ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

中国経済悪化の影響が欧州にまで波及…!?
リスクオフ継続で、ユーロ/円続落に警戒!

2018年10月25日(木)16:12公開 (2018年10月25日(木)16:12更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■上海総合指数の下落が止まらない

 みなさん、こんにちは。

このコラムで何度かご紹介させていただいたように、上海総合指数の下落は止まらず。

【参考記事】
「炭鉱のカナリア」が米国株急落を警告!? 米ドル/円、クロス円の続落に警戒必要!(10月11日、西原宏一)
米中貿易戦争は収まるどころか深刻化…!? 下値余地拡大の豪ドルには戻り売りで臨む!(10月18日、西原宏一)

上海総合指数 日足
上海総合指数 日足

(出所:Bloomberg)

 中国当局が市場支援のための政策措置を取るとの報道から一時、中国株は反発する局面もあったのですが、上値は限定的です。

■市場関係者の中国株への見方は依然として弱気

市場関係者の中国株に対する意見も、引き続き、弱気なものが目立ちます。

 たとえば、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの中国株戦略責任者は、「上海総合指数は2日続伸となっているが、上海総合指数のパフォーマンスは世界で最も低いもののひとつであり、現在の急回復はセンチメントの回復による短期的なもの。結果反発は長続きはしないだろう」とコメント。

前回のコラムでご紹介させていただいたように、米中貿易戦争は収まるどころか深刻化しており、なかなか中国株が反発するメドは立ちません

【参考記事】
米中貿易戦争は収まるどころか深刻化…!? 下値余地拡大の豪ドルには戻り売りで臨む!(10月18日、西原宏一)

 先週(10月15日~)までは、この中国株の続落が、米国株に大きな影響を与えませんでした。

 米中貿易戦争の勝利者は米国であるため、中国株の下落は米国株に悪影響を与えないというわけです。

 ただ、中国株の続落が他の主要株価指数にまったく悪影響を与えないという考え方には、筆者も含め多くのマーケット参加者は違和感を持ち続けていました。

 つまり、中国株と米国株のデカップリングに矛盾を感じていたわけです。

■今週に入って米国株は急落

 ただ、その矛盾は今週(10月22日~)、解消されることに。

 今週(10月22日~)初めから、米国株は軟調に推移していましたが、24日(水)の米国株は急落。

S&P500は3.09%、ナスダック総合指数は4.43%も急落しました。

S&P500 日足
S&P500 日足

(出所:Bloomberg)

ナスダック総合指数 日足
ナスダック総合指数 日足

(出所:Bloomberg)

 そして、NYダウは前日比608ドル安に。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

S&P500とNYダウは年初来の上げをすべて喪失してしまいました。

 米国株急落は…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る