ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円を引き続き、押し目買い! 中長期
投資家の参入で、ゲームチェンジが鮮明に

2021年03月15日(月)15:30公開 (2021年03月15日(月)15:30更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■米国、英国、トルコ、日本で中央銀行会合

先週(3月8日~)、ECB(欧州中央銀行)は債券の購入ペースを加速させる方針を発表しました。


債券の買い入れ量を増やす=金利上昇を抑制する、ということですね。

主要国が金融緩和や財政出動で資金をじゃぶじゃぶにした結果、株価は上昇しましたが、長期債を中心に金利急騰リスクが意識されだしています。


RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])は債券買い入れを拡大させて、金利上昇を抑制する姿勢を見せましたが、ECBも続いた格好です。

今週(3月15日~)、17日(水)深夜にFOMC(米連邦公開市場委員会)、19日(金)には日銀の金融政策が発表されます。やはり焦点は金利ですね。


FOMCでは、長期債の買い(あるいは売り)と短期債の売り(あるいは買い)を同時に行う公開市場操作である「ツイストオペ」導入のウワサも出ています。

米長期金利は、まだ2%にも満たない水準。この段階でのツイストオペ導入はないでしょう。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足チャート

(出所:TradingView

■3月17日FOMCの注目は「2023年」と「SLR」

上がっていると言っても10年債利回りは、まだ1.6%。2018年10月には3.2%あったことを思えば、まだ低水準ですよね。


パウエルさんの記者会見も今までの発言を踏襲するでしょうし、注目はドットチャートでしょうか。


ゼロ金利が2023年まで継続するとの見通しが大半ですが、それより前の利上げを予想するメンバーが増えていれば、早期テーパリングの思惑が高まり、市場に動揺が走りそうです。

ドットチャートとともに注目されるのが、「SLR(補完的レバレッジ比率)


新型コロナ対策として、FRB(米連邦準備制度理事会)が導入した流動性を高めるための措置ですが、期限が今月末


今回のFOMCで継続が表明されるのでは、との期待が一部銀行などから高まっています。


もし継続しない場合は、米国債売却などの動きが出て金利上昇のリスクが高まります

ここで撤回すれば、市場を動揺させることになりますね。考えにくいシナリオですが……。


そして、3月19日(金)が大大大注目の日銀の金融政策発表です。

■大大大注目の日銀の金融政策。金利変動幅を拡大するか

今回は、金融緩和の「点検」結果が公表されます。


焦点は、長期金利の変動幅±0.2%を±0.3%程度に拡大させるかどうか


黒田日銀総裁は3月5日(金)、「必要があるとは考えていない」と否定しました。


ところが、3月8日(月)、雨宮日銀副総裁は「金利はもっと上下に動いてもいいと思っている」と正反対の発言をしています。


正副総裁は普通、連携をとって発言しますから、何らかの思惑があるのかもしれませんが、今回は市場を混乱させるばかりです。

黒田日銀総裁写真

黒田日銀総裁は3月5日(金)、長期金利の変動幅拡大について「必要があるとは考えていない」と否定した。ところが、雨宮日銀副総裁は3月8日(月)、「金利はもっと上下に動いてもいいと思っている」と正反対の発言をした。正副総裁は普通、連携をとって発言するため、何らかの思惑があるのかもしれないが、今回は市場を混乱させるばかりだと西原氏は指摘 (C)Bloomberg/Getty Images

もし変動幅を拡大させると、円高要因ですね。

そうなりますし、今日(3月15日)、銀行株が買われているのは、日銀の変動幅拡大を織り込んでいるのでしょう。

もうひとつ、今回報道されているのが「ETF(上場投資信託)購入目標撤廃」。


こうした見出しだと動揺しますが、ETFの買い入れをやめるわけではなく、柔軟に買っていこうということですから、こちらは大きな影響はなさそう。

今の株価であれば、無理に買う必要もないでしょうからね。

■中長期投資家参入の米ドル/円、ゲームチェンジが濃厚に

米ドル/円は先週、109円台へと上がってきました。

先週金曜日(3月12日)マクロ系やリアルマネー、アジアの年金など中長期のプレイヤーが108.50円あたりから買っていたようです。


それまでは、ヘッジファンドなど短期筋が買っていたのですが、主体が変わってきています


FOMCと日銀の金融政策発表という2大イベントを目前に控え、普通ならイベント通過を待って動く場面なのに、買ってきたということは、今週のイベントで円高になることがあっても、投げが出て売られるよりは、押し目として買われるイメージです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

ゲームチェンジが、いよいよ鮮明になってきた印象ですね。


3月18日(木)にはBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])、そして、トルコの金融政策も発表されます。


ブルームバーグのエコノミスト調査によると、トルコは1%の利上げに踏み切る見通し。


今週の戦略は、どう考えますか?

【参考記事】
トルコCPI上昇と世界的なインフレ期待でリラ下落。3月政策会合での利上げは必須!(3月10日、エミン・ユルマズ)
ゲームチェンジとなった米ドル/円を買い! 「羅針盤」が示す米ドルの先行きとは?(3月8日、西原宏一&大橋ひろこ)

引き続き、米ドル/円の押し目買いでいいのでしょう。


菅政権では、円高阻止の姿勢が鮮明になっており、中長期のプレイヤーも目線を変えてきました


ゲームチェンジとなった可能性が高まっています

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る