ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

FOMC、日銀会合後の為替はどうなる?
ユーロ/米ドルは戻り売りのレンジトレードで!

2021年03月23日(火)10:46公開 (2021年03月23日(火)10:46更新)
バカラ村

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■FOMCでは2023年末までのゼロ金利維持が示唆された

 先週(3月15日~)は、FOMC(米連邦公開市場委員会)と日銀の金融政策決定会合がありました。

 FOMCは、「早期のテーパリング(※)観測や、ドットチャートで2023年に1回の利上げを示唆するのではないか」といった市場参加者の予想もあったため、注目されるイベントとなっていました。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

 結果は、政策金利は現状維持。

 2021年のGDP成長率見通しは6.5%へ大きく上方修正。

 失業率は4.5%へ低下、インフレ見通しは2.2%となりました。

 これはバイデン米大統領の1.9兆ドルの経済対策や、新型コロナウイルスがワクチンによって沈静化していることで、経済の回復を見通した内容になります。

【参考記事】
バイデン大統領の1.9兆ドル経済対策成立。米国株の調整局面は豪ドル/円の買い場か(3月16日、バカラ村)

 ドットチャートに関しては、2023年に1回の利上げがあるとの事前予想もありましたが、実際はゼロ金利を維持することが示唆されました。

2021年3月FOMCで公表されたドットチャート
2021年3月公表のドットチャート

(出所:FRB

 結果、米国経済は回復するが低金利は継続するということになり、米国株は上昇、為替は米ドル安へ推移しました。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■米長期金利の上昇傾向続き、ドル/円は上がりやすい状況

SLR(補完的レバレッジ比率)(※)の緩和措置に関しては、市場は継続するとの予想が多かったように思いますが、3月19日(金)にはこの緩和措置が3月末で終了されることが発表され、米長期金利は1.74%台まで上昇しました。

(※編集部注:「SLR」とは、大手金融機関を対象にリーマンショック後に導入された自己資本規制の1つ)

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:TradingView

FRBは米長期金利の上昇に関して懸念しておらず、放置したような状態です。

 どの水準まで上がれば懸念を示してくるのか、そこが注目ですが、現在は静観していることもあり、米長期金利は上昇傾向が止まらず、その面からは米ドル/円も上がりやすい状況だといえます。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

■日銀会合では長期金利の変動幅を0.25%程度へ拡大

 日銀の金融政策決定会合では、長期金利の変動幅を±0.25%程度へ拡大、ETFの原則6兆円の購入目安を削除しました。

 変動幅が広がるということは、上限が拡大したということになるため、これは金融引き締めとも受け取れる内容になります。

 しかし、黒田総裁は「表現の明確化であり、拡大ではない」と発言し、金融緩和継続の姿勢を示していることもあり、今のところ円高には推移していない状況です。

日銀会合では、長期金利の変動幅を0.25%拡大。金融引き締めとも受け取れる内容だが、黒田総裁は金融緩和は継続と発言しているため、円高には推移していない (C)Bloomberg/Getty Images

日銀会合では、長期金利の変動幅を±0.25%拡大。金融引き締めとも受け取れる内容だが、黒田総裁は金融緩和継続の姿勢を示しているため、円高には推移していない (C)Bloomberg/Getty Images

■為替相場は全般的に横ばい傾向に

 今年(2021年)に入ってからは、トレンドが出ている通貨ペアが多かったですが、直近半月ほどは横ばいに変わってきています

 年初からの動きは一服し、今週(3月22日~)もこの調整の動きが続きそうです。

 米ドル/円は、108.35~109.35円のレンジ内で推移しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 上がれば、3月末に向けた実需の売りも出ているようですが、下がったところも買いがあるようです。

 オシレーター系指標では、まだ買われ過ぎを示唆しているものもあります。

 米長期金利が下がるような状況ではないため、米ドル/円も下げに変わるように思えず、今週(3月22日~)ももみ合いが継続するのではないかと思います。

今週(3月22日~)の米ドル/円は、108.00~109.50円のレンジでの推移になるのではないかと思います。

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■ユーロ/米ドルは戻り売りでのレンジトレードがよさそう

 ユーロ/米ドルも横ばいとなっており、1.1835~1.2000ドルのレンジが続いています。

 今週(3月22日~)もこのレンジが続きそうですが、米長期金利の上昇もあり、ユーロ/米ドルは戻り売りでのレンジトレードがいいのではないかと考えています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る