ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円を買う理由はない!?
107.75円を抜けると104円台も視野に…

2019年06月03日(月)16:55公開 (2019年06月03日(月)16:55更新)
西原宏一&大橋ひろこ

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■関税とは実に美しい言葉だ!

トランプ米大統領には、いつも驚かされますね。中国に向かっていた矛先は先週(5月27日~)突如メキシコへ。移民対策を強化しなければ、6月10日(月)から関税を課すと表明しました。

【参考記事】
トランプの対メキシコ関税ツイートで株もドル/円も下落。でも、これならかわいい方!?(5月31日、陳満咲杜)

トランプ米大統領は5月30日(木)、メキシコに対し、移民対策を強化しなければ6月10日(月)から関税を課すと表明した (C) Chip Somodevilla/Getty Images

移民対策と貿易は別問題ではあるのですが、国境の壁がうまくいかず、不法移民の流入が止められないため、「メキシコよ、どうにかしろ!」ということなのでしょう。

関税による圧力ですね。

トランプ米大統領は、“TARIFF is a beautiful word indeed!”(関税とは実に美しい言葉だ!)とも話しており、このままでは収まらないでしょう。


グローバル企業は中国の生産拠点をメキシコに移転するのではとの推測もありましたが、この様子だとメキシコもだめだし、カナダでも安心とは言えなくなってきました。

そうすると、米国へ投資するしかなくなってしまう。トランプ米大統領の思惑どおりですね。

■米利下げは年内2回、来年中ごろまでに3回との声も

今月末には大阪でG20(20か国・地域首脳会合)が控えています。


米中首脳が会談して合意に達するのではとの期待もありますが、会ったところで何かが変わるとは思えません。

トランプ砲でメキシコペソ/円は急落しましたが、くりっく365では買いポジションが増加。積み上がったロングポジションの行方が気になります。


WTI原油も1月以来の安値水準へと低下しました。メキシコは産油国であり、米国へ原油を輸出しています。原油も課税対象に含まれるかどうか、まだはっきりしませんが、メキシコ産原油の供給リスクや世界のエネルギー需要減退の思惑が働いたのかもしれません。


米金利も低下し、米10年国債利回りは2.1%台まで下げました

メキシコペソ/円 1時間足
メキシコペソ/円 1時間足

(出所:Bloomberg)

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足

(出所:Bloomberg)

米10年国債利回り 日足
米10年国債利回り 日足

(出所:Bloomberg)

【CFD取引なら原油にも直接投資できる!】
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

中国との交渉が、まとまらないうちにメキシコの話が出てきて、株に好影響なわけはありません。先週(5月27日~)は下げましたし、まだ下がるのでしょう。米金利の低下がどうにか株を支えている、という状況です。


米政策金利は来年(2020年)中ごろまでに3回程度の利下げがあるのではとされていますが、「年内2回」との声も出てきています。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

■米金利が低下…米ドル高は終わったのか?

米金利低下の影響なのか、ドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペア)は米ドル安傾向ですね。米ドル高が終わったのでしょうか?

米ドルVS世界の通貨 4時間足
米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 4時間足

上昇基調が続いていたドルインデックスですが、チャート的に反転の兆しが出ており、ファンダメンタルズが追いついてきた格好です。


米ドル安が進むようだと、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は売りにくくなりますね。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

ゴールドも200日指数平滑移動平均線で、きれいに支えられて反転。このままゴールドが上昇していくなら、米ドル安の進行を示すものとなります。


今週(6月3日~)は、ECB(欧州中央銀行)理事会もありますが、ユーロが下げ止まる可能性もありそうですね。

NY金先物 日足
NY金先物 日足

(出所:Bloomberg)

【CFD取引なら金にも直接投資できる!】
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

■米ドル/円のターゲットは107.75円、さらに下げれば104円台

明日はRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])が開催され、利下げはほぼ確実


利下げを控え、米中交渉の進展がなく、リスクアセットが売られているにもかかわらず、豪ドルは強い。


豪ドル/米ドルは0.70ドル以下では下げ渋る感じがあり、そのため、豪ドル/円も下げ渋っています。

大阪G20での米中首脳会談実現への期待は根強いようですし、米中貿易戦争の早期終結を見込んだ逆張り的な買いが入っているのかもしれませんね。


豪ドルでは、トランプ政権が豪州に対しての関税を検討したが見送った、との報道も出ていました。


今週の戦略はどう考えますか?

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 日足

来年(2020年)に向けて3回の米利下げが予想され、通商問題の拡大で株価も重い。


米10年債利回りは2.1%台へ低下し、米3カ月物との間で逆イールドにもなっている――米ドル/円を買う理由はありません。戻り売りでいいのでしょう

【参考記事】
米国債の逆イールドはリセッションを警告! 米ドル/円は中期的に100円目指す展開も(5月30日、西原宏一)

米10年国債利回り&米3カ月国債利回り 週足
米10年国債利回り&米3カ月国債利回り 日足

(出所:Bloomberg)

どこまで下がると見ていますか?

1月安値と4月高値で引いたフィボナッチの61.8%が107.75円。ここで一部を利益確定するつもりですが、さらに下げるようだと1月のフラッシュクラッシュ安値、104円台が視野に入ってくることになります。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る