ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

ユーロ/米ドルの巻き返しに注意!
マーケットはコロナ克服を織り込み始めたか

2020年08月26日(水)17:53公開 (2020年08月26日(水)17:53更新)
志摩力男

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■米メディアはワクチン完成後の話題でもちきり

 8月23日(日)、トランプ大統領は記者会見において、コロナから回復した人の血しょうを使う治療法がFDA(米食品医薬品局)によって許可されたことを受けて、「これは強力な治療法だ」と高らかに喧伝しました。

トランプ大統領写真

トランプ大統領は8月23日(日)、FDAによって許可されたコロナから回復した人の血しょうを使う治療法について「これは強力な治療法だ」と記者会見で高らかに喧伝した (C) Chip Somodevilla/Getty Images News

 大統領が言うほどすごい治療法なのか、という議論はありますが、翌日(8月24日)の株式市場では航空関連株、銀行、エネルギーセクター等に買いが入り、その日の米メディアは「ワクチンが完成したら…」と、ワクチン完成後のマーケットがどうなるのか、そうした話題でもちきりでした。

 米国の人は、非常にポジティブです。

 現在、開発中のワクチンが167種ぐらいあると言われており、そのうち有力な8種が、すでに後期臨床試験(フェーズ3)に進んでいます。

少なくとも年内には、早ければ11月ぐらいにも承認されるのではないかと言われています。11月まであと2カ月と少しですから、もうすぐそこです。

■マーケットはコロナ克服を織り込み始めたか

米国はコロナ第2波に苦しんでいましたが、7月末をピークに1日あたりの感染者数は減少に転じています。

 日本も第2波に驚かされましたが、厚労省専門家会議でも7月末がピークだったのではないかと言われており、少しずつ落ち着いてきています。

何より第2波では、重症患者数・死亡者数が劇的に少ない

 正体不明の恐ろしい病気であった新型コロナウイルスですが、慣れもあり、深刻さはだいぶ低下してきました。

 もちろん、インフルエンザ同様、ワクチンができたとしても完全にコロナが消え去ることは難しいかもしれません。しかし、いずれは克服され、普通の生活に戻る道筋が見えてきました

 まだ何カ月も先の話かもしれませんが、道筋さえ見えてくれば、マーケットは織り込みにいきます

 もしかしたら、ワクチン開発後の世界に向けて、マーケットはもう走り出しているかもしれません。

■結局、正しかったのは株式市場

 コロナは本当の「ブラックスワン」でした。

 ロックダウンの代わりに、各国政府は巨額の資金を投じて経済を支え、金融政策は世界中で緩和、どの国の金利も「ゼロ」になりました。

【参考記事】
新型コロナの影響で市場は今後どうなる? 世界中が金利ゼロへ!? ドル/円100円割れも!(3月4日、志摩力男)

 しかし、リーマンショック以上の、世界大恐慌以来の経済危機が来ると言われたのに、株式市場は急速に切り返し、米国株は連日のように過去最高値を更新しています。

実体経済は悪いのに株価が高いのはおかしい、株式市場が間違っているという意見が強かったのですが、結局、正しかったのは株式市場の方でした。

【参考記事】
現実とマーケットの違いに猛烈な違和感。米マイナス金利導入なら米ドル大暴落も…(5月13日、志摩力男)
新型コロナ不況とリーマン・ショックの違いは? 景気後退は厳しくなる。市場は楽観的すぎ!(4月8日、志摩力男)

ナスダック総合指数&S&P500 日足
ナスダック総合指数&S&P500 日足チャート

(出所:TradingView

つまり、最初からリーマンショック以上の危機ではなかったのでしょう。

 リーマンショックの時は、金融機関が被った莫大な損失があり、政府資金の多くは、その救済に使われました。

 今回は、そうした巨額の損失はありません。意図的に経済を止めたことから来る危機です。経済が再稼働できるようになれば、自然と克服されます。

 しかし、経済を意図的に止めることで大変な困難に陥る人・産業があるため、大量の財政マネーが投じられました

 必要なところへは当然投じられなければなりませんが、必要としていない人にも資金は行きました。それが銀行預金の積み上がりとなり、株価の高騰につながりました

【参考記事】
対GDP比17.9%! 巨額の米財政支出で溢れたマネーが次は米ドル相場を押し下げる?(6月24日、志摩力男)
新型コロナ対策の補正予算は巨額! リスクは円安方向。ユーロ/円は長期の大底形成中か(6月3日、志摩力男)

 今回の景気回復は、V字なのかL字なのか、はたまた…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」で最新動画「月刊!志摩力男」の10月号「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか?」を公開(2022年9月27日)しました!ぜひ、ご覧ください。

(出所:志摩力男Youtubeチャンネル「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか? 【月刊!志摩力男10月号】」より)

 有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども企画していく予定なので、「志摩力男のグローバルFXトレード!」の登録をよろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る