ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

日本のGDPは衝撃の年率マイナス6.3%…。
悪材料で円安に!? 米ドル/円は115円へ!

2020年02月20日(木)14:48公開 (2020年02月20日(木)14:48更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■日本の悪材料で円安になったワケとは?

 ところが、今回は日本の悪材料で円安に振れています。

 それは、米系投資家の行動に変化が起きたからのようです。

 日本の悪材料となる報道が目立つ局面で、米ドル/円での米ドル買いを持ち込んでいるのが、本邦機関投資家と米系投資家で、まとまった米ドル買いを持ち込んでいる模様。

 本邦機関投資家だけのときは、米ドル/円の上昇も限定的だったのですが、今回は、米系投資家のまとまった米ドル買いの影響も大きいようです。

 そのスタンスの変化は、GDPの年率マイナス6.3%という報道にあるようです。

 この報道で米系投資家が取った行動は、リスクオフの円買いではなく、円売りでした。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(出所:Trading View

■米ドル/円は重要な節目を突破し、115円へ上値余地拡大

 そして、彼らが期待したのは日銀の追加緩和

 それによる円売りという流れのようです(この段階では、初期のアベノミクスの時のような大規模な金融緩和の手段は思いつきませんが…)。

写真は黒田日銀総裁。日本のGDPマイナス6.3%という報道を受けて、米系投資家が期待したのは日銀の金融緩和。ただ、西原さんは、この段階では大規模な金融緩和の手段が思いつかないという  (C)Bloomberg/Getty Images

写真は日銀の黒田総裁。日本のGDPマイナス6.3%という報道を受けて、米系投資家が期待したのは日銀の金融緩和。ただ、西原さんは、この段階では大規模な金融緩和の手段が思いつかないという  (C)Bloomberg/Getty Images

 つまり、まず、リスクオフでの円高にはならず、日本勢の米ドル買いにより、米ドル/円は底堅い展開に。そして、GDP年率マイナス6.3%ショックによる日銀の追加緩和期待により、米系投資家の円売りという側面が加わったことから、米ドル/円は重要なレジスタンスである110.15円レベルをブレイクして急騰しています。

 シンプルですが、2015年に125.86円の高値に到達して以来のレジスタンスライン(=110.14円)を2月19日(水)にブレイクした形になります。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(出所:Bloomberg)

重要なレジスタンスをブレイクした米ドル/円は、115円へと上値余地が拡大した形になります。

 リスクオフでも円高にならず、そして、日銀の追加緩和期待を背景とした米系投資家の米ドル買いにより、上値余地が拡大した米ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る