ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

大型M&Aがドル/円押上げるも攻めきれず。
新興国から流出した資金の行き先は…!?

2018年05月10日(木)17:17公開 (2018年05月10日(木)17:17更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■大型M&A相次ぎ、米ドル/円を押し上げ

 この米ドル/円の高止まりは、相次ぐ大型買収の報道が影響しています。

 まず、先月(4月)から話題となっていた、武田薬品とアイルランドの製薬大手シャイアーの買収による資金フロー

 買収は、新株発行と現金によって行われるようですが、注目は、現金部分の約3兆円。報道によれば、武田薬品は必要な資金を調達するため、308.5億ドルのブリッジローン(※)契約を結んだようです。

(※編集部注:「ブリッジローン」とは、一時的に資金をつなぐための短期融資のこと。つなぎ融資と呼ばれることもある)

 加えて、今週(5月7日~)、いきなり報道されたリクルートによる買収報道も、米ドル/円相場を押し上げています

 武田薬品に続いて、リクルートが買収発表。相手は、米オンライン求人サービス大手のGlass Doorです。

買収金額は12億ドル

 「IN CASH」、つまり現預金で買うとの事。

 この買収は、武田薬品のケースと違って「現預金で」との記載があるため、米ドル/円相場へ直接、影響があると想定されます。

 この2つの買収報道が米ドル/円を底堅くし、109円台まで押し上げてきました。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

 ただ、既報のように、武田薬品のシャイアー買収は308.5億ドルのブリッジローン契約なので、短期的に見れば、米ドル/円相場への影響はありません

 次に、リクルートの買収はサプライズではありますが、金額が12億ドルであり、マーケットを下支えするだけの規模ではありません。

■新興国の混乱が続き、主要国の株価に影響が及ぶと…

 一方、米国がイランの核合意を破棄したという報道で、米国株は不安定な状況となり、乱高下が続いています。

 加えて、前述の新興国から資金が流出しており、バーナンキショックを懸念する声も上がっています。

 結果、米金利の上昇により、米ドルの上昇は変わらず。

 短期的には、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルは、売られ過ぎです。調整はあるのでしょうが、上値が重い展開となっています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 日足

 さらに、新興国の混乱が続き、主要国の株価に影響が及ぶと米ドル/円の下落要因となります。

 上述のような大型買収案件の報道があっても、米ドル/円は110.00円レベルを攻めあぐねている展開です。

 こうした背景から、注目したいのがユーロ/円。

ユーロ/円の上値は限定的であり、下値余地は拡大しているのではないでしょうか?

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足

(出所:Bloomberg)

 5月に入り、ユーロ/円の動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る