ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
バックナンバー
陳満咲杜 陳満咲杜

米ドル全体が大きく反落しても米ドル/円は
例外!? 押し目買いのスタンスを維持せよ!

2018年09月07日(金)18:02公開 [2018年09月07日(金)18:02更新]

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■米ドル上昇一段落をエリオット波動論で確認

 この見方を説明するにはエリオット波動論の視点が必要なので、9月4日(火)に作成したドルインデックスのチャートをもって解説したい。

 エリオット波動論では、メインラリーが往々にして5波構造をもって構成され、また完成されると説明されているから、今年(2018年)2月安値を起点とした、ドルインデックスの全上昇幅を見てみると、チャート上に記したように、8月高値をもって5波構造をすでに完成させた可能性が大きい。

ドルインデックス 日足(9月4日作成)
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 この見方を証左する要点として、以下の2つの特徴がみられることも大きいかと思う。

 まず、メインラリーにおける子波2と子波4は調整子波(メインラリーの方向と逆)とされるが、両子波自体に「交代の法則」があるとされる。つまり、子波2がシンプル(ジグザグ変動)な特徴を示すなら、子波4は複雑な値動きを見せるのが法則どおりの展開である。反対の場合も然り。

 今年(2018年)3月1日(木)~27日(火)までの下落(子波2)をジグザグ変動と見なした場合、6月14日(木)前後~7月26日(木)前後の値動き(子波4)は明らかに複雑で、「アセンディング・トライアングル」(上昇三角形)を形成したから、前述の「交代の法則」が証左されたわけだ。

 ゆえにその後、「アセンディング・トライアングル」の上放れもあって、最終子波である第5子波が確認されたので、3月安値を起点とした強気ラリーが最終段階に入ったことも示唆されたわけだ。

 次に、8月高値からの反落は、前述の「アセンディング・トライアングル」の中に当たる水準まで、深く押してきたから、第5子波はまだ続くというよりも、すでに完成された公算が大きい

■8月高値を起点とした反落は比較的大きくなる可能性がある

 したがって、2月安値を起点とした全上昇波は、エリオット波動論の視点では、いったん完成した公算も大きく、8月高値を起点とした反落は、調整的な値動きとはいえ、比較的大きな値幅を達成する余地がある

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 なぜなら、今回の調整は2月安値を起点とした全上昇幅に対する調整となるからだ。足もとのレベルに留まらない公算も大きいだろう。全上昇に対する38.2%~50%押しといった計算では、おおむね92半ば~93半ばまでの反落もあり得るから、要注意だ。

■ユーロ/米ドルは1.19ドル台前半まで切り返す余地あり

 ドルインデックスでみる足元の市場の構造は上述のとおりだが、仮にこの見方が正しければ、一番「恩恵」を受けるのはユーロ/米ドルであろう。

 なにしろ、ユーロ/米ドルはドルインデックスとの逆相関が一番強いから、ユーロ/米ドルはこれからいったん1.17ドル台後半~1.19ドル台前半まで切り返す余地を有するのでは…と推測される。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:IG証券

 逆相関性においてユーロ/米ドルに劣る英ポンドや豪ドルといった円以外のメイン外貨は、結局、ユーロとの関係で測られる。

 基本的には米ドル全体の頭の重さが確認される中、英ポンドも豪ドルもいったん反発してくるとみるが、ユーロ/英ポンドの強気変動、そして、ユーロ/豪ドルの2月高値以来の高値更新(これから2月高値のブレイクも必至とみる)に照らして考えると、英ポンドの切り返しがユーロに遅れ、また豪ドル/米ドルはなお下値リスクがくすぶっている状況が理解できる。

■ドル/円は反落があっても押し目買いのスタンスを維持すべき

 こういったユーロとの比較は、米ドル/円にも通用するので、ユーロ/円の値動きが重要である。

 結論から申し上げると、トランプ米大統領の対日不満が報道され、日米貿易交渉懸念による米ドル/円や日本株の失速が心配されるが、ユーロ/円の値崩れがない限り、同懸念も行きすぎで、いずれ剥落してくるだろうと思う。

 今晩(9月7日)の米雇用統計より、日米貿易交渉懸念が近々の米ドル/円の値動きを左右する、といった可能性は排除できないが、反落があっても保ち合いの状況を保ち、また、押し目買いのスタンスを維持するべきであろう。このあたりの考えや検証はまた次回。市況はいかに。

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトで賄いながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。『FX投資のすべてがマンガでわかる! ザイが作ったマンガ「FX」入門」、『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)などの著書がある。

執筆者のオフィシャルサイトなど
「陳アソシエイツ」

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 111099人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
世界の為替チャート

ビットコイン/円+34639.003229379.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+264.700024223.5000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+235.100023495.1000

XBTEUR
Powered by kraken
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)