ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米国債の逆イールドはリセッションを警告!
米ドル/円は中期的に100円目指す展開も

2019年05月30日(木)16:37公開 (2019年05月30日(木)16:37更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米中貿易協議はさらに混迷深まる

 みなさん、こんにちは。

 今週(5月27日~)に入って米中貿易協議の混迷は、さらに深まっています。

【参考記事】
加熱する米中貿易戦争でリスクオフ継続! 「株安・円高」相場で米ドル/円は105円へ(5月23日、西原宏一)

 まず、来日していた米トランプ大統領は、強硬な姿勢を崩しておらず、以下のようにコメント。

「米国は、貿易問題で中国と合意する準備は、まだない」

 「中国は恐らく、再交渉を目指さず、貿易協定を結んでおけばよかったと考えていると思う」

 さらに、「中国製品に対する米国の関税を、極めて大幅に引き上げることは、非常に簡単だ。そして、それを負担するのは中国だ」と改めて主張しています。

 これに対して、中国も反論。

 一部報道によれば、中国は「レアアースの対米輸出を制限することを真剣に検討している」とし、マーケットを神経質にしています。

 一方、英国では、欧州議会選挙で、ナイジェル・ファラージ氏が率いる「ブレグジット党」が圧勝

 英国2大政党は、過去、経験したことのない深刻な敗北を喫する結果に。

 「ブレグジット党」は「合意なき離脱」を望んでいることもあり、英ポンドは反落しました。

英ポンド/米ドル 4時間足
英ポンド/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 4時間足

■米国債のイールドカーブ逆転でリセッションを警告

 米中貿易戦争のみならず、英国も不安定な状況に陥っている中、リセッションを警戒するサインが話題に。

 まず、資金は安全資産である米国債に流れ、米10年国債利回りは一時、2.21%を割り込む展開となりました。

 現在の米国のFF金利(※)は、2.25-2.50%。FF金利先物の動向によると、FOMC(米連邦公開市場委員会)が来年(2020年)末までに3回の利下げを行う可能性をマーケットは完全に織り込んでいます。

(※編集部注:「FF金利」とは、フェデラルファンド金利のことで、FFレートとも呼ばれる。米国の政策金利)

FF金利先物から見た米政策金利予想

(出所:Bloomberg)

 さらには、米国債のイールドカーブの逆転。

 米中通商協議に関する懸念の高まりを背景に、3カ月物と10年債利回りの金利差が逆転。その利回り差は13bpと2007年以来の大きさに拡大しました。

米3カ月&10年国債利回り 日足
米3カ月&10年国債利回り 日足

(出所:Bloomberg)

 これは、歴史的にリセッションが差し迫っていることを示唆する水準と言われています。

 米国債のイールドカーブが逆転する中…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る