ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

ノックアウト・オプションに130銘柄追加。
VIX指数(恐怖指数)が50円で取引可能!?

2019年11月16日(土)08:30公開 (2019年11月16日(土)08:30更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■VIX指数(恐怖指数)がわずか50円で取引できる!?

 このように、為替関連だけでも銘柄がかなり充実したノックアウト・オプションだが、株価指数に関連した銘柄も増えている。

 株価指数関連の銘柄は、これまでの12銘柄から15銘柄追加されて27銘柄になった。以下の表は既存12銘柄と新規15銘柄の2つに分けてまとめたもので、新規15銘柄については欧州、アジアといった地域などで色分けしてある。

IG証券ノックアウト・オプションで
取扱いがある指数関連銘柄(既存12銘柄)
ウォール街
(NYダウ)
ドイツ30
(DAX30)
米国500
(S&P500)
スペイン35
(IBEX35)
米国テク株100
(ナスダック総合指数)
フランス40
(CAC40)
米国Russ2000
(ラッセル2000)
日本225
(日経平均)
英国FTSE100
(FTSE100)
香港HS50
(ハンセン)
欧州50
(ダウジョーンズ ユーロ 
STOXX50)
オーストラリア200
(ASX200)

※()内は対象となる指数

IG証券ノックアウト・オプションで
取扱いがある指数関連銘柄(新規15銘柄)
イタリア40
(FTSE MIB)
台湾
(TAIEX)
オランダ25
(AEX)
インド50
(CNX Nifty Fifty)
スイス優良株
(SMI)
シンガポール優良株
(Singapore Free Index)
ノルウェー25
(OBX)
南アフリカ40
(Top40)
スウェーデン30
(OMXS30)
EUボラティリティ指数
(VSTOXX Futures)
デンマーク25
(OMX Copenhagen 25 Index)
ボラティリティ指数
(VIX Futures)
中国A50種
(Chaina A50 Futures)
US FANG
(NYSE FANG+ Index)
中国H株
(Hang Seng China 
Enterprises)

※()内は対象となる指数

 ご覧のとおり、ノックアウト・オプションでは米国、欧州、アジア……といったように、世界各国の主要株価指数を取引することができる。

 その中に混ざって、ボラティリティ指数、US FANG……といった銘柄もラインナップされているが、この2つの指数についてもう少し詳しく見てみよう。

ボラティリティ指数(VIX)とは、恐怖指数とも呼ばれているもの。

 ボラティリティ指数は、S&P500を対象とするオプション取引の値動きを元にCBOE(シカゴ・オプション取引所)が算出していて、数値が高いほど投資家が市場に対し、不安感や恐怖を感じていることを示しているとされている

VIX 日足
VIX 日足

(出所:IG証券

 ボラティリティ指数を取引するのにかかるオプション購入額(FXの証拠金にあたるもの)を調べてみたところ、ノックアウトレベルの設定次第では、なんと50円程度で1ロット保有できることがわかった。

 わずか50円で……というのは、ちょっと信じられなかったので、記者がIG証券のリアル口座に100円程度入金して実際にポジションを取ってみたところ……確かに間違いではなかった。以下は、取引ツールから保有ポジションを表示させた画面だ。

IG証券 ノックアウト・オプション 保有ポジション表示画面
IG証券 ノックアウト・オプション 保有ポジション表示画面

(出所:IG証券

 先ほど、ボラティリティ指数は、S&P500を対象とするオプション取引の値動きを元にCBOE(シカゴ・オプション取引所)が算出していると紹介したが、じつはこのボラティリティ指数自体は直接取引することはできない。

 記者がIG証券に問い合わせたところ、IG証券がノックアウト・オプションで提供しているボラティリティ指数は、CBOE​に上場されているVIX指数先物の2限月の価格をもとにIG証券が価格を生成し、提供しているものとのことだった。

 先物に連動した銘柄の場合、限月がきたら取引できなくなってしまうので、連動する先物を期近から期先へどこかで交代させなければならない。その際、期近と期先の価格は同じではないため、レートが大きく変動することがある

【参考記事】
NYダウ、史上最大の暴落にVIX指数の影。ビットコインも真っ青。2日で96%下落って!?

 この点についてはどうなのか、IG証券に聞いてみたところ、ノックアウト・オプションで提供しているボラティリティ指数については、限月交代に伴うレート変動は起こらないようになっているという。限月交代があっても大きく窓を開けるといったことが起こらないように、特別なアルゴリズムを用いて価格を提供し、調整しているそうだ。

 記者がIG証券のシニアFXストラテジスト、石川順一氏に聞いてみたところ、ノックアウト・オプションに新たに追加された銘柄で活況なものは「ボラティリティ指数」だという。先ほども紹介したとおり、少額取引ができるノックアウト・オプションの銘柄の中でも、ずば抜けて資金が少なくても取引できることがユーザーの人気を集めているのだろうか。

 ただし、記者が取引画面を見てみたところ、IG証券のノックアウト・オプションで提供されているボラティリティ指数は、市場環境によってはレートが提示されず、一時的に取引できなくなってしまうこともあるようだった。新規に追加されたばかりの銘柄なので、しばらく様子見しながら取引チャンスをうかがってみた方がいいかもしれない。

■FANGなど10銘柄で構成された「US FANG」とは?

 次に、もうひとつ気になる銘柄、US FANGについて見てみよう。

 そもそもFANGとは、フェイスブック(Facebook)、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)、ネットフリックス(Netflix)、グーグル(Google)という、米国の大手IT企業4社の頭文字をつないだもの。

 そしてUS FANGという銘柄名はIG証券が独自に付けたもので、対象となる指数は「NYSE FANG+ Index」となっている。

 「NYSE FANG+ Index」は、ICE Data Indices,LLCが算出している指数で、FANGに加えて、アップル(Apple)、アリババ(Alibaba)、バイドゥ(Baidu)、エヌビディア(NVIDIA)、テスラ(Tesla)、ツイッター(Twitter)の6銘柄を加えた10銘柄で構成されている。

 ちなみに、ICE Data Indices,LLCは、ICE(インターコンチネンタル取引所)の傘下にある会社だ。

US FANGの構成銘柄
フェイスブック
(Facebook)
アリババ
(Alibaba)
アマゾン・ドットコム
(Amazon.com)
バイドゥ
(Baidu)
ネットフリックス
(Netflix)
エヌビディア
(NVIDIA)
グーグル(※)
(Google)
テスラ
(Tesla)
アップル
(Apple)
ツイッター
(Twitter)

※実際に構成銘柄に入っているのはグーグルの持ち株会社のアルファベットだが、上表では便宜上、グーグルとしている。

 このように、US FANGはIT系を中心とした話題の銘柄で構成された指数となっているわけだ。

IG証券 ノックアウト・オプション US FANG
 IG証券 ノックアウト・オプションUSFANG40 日足

(出所:IG証券

 US FANGのオプション購入額を調べたところ、US FANGは0.1ロット単位で取引できるので、数百円程度あればポジションを保有することができることがわかった。

 世界各国の代表的な株価指数に加えて、ボラティリティ指数やUS FANGも追加されてトレードの幅がググっと広がった。少額の資金でも取引できるので、興味のある人は27銘柄の中からお気に入りの銘柄を見つけてみてはどうだろう。

■コモディティはかなりマニアックな銘柄がズラリ…

 そして、コモディティ銘柄は、これまでは4銘柄だけだったが、今回、28銘柄追加されて合計32銘柄となった。以下の表は既存4銘柄と新規28銘柄の2つに分けてまとめたもので、新規28銘柄についてはカテゴリーごとに色分けしてある。

IG証券ノックアウト・オプションで
取扱いがあるコモディティ関連銘柄(既存4銘柄)
WTI原油 スポット金
北海原油 スポット銀
IG証券ノックアウト・オプションで
取扱いがあるコモディティ関連銘柄(新規28銘柄)
パーム原油 シカゴ大豆油
NY天然ガス シカゴ大豆ミール
NY無鉛ガソリン シカゴ小麦
NYヒーティングオイル シカゴコメ
プラチナ シカゴ生牛
NY綿花
NYHG銅 NY砂糖
鉄鉱石 ロンドン砂糖
アルミニウム NYオレンジジュース
亜鉛 NYコーヒー
ロンドンコーヒー
ニッケル NYココア
シカゴコーン ロンドンココア
シカゴ大豆 シカゴ木材

 これまでコモディティ銘柄は、WTI原油、北海原油、スポット金、スポット銀の4銘柄のみの取扱いだったが、上の一覧表をご覧いただくと、エネルギー、貴金属、農作物、農産物に至るまで、さまざまな種類の銘柄が新たに加わっている。

 特に、農作物、農産物に関連した銘柄では、NYオレンジジュース、NYコーヒー、シカゴ大豆油、シカゴ生牛、ロンドンココア……というように、日本人の投資家にはなじみの薄い銘柄がズラリと並んでいる。

 この中で、記者が気になる銘柄をいくつかピックアップしてみた。はじめに、NYオレンジジュースの動きを見てみよう。

NYオレンジジュース 日足
NYオレンジジュース 日足

(出所:IG証券

 そもそも、オレンジジュースの相場がどのような材料で動くのか記者もよくわからないのだが(オレンジの収穫量とかになるだろうか…)、2019年は3月末から5月前半にかけてズルズルと下落。その後、買い戻しが入ったものの、戻りも限定的となり、2019年10月中旬の段階ではもみ合いとなっている。

 続いて、ロンドンココアの動きはどうだろう。

ロンドンココア 日足
ロンドンココア 日足

(出所:IG証券

 上のチャートを見てみると、2019年に入ってからは徐々に下値を切り上げる格好に。8月に入っていったん急落したものの、その後は急激に買い戻されると、10月に入り今年(2019年)の最高値を付けている。

 コモディティ市場の王道を行く銘柄から、かなり珍しい銘柄までいろいろ揃っているので、興味のある人は、気に入った銘柄を見つけてトレードしてみてはどうだろう。

■ノックアウト・オプションに適した銘柄選びのコツとは?

 ここまで紹介してきたように、新しい銘柄が追加されてトレードの幅が広がったノックアウト・オプションだが、どのような銘柄が取引するのに適しているのだろうか。

 「ノックアウト・オプションのリスク限定という利点を活かして、ボラティリティが高い銘柄をおすすめします」

 こうアドバイスしてくれたのは、IG証券のシニアFXストラテジスト、石川順一氏だ。

【参考記事】
投資の神様・バフェットの完全コピーも! ストラテジスト直伝のコア・サテライト戦略

 石川氏のオススメはボラティリティが高い銘柄とのことなので、これからボラティリティが高まりそうな銘柄を聞いてみたところ、数カ月先を想定し、ブレグジット、中東リスク、米中対立、米大統領選挙といったテーマから浮かび上がる銘柄をピックアップしてくれた。

IG証券・石川氏がピックアップした銘柄
為替 株価指数 コモディティ
ユーロ/円 ウォール街
(NYダウ)
WTI原油
ユーロ/米ドル 米国テク株100
(ナスダック総合指数)
スポット金
英ポンド/円 US FANG
(NYSE FANG+ Index)
英ポンド/米ドル
豪ドル/円
豪ドル/米ドル
トルコリラ/円

 上表を見ると、ブレグジットに絡んだ銘柄では、英ポンド/円や英ポンド/米ドル、中東リスクではトルコリラ/円やWTI原油、米中対立ではウォール街……といったように、テーマに沿った銘柄がピックアップされている。

 そして、石川氏がピックアップした銘柄の中に、先ほど紹介したUS FANGが入っているが、その心は…

「US FANGはハイテクセクターのバロメーターです。来年(2020年)米大統領選挙を控える中、民主党の候補者にFANG分別論を主張している人もいるので、民主党が優勢かどうかを測るバロメーターにもなり得ます」と石川氏。

 US FANGは米大統領選挙関連銘柄ということだ。さらに石川氏はUS FANGを取引する際には次のようなポイントもあるという。

「米中対立の焦点は『知的財産権の保護』になるので、この分野で手打ちとなれば、ハイテク覇権を巡る緊張が緩和することでUS FANGにとってはポジティブ。一方、中国サイドが突っぱねる場合は、ネガティブと考えています」

 つまり、US FANGは米中対立関連銘柄でもあるというわけだ。

 ノックアウト・オプションの取扱い銘柄数が多すぎて選びきれないという人は、石川氏がピックアップした銘柄を参考にしてみてはどうだろう。

■ゆる~い条件で高額キャッシュバックが狙えるチャンス

 ここまで、ノックアウト・オプションに新たに加わった銘柄について紹介してきたが、ここからはお得なキャンペーンを紹介しよう。

IG証券では、比較的達成しやすい条件で最大6万円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施している。

IG証券「最大6万円キャッシュバック」

 こちらはFX以外の銘柄を対象にしたキャンペーンになるが、為替のノックアウト・オプションでも、ノックアウト・オプションであれば、こちらのキャンペーンの対象となる。

 キャンペーン期間中に専用申込みフォームよりキャンペーンに登録し、新規口座開設したあと、同期間中に50万円以上を一括入金し、口座開設申込みから30日以内にFX以外の銘柄で初回取引すれば、5000円のキャッシュバックを受けることができる

 さらに、所定期間内のFX以外の取引高に応じて最大4万5000円までのキャッシュバックを受けるチャンスもある。

 ここまでで、最初の5000円と合わせると、最大5万円のキャッシュバックを受けることができるというわけだ。

IG証券「最大6万円キャッシュバック」

 また、他社からの乗り換えで、1万円のボーナスがプラスされるキャンペーンも実施している。

 こちらの対象となるには、他社でのCFD取引報告書を提出することが条件になるが、これも含めると、全部で最大6万円がもらえるチャンスがある。

 キャンペーン期間は2020年1月10日(金)までとなっているが、初回取引まで達成した人から先着150名限定となっている点にはご注意を。

 取扱い銘柄もガッツリ増えてトレードの幅も広がったIG証券のノックアウト・オプション。お得にキャッシュバックを受けられるキャンペーンも実施しているので、興味のある人はこの機会に口座開設してみてはどうだろう。

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、IG証券のウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る