ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

「美人も3日見れば飽きる」
ギリシャ問題にも投資家はもう飽きた!?

2010年03月11日(木)13:06公開 (2010年03月11日(木)13:06更新)
今井雅人

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 先週までは、ユーロに対して弱気の姿勢、豪ドルに対して強気の見方を示してきましたが、今週から少し見方を修正しています。

 ギリシャの問題で昨年の12月頃から下落基調が続いてきたユーロですが、ここ2週間ほどを見ると、まったく下がらなくなってきました

 ユーロ/米ドル、ユーロ/円のどちらを見ても、その傾向がはっきりと見て取れます。
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 日足

■ユーロが下がらなくなってきた2つの理由

 では、何が変わったか?

 2つ原因が考えられます。まず1点目は人の感覚によるものです。

 タイトルにも書きましたが「美人も3日見れば飽きる」、つまり、人というのは飽きっぽい生き物だということです。

 ここまでギリシャの財政赤字の問題でユーロは売られ続けてきました。その間、ギリシャは財政再建計画を何度となく発表し、かつEUからの支援を受けることにもなっています。

 しかし、それでもドイツ国債とギリシャ国債の利回りのスプレッド(※)は縮まっていません。つまり、この問題はまだ解決はしていないということです。

 それでも、同じテーマを見続けて、投資家はこの問題に飽きてしまっている、あるいは慣れてしまっています。だから、このネタで売り続けるのにやや疲れているように見えるのです。

(※編集部注:「スプレッド」とは差のこと。ギリシャが危ないと思われればギリシャ国債は売られ、利回りは上昇。相対的に安全と見なされるドイツ国債の利回りとの差(スプレッド)も大きくなる。逆にギリシャ問題が解決方向へ向かっていると見なされれば、ギリシャ国債は買われ、ドイツ国債の利回りとの差は縮小すると考えられる)

■ユーロは売りポジションがたまっている

 もう1点はポジションです。IMMのポジション状況などを見ると、やはりここのところ、ユーロのショートポジション(売りポジション)がかなりたまってきました。
(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

 それまでの売りの材料に飽き、かつそれを材料に売ってきた人のポジションがたまっているとすれば、これから少し調整の反発が起きてもおかしくないと考えたいと思います。

 ただ、本質的な問題は解決していないので、またどこかで下がり始める可能性は高いと思います。

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る