ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

バックナンバー

悪材料織り込みでNYダウの二番底はない!?
大きな流れは米ドル安。豪ドル買い継続へ

2020年04月13日(月)16:23公開 [2020年04月13日(月)16:23更新]

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

■米国も参加し、1500万バレルの削減か?

今日はまず、原油からでしょう。OPEC(石油輸出国機構)など産油国は、日量970万バレルの減産に合意しましたね。

OPECプラス(※)に参加していない米国やカナダなども合計で370万バレルを減産するほか、サウジアラビアなども合計200万バレルの自主的な追加減産を表明しており、世界全体の減産量は1500万バレルを超える見通しとも報じられています。


これが遵守されれば過去最大の減産量ですし、米国、カナダも加わっての協調減産となれば歴史的合意です。

(※編集部注:「OPECプラス」とは、OPEC(石油輸出国機構)にOPEC非加盟の主要産油国を加えた枠組みのこと)

イースターマンデーの影響かもしれませんが、今日(4月13日)のWTI原油は20ドル台で推移しており、反応は鈍いですね。

【参考記事】
日本の緊急事態宣言でセル・ザ・ファクトか。豪ドルの瞬間的な急騰は、誤発注だった!?(4月6日、西原宏一&大橋ひろこ)

NY原油(WTI原油) 日足
NY原油(WTI原油) 日足チャート

(出所:TradingView

需要の落ち込みは2000~3500万バレルと試算されていますから、1500万バレルの減産でも需給は引き締まらず、しばらくは安値で低迷せざるを得ないという印象でしょうか。

G20(主要20カ国・地域)エネルギー相の共同声明でも具体的な削減目標の設定は見送られましたね。

とくに旗振り役を担った米国の具体的な減産量など、まだ情報が少ない。本当に歴史的合意と言えるのか、今のところ市場は懐疑的なようです。

■アフターコロナで株価は爆発するか

原油も重要ですが、やはり注目は新型コロナウイルスの動向ですね。

NYダウは、年初来高値から安値までの下落幅の50%戻しまで回復しています。金融、財政両面の政策が好感されての戻り局面でしょうが、ビフォーコロナのようなグローバリゼーションへ即座に回帰するのは難しそうな印象。


世界経済の低迷が長期化するなら、ここから二番底をつけにいくと見る向きも多いですね。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

先進国の中央銀行がマネーをジャブジャブにしているので、ロックダウン(都市封鎖)が解除され、経済がリスタートしたときのリバウンドは強烈なのではとのイメージもあります。


米国では失業者が急増していますが、同時に多額の給付金も出しています。リスタート時には、そうした効果が一斉に出てくる可能性もありますね。

二番底はない、という見方ですか?

NYダウは、すでに1万ドル下げています。かなりの悪材料はすでにプライス・イン(織り込み)されていると考えていいのではないでしょうか。

リスタートするためには、コロナの終息が条件になってきますね。

米国では拡大局面がピークアウトした州もあるようです。一部の州では、リスタートが近いのではとの見方も出ている。市場の見方が好転すれば、株価も徐々に戻していくのではないでしょうか。


もちろん、ここから一直線に上がっていくと想定しているわけではないですが。

【参考記事】
コロナショックのNYダウ暴落を、世界恐慌やリーマン・ショックのときと比較してみると…

次ページでは、今週の注目材料とトレード戦略の話題が…)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

FXのカリスマたちと語る withコロナ相場の戦い方!FX無料オンライン座談会(Youtubeライブ)

【参加受付中】2020年6月12日(金)21:00から、元シティバンクのチーフトレーダー・西原宏一さん、トレードコンテスト2冠の個人トレーダー・バカラ村さん、元ゴールドマン・サックス、トップトレーダーの志摩力男さんの3人が直近の為替相場についてオンライン座談会(Youtubeライブ)で語り尽くします!

新型コロナウィルスの感染拡大で世界中が翻弄されている今、今後の経済への影響、米大統領選など大きなイベントなどで動く通貨ペアはどれなのか? なかなか揃わない3人のカリスマの話をオンラインでじっくり聞いてみませんか? 当日は、ライブ配信のため、質問も受け付けます。
→詳細・申込みはこちらから


 当コーナー「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」は原則、毎週月曜日または火曜日に更新しますが、当コーナー更新の前にその速報版が西原宏一さんの有料メルマガ「FXトレード戦略指令! with 日経先物(月額:6600円・税込)で配信されています。トレードの参考になる、鮮度の高い情報をいち早くゲットしたいトレーダーにおすすめ!

「FXトレード戦略指令! with 日経先物」では「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」の速報版のほか、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスやチャートによる相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。さらに、購読者限定ウェブサイトも用意されており、チャート画像などはそちらでご覧いただくことができます。

西原宏一 FXトレード戦略指令! with 日経先物

「FXトレード戦略指令! with 日経先物」には、10日間の無料体験期間もありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

葉那子と「FXのトレード戦略指令! with 日経先物」でFXトレードを始めよう!
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 102559人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議

このコーナーでは元為替ディーラーの西原宏一さんとフリーアナウンサーで、コモディティ(商品)に詳しい大橋ひろこさんが、FXとコモディティについて、その週の作戦会議を開いている模様をお届けします。

西原宏一 (にしはら・こういち)
青山学院大学卒業後、1985年にシティバンク東京支店へ入行。為替部門チーフトレーダーなどとして活躍後、海外へ。ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。現在はCKキャピタル代表取締役・CEO。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。著書に『30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX』(扶桑社)がある。

執筆者のサイト
「FX TREND 西原宏一オフィシャルサイト」
「ザイFX!×西原宏一 FXトレード戦略指令!」を配信中!(10日間無料)

大橋ひろこ (おおはし・ひろこ)
フリーアナウンサー/ナレーター。ラジオNIKKEI「北野誠のFXやったるで!」、「マーケット・トレンド」など、FX・コモディティ(商品)を中心としたマーケット関連の番組に出演。さまざまなマーケット関連のセミナーで司会・モデレーターも務める。自身もFX、コモディティ、株式と幅広く投資しており、トレーダーとしての一面も持つが、特にコモディティに造詣が深い。ブログ「ひろこの“ボラタイル”な日々」、「大橋ひろこのコモログ」では自身のトレード記録の詳細を赤裸々に公開中。

執筆者のサイト
大橋ひろこ(@hirokoFR)

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

ザイタイアップバナー
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 06月04日更新

世界中がMMTを社会実験。コロナバブルは弾けない!!




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
06月01日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果