018年予想が出てきています。ゴールドマンサックスは1ドル=120円、モルガン・スタンレーは105円と反対方向ですが、方向はともかく、105円も120円もそう遠いターゲットではない。


ボラティリティが高まらないと多くの人が考えるのなら、来年(2018年)は意外と大きな値幅が出るのかもしれませんね。

■Brexit交渉がヤマ場迎えるEUサミット

それから今週は、ECB(欧州中央銀行)会合、EU(欧州連合)サミットもありますね。

EUサミットでは、Brexit交渉が第1フェーズの山場を迎えます


英ポンドについては、これ以上の悪材料も考えづらいのですが、EUサミットを前にして英ポンドのボラティリティが上がっており、ヘッドラインひとつで100pips程度は簡単に動いています。

英ポンド/円のチャートは強い形に見えますよね。今週(12月11日~)、14日(木)はBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])の政策金利発表。


金融政策は据え置き予想がコンセンサスですが、前回2票だった利上げ票が3票に増えればポジティブサプライズ。11月の英ハリファクス住宅価格指数は5カ月連続で上昇、インフレ圧力の高まりが意識され、タカ派的なトーンが強まれば英ポンド高という可能性もゼロではないと思うのですが……。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(出所:Bloomberg)

ただ、英ポンドについては、中央銀行でサプライズが起きてもEUサミットでひっくり返る可能性もあります。気が抜けませんね。

■13日前後のセル・ザ・ファクトに大注目!

ビットコインは、先週(12月4日~)200万円台に到達したかと思えば、あっという間に150万円割れ。英ポンド以上のボラティリティですね。

ビットコイン/円 4時間足
ビットコイン/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ビットコイン/円 4時間足

今日(12月11日)からは、CBOE(シカゴオプション取引所)、18日(月)からはCMEで先物取引が始まります。


ビットコイン上昇の反面、金価格が下落する動きは資金のシフトが起きているのでしょうか!?

【参考記事】
ビットコイン/円がついに200万円突破!! CMEビットコイン先物は日本で取引できる!?

いずれにせよ、今週(12月11日~)は、13日(水)のFOMCが最大の注目。その前後でセル・ザ・ファクトが起きるのかどうかが焦点です。


過去2年とも12月FOMCでゲームチェンジとなっていることを踏まえると、今年(2017年)もセル・ザ・ファクトを想定し、13日(木)までに米ドル/円が上昇する場面があれば売っていきたいと思います。

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る