ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

ポンドを戻り売り! 合意なき離脱での下落
余地大きいが、ボリスのウルトラCには注意

2020年09月14日(月)17:07公開 (2020年09月14日(月)17:07更新)
西原宏一&大橋ひろこ

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

■「菅総裁」で日本株を中心にセル・ザ・ファクトの可能性も

話題はそれなりにあるのですが、米ドル/円は動きませんね。

先週(9月7日~)は株式市場も小動きでしたが、米国株よりも日本株のほうが底堅く動いているようにも感じます。

このところの米国株安で「米国株ロング、日本株ショート」といった戦略をアンワインド(巻き戻し)する動きが出ているようですし、よりシンプルに考えると、安倍首相の退陣表明で売りに回っていた海外勢が「菅なら大丈夫そうだ」と買い戻す動きもあるのでしょう。

【参考記事】
豪ドル/米ドルを押し目買い! 米ドル安は続く。「菅首相」誕生なら市場の反応は?(8月31日、西原宏一&大橋ひろこ)

自民党の総裁選挙は今日(9月14日)、投開票です。

実際に菅さんで決まれば(※)、日本株を中心にセル・ザ・ファクトの動きとなる可能性があります。

(※編集部注:コラム寄稿後、自民党総裁選の投開票が行われ、菅義偉官房長官が自民党新総裁に選出された)

■英ポンド下落にソフトバンクグループの影

ソフトバンクグループの件も話題ですね。


2016年に買収した英半導体設計大手のアームを米半導体大手のエヌビディアへ売却すると発表しました。

4年で1兆円の利益ですから見事なディールですね。


売却による為替への影響も取り沙汰されていますが、推測するのは難しい

【参考記事】
新型コロナ後の世界はどうなる? ソフトバンクGの資産売却でポンド/円の売り!?(4月1日、志摩力男)

一昨年(2018年)、武田薬品が英シャイアーを買収したときも為替が話題となりました。

【参考記事】
武田薬品の英シャイアー7兆円大型買収の行方に注目! 巨額の英ポンド買いの噂も?(2018年4月26日、西原宏一)

武田の場合、当初は英ポンド/円の売りと思われていましたが、実際には英ポンド/米ドルでした。


今回も英ポンド/米ドルなのかもしれませんが、円に転換する部分がゼロではないでしょうから、円高要因とはなります


ただ、ソフトバンクグループも当然、すでにある程度は抑えているはず。


先週(9月7日~)の英ポンド/円が戻ることなく一本調子に下げた背景には、ノーディール・ブレグジット(合意なき離脱)の懸念だけでなく、ソフトバンクグループによる売りも重なっていたのかもしれません。

【参考記事】
目先、調整のユーロ/米ドルは戻り売りで! 新たな買い材料がないと上昇は継続しにくい(9月8日、バカラ村)

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足チャート

(出所:TradingView

■10月15日の期限へ向けてボリスのウルトラCに警戒も

米ドル/円もユーロ/米ドルも横ばいが続き、トレンドがあるのはノーディールへの懸念が高まる英ポンドだけですね。

昨年(2019年)と同様、ボリス・ジョンソン英首相の瀬戸際外交だろうと思いますが、今回は本当に交渉が決裂するのではとの懸念もあります。


ノーディールに備えて為替を手当しないといけない企業もあり、下落基調は続くのでは


ただ、ボリスが一方的に決めた交渉期限である10月15日(木)まで残された時間はわずか


ウルトラCのような提案を持ち出し、急展開を見せる可能性もあります。

9月17日(木)にはBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])のMPC(英中銀金融政策決定会合)が開催されます。


3月の国債入札では3年物がマイナス金利となりましたし、今回でなくともマイナス金利導入の可能性は否定できません

今回は据え置きでしょうね。ブレグジットが混迷する中で金融政策を動かすとは思えません。

■9月16日のFOMCで、フォワードガイダンスの変更は?

先週(9月7日~)、ECB(欧州中央銀行)理事会が開催されました。


「ユーロ相場の水準についてコメントしない」とのラガルド総裁の発言を、市場はユーロ高容認と受け止め、ユーロ/米ドルは直後に1.19ドル台を回復しています。

ユーロ/米ドル 1時間足
ユーロ/米ドル 1時間足チャート

(出所:TradingView

ところが、ラガルドさんは週末にユーロ高は困るといった趣旨の発言をしてもいます。


再浮上したノーディール・ブレグジットの懸念は、ユーロも押し下げるでしょうし、ユーロ/米ドルは当面、上値が重いのではないでしょうか

9月16日(水)はFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果が公表されます。


フォワードガイダンスを変更するのかどうか。ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、「緊急な必要性はない」と話しています。


何も変更がないと、失望での米ドル買いが出てくるかもしれませんね。

9月17日(木)には日銀金融政策決定会合もありますが、こちらはノーイベントでしょう。

■英ポンドの戻り売り! ノーディールでの下落余地は大きい

為替に直接関係はないですが、イスラエルがUAEに続き、バーレーンとも国交正常化で合意しました。


仲介したのは、トランプ米大統領


中東和平への大きな一歩となる、ノーベル平和賞レベルの偉業です。

【参考記事】
豪ドル/米ドルを押し目買い! バフェットも注目のゴールドより先に、豪ドルが動き出す(8月17日、西原宏一&大橋ひろこ)

原油市場は、9月に入り軟調な動きが続いていますが、注目は9月17日(木)に開催されるOPECプラス(※)の合同閣僚監視委員会(JMMC)


各国が減産を遵守しているかどうか、確認するための会合ですが、減産遵守を強調する声明を出して、下落を食い止めようとする可能性があります

(※編集部注:「OPECプラス」とは、OPEC(石油輸出国機構)にOPEC非加盟の主要産油国を加えた枠組みのこと)

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足チャート

(出所:TradingView

いずれにせよ、マーケットの注目は英ポンド。


ボリスのウルトラCで反転すれば即カットするつもりで、英ポンド/円や英ポンド/米ドルを戻り売りすればいいのではないでしょうか。


ノーディールとなったときの下落余地は大きく、リスクリワードのいいトレードになると思います。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足チャート

(出所:TradingView

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る