ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

トルコショック収束も世界的な政治混乱は
続く…。 豪州の政情不安で豪ドルが下落!

2018年08月23日(木)15:31公開 (2018年08月23日(木)15:31更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■豪州の長期金利低下にともなって、豪ドルは軟調に

 トルコ情勢が、いったん収束したことから、ユーロ/米ドルが節目の1.1500ドル台を回復して反発したことに呼応して、豪ドル/円も8月15日(水)に到達した安値の79.70円から81.37円まで反発していました。

ユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:Bloomberg)

 ところが、前述の豪州の政情不安から、豪州の長期金利が低下(豪3年物国債利回りは、一時3bp低下して1.987%、同10年物国債利回りは、一時3.1bp低下して2.511%)しました。

 以下は、米国と豪州の長期金利のスプレッドと豪ドル/米ドルの月足チャートです。

米・豪長期金利のスプレッド&豪ドル/米ドル 月足
米・豪長期金利のスプレッド&豪ドル/米ドル 月足

(出所:Bloomberg)

 米国と豪州の長期金利のスプレッドと豪ドル/米ドルとの相関が、なかなか戻ってこなかったのですが、豪ドル/米ドルを支えていた2001年からのサポートがブレイクし、豪ドル/米ドルがスプレッドに追随してじり安で推移しています。

 この豪州の金利低下にともなって、豪ドルは、再び軟調な展開に。

前回のコラムでもご紹介させていただきましたが、「中国商務次官の訪米」といったヘッドラインなどで戻る局面もありますが、上海総合指数の上値が重いこともあり、豪ドルは軟調な動きが続いています。

【参考記事】
中期的にはリスクオフ継続で円高進行中! 銅価格20%強急落が意味するものとは…!?(8月16日、西原宏一)

上海総合指数 日足
上海総合指数 日足

(出所:Bloomberg)

 豪州の政情不安もあり、調整局面はあるものの、じわじわと値を下げている豪ドル/米ドル、豪ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る