ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

少額1通貨単位から取引ができるSBIFXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」
バックナンバー

豪ドル/円の売り、またはユーロ/豪ドルの
買いがよさそう。IMMで積み上がっている
豪ドル売りは、リスクオフに備えた動きか?

2021年12月06日(月)12:47公開 [2021年12月06日(月)12:47更新]

【ザイFX!からの口座開設者限定】超お得!!なタイアップキャンペーンを一覧で公開!

「オミクロン株は民主党のでっち上げ」!?

市場の話題はオミクロン株。


11月30日(火)、モデルナCEOが「ワクチンの効果が弱い」と話したことが伝わると、株安、円高となりました。

【参考記事】
今の急激な円高局面は、円売りポジションを構築する好機か。FRB議長はタカ派へ転身、懸念すべきはオミクロン株よりインフレ(12月2日、西原宏一)

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 4時間足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

デルタ株は致死性の高さが問題でしたが、今のところ、オミクロン株は感染力こそ高いものの、致死性はそれほど高くないとされています。


「ただの風邪」という人もいるくらいですし、オミクロン株がデルタ株を駆逐することになれば、いよいよ「コロナの終わり」なのかもしれません。

オミクロン株は、バイデン米大統領にとって神風のような存在ともなりましたね。


再三、OPECプラス(※)に増産を要請したのに無視され、日本などの同盟国を巻き込んで原油備蓄を放出すれば、あざ笑うかのように原油は上昇。


ところが、オミクロン株で原油は一気に急落しました。


「オミクロン株は民主党のでっち上げ」との陰謀論すら出るほどのタイミングのよさです。

(※編集部注:「OPECプラス」とは、OPEC(石油輸出国機構)にOPEC非加盟の主要産油国を加えた枠組みのこと)

【参考記事】
米ドル/円、チャート的には深めの押しが入りそうな形。猛烈なリスクオフを招いた変異ウイルス、オミクロン株の続報待ちに(11月29日、西原宏一&大橋ひろこ)

WTI原油先物 4時間足
WTI原油先物 4時間足チャート

(出所:TradingView

タカ派姿勢を強めたパウエルFRB議長&イエレン米財務長官

先週(11月29日~)は後半から米金融政策へと焦点が移りました。


パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長はテーパリングの加速に前向きな姿勢を示し、イエレン米財務長官も、これまで繰り返していた「インフレはTransitory(一時的)」という表現を撤回。


タカ派的な姿勢が一気に強まっています。

タカ派的な姿勢を強めたにもかかわらず、米長期金利(米10年債利回り)は1.34%まで急低下。


「よく米ドル/円が112円台にいられるな」と感じるほどの低下です。

米長期金利(米10年債利回り) 4時間足
米長期金利(米10年債利回り) 4時間足チャート

(出所:TradingView

米短期金利はそこまで下がらず、米長期金利が先行して低下しているということは、景気の先行き懸念が強いのでしょうか。

それもあるかもしれませんね。


一方で、米長期金利がこれだけ下がると、オミクロン株さえ落ち着けば、株の下支え要因になるのでは…とも思えます。

超大手テック企業CEOがこぞって自社株売り!

ところが、株式市場から資金が抜けていると思わせる動きもあります。


それがテック系CEOなどによる「自社株売り」


マイクロソフトCEOは持ち株の半数を売却し、テスラのイーロン・マスクも持ち株の10%売却へと動いており、すでに半分を処分済み。


アマゾンのジェフ・ベゾスや、メタ(前フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグもそれぞれ大量の自社株を売却しています。

来年(2022年)以降の株式市場に、何かしらリスクオフの兆候を感じているのでしょうね。


原油だけでなく、鉄鉱石や、需要が増える冬に向けて強含むとされていた天然ガスも急落。


さらに土曜日(12月4日)には、ビットコイン/円まで500万円割れと急落しました。

NY天然ガス 日足
NY天然ガス 日足チャート

(出所:TradingView

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足チャート

(出所:TradingView

VIX指数も先週、30ポイントを超えてきました。


やはり、FRBのタカ派シフトが効いているのかもしれませんね。


12月15日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、テーパリングを加速させるのはほぼ確実となってきましたし、来年(2022年)3月にテーパリングを完了させるとの観測も出ています。


そうなれば、11月のテーパリング開始から完了までわずか5か月


前回が9か月かかったことを思えば、相当なスピードです。

VIX指数 日足
VIX指数 日足チャート

(出所:TradingView

来年(2022年)の予想が出つつありますが、昨年(2020年)、今年(2021年)株式市場は調子がよかっただけに、来年を危ぶむ声も少なくないですね。

RBAが作った2つの転機

今週(12月6日~)は、12月7日(火)にRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])、12月8日(水)にはBOC(カナダ銀行[カナダの中央銀行])の金融政策発表がありますが、FOMCを来週に控えているため動きづらそう。


12月10日(金)には米CPI(消費者物価指数)も発表されます。


前回、30年ぶりの高水準となった直後なので注目度は高いですね。

今週はオセアニア通貨、特に豪ドル売りでしょうか。


繰り返しになりますが、昨年3月19日(木)にRBAが利下げとYCC(イールドカーブ・コントロール)を発表してから、リスクオンとなりクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が上昇しました。


ところが、上昇トレンドは今年の11月2日(火)にRBAがYCCを撤回したことで、反転下落しています。


コモディティの下落を見ても、今の流れはまだ続くのでしょう。

【参考記事】
豪ドルで始まり、豪ドルで終わる為替相場。豪ドルの反落でリスク資産が軟調に転じる可能性、今後の豪ドルの動きには警戒!(11月11日、西原宏一)

IMMポジションが豪ドル売りに傾く理由

オセアニア通貨は先週もよく売られました。


IMM(国際通貨先物市場)ポジションでは豪ドル売りが積み上がっていますね。

豪ドルを売りたいというより、リスクオフに備えたポジションなのかもしれません。


IMMに参加しているのはプロ。下手なプレイヤーではありませんし、彼らなりにリスクオフを警戒する理由があるのでしょう。

IMMポジション(豪ドル/米ドル)
IMMポジション(豪ドル/米ドル)

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

豪ドルを売るなら、通貨ペアは何がいいですか?

対スイスフランでもいいかと思いますが、SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])の介入の話題が先週も出ています。


そのため、豪ドル/円か、ユーロ/豪ドルでの豪ドル売りがいいのではないでしょうか。

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

ユーロ/豪ドル 日足
ユーロ/豪ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

西原宏一 トレード戦略指令!

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」では、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、メルマガや購読者限定ウェブサイトにてご覧いただけます。 

 また「トレード戦略指令!」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

 そして、有料メルマガ会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を会員限定ページで公開中!

 「FX・投資作戦会議」は、メルマガ「トレード戦略指令!」を登録後、10日間の無料体験期間後からログインできる会員限定ウェブページで公開しています。ぜひ、メルマガ登録してご視聴ください。

 まだメルマガ登録していないという人は、「FX・投資作戦会議」で西原さんが注目したトピックを取り上げる「にっしートピック」を一部無料公開していますので、こちらもご参考にしてください。

西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

このコーナーでは元為替ディーラーの西原宏一さんとフリーアナウンサーで、コモディティ(商品)に詳しい大橋ひろこさんが、FXとコモディティについて、その週の作戦会議を開いている模様をお届けします。

西原宏一 (にしはら・こういち)
青山学院大学卒業後、1985年にシティバンク東京支店へ入行。為替部門チーフトレーダーなどとして活躍後、海外へ。ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。現在はCKキャピタル代表取締役・CEO。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。著書に『30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX』(扶桑社)がある。

執筆者のサイト
「FX TREND 西原宏一オフィシャルサイト」
「ザイFX!×西原宏一 FXトレード戦略指令!」を配信中!(10日間無料)

大橋ひろこ (おおはし・ひろこ)
フリーアナウンサー/ナレーター。ラジオNIKKEI「北野誠のFXやったるで!」、「マーケット・トレンド」など、FX・コモディティ(商品)を中心としたマーケット関連の番組に出演。さまざまなマーケット関連のセミナーで司会・モデレーターも務める。自身もFX、コモディティ、株式と幅広く投資しており、トレーダーとしての一面も持つが、特にコモディティに造詣が深い。ブログ「ひろこの“ボラタイル”な日々」、「大橋ひろこのコモログ」では自身のトレード記録の詳細を赤裸々に公開中。

執筆者のサイト
大橋ひろこ(@hirokoFR)

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2815人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 107990人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ