ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

逆イールドは、本当に米景気後退の前兆か?
12月FOMCの「ドットチャート」に注目!

2018年12月06日(木)12:37公開 (2018年12月06日(木)12:37更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■FRB議長の弱気発言で市場は敏感に…

前回のコラムで、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言を紹介しましたが、それ以降、金融市場は米国の金利に、とても敏感になっています。

【参考記事】
2019年の米利上げは1回程度で終了かも!? 12月FOMCに加えて米中首脳会談にも注目(11月29日、今井雅人)

 そこで、パウエルFRB議長の11月28日(水)の発言をもう一度紹介すると、「FF(フェデラル・ファンド)金利は、経済にとって中立となる水準の幅広い推定レンジを、わずかに下回っている」という内容でした。

パウエルFRB議長の写真

わずか2カ月弱で金利に対する見解が急に弱気になったと捉えられたパウエルFRB議長。それ以降、金融市場は米金利に敏感になっている (C)Bloomberg/Getty Images News

 ちなみに、パウエルFRB議長は10月3日(水)に、「われわれは中立を超えるかもしれない。しかし、現時点では恐らく、中立金利まで長い道のりがある」と発言しており、そのときに比べると、急に弱気になったということです。

■米金利は急低下。逆イールド現象も

 これに、もっとも敏感に反応したのが、金利市場です。

 米国の10年物国債の利回り(長期金利)は、今年(2018年)の9月中旬に3%を超えて以来、一貫して3%を上回り、一時は3.2%を超えるときもありました。

 しかし、パウエル議長の発言で長期金利は急低下し、現在は、2.9%程度で推移しています。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足

(出所:Bloomberg)

 また、2年債の利回りと5年債の利回りが逆転する、いわゆる逆イールドという現象を誘発しました。

米2年債利回りと米5年債利回り 日足
米2年債利回りと米5年債利回り 日足

(出所:Bloomberg)

■株式市場にも動揺。為替は米ドル安に

 一般的に、金利のイールドカーブ(利回り曲線)が逆転(短期の金利よりも長期の金利の方が低くなる)すると、景気後退を示唆するという見方があり、今回の逆イールドを受けて、市場に動揺が走りました。

 株式市場は、パウエルFRB議長の発言があったときは、金利低下→株高という判断をして、一時的に上昇しましたが、その後、今回の動きは景気後退につながるものではないかという見方が広がったことで、12月4日(火)のNY市場では、一転してNYダウが1日で、約800ドルも急落するという展開になっています。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

 こうした動きに連動する形で、為替市場では米ドル安が進行することとなりました。

【参考記事】
FRB議長などのハト派発言で米ドル下落! 英ポンドは、合意なき離脱なら25%急落か!?(11月29日、西原宏一)

米ドルVS世界の通貨 4時間足
米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 4時間足

 ところで、この逆イールドは本当に…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る