ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

ユーロ/米ドルは、1.1000ドルをレジスタンス
と考えた売りトレードで。ユーロ/豪ドルは、
1.36豪ドルが長期的な下値メドか

2022年03月08日(火)08:19公開 (2022年03月08日(火)08:19更新)
バカラ村

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

ウクライナ危機でユーロ安が継続。円や米ドルよりも、それ以上に豪ドルが強い

 為替市場はウクライナ危機で、ユーロ安が続いています。

ユーロVS世界の通貨 日足
ユーロVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロVS世界の通貨 日足

 リスク回避であれば、通常強くなる通貨は円や米ドルになりますが、それ以上に強いのが豪ドルになります。

ユーロ/豪ドル 日足
ユーロ/豪ドル 日足

(出所:TradingView

 豪ドルが強い理由としては、資源価格が上昇していることで資源国通貨が買われていることや、地理的にウクライナから離れているため影響が小さいこと、IMM(国際通貨先物市場)ポジションで昨年(2021年)から豪ドル売りが多かったこと、チャートポイントを抜けたことでテクニカル的なポジションが出たことなどが挙げられます。

IMMポジション(豪ドル/米ドル)
IMMポジション(豪ドル/米ドル)

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! ※最初の10日間は無料解約可能です

バカラ村FXトレード日報

ウクライナ危機でECBの年内利上げの可能性はなくなる。金融政策で難しいかじ取りを迫られそう

 今週(3月7日~)ウクライナ情勢以外で注目するイベントとしては、10日(木)のECB(欧州中央銀行)理事会と、米国のCPI(消費者物価指数)の発表になります。

 米国のCPIに関しては、パウエル議長が議会証言で0.25%の利上げを示唆したこともあり、注目度は低くなっています。

 強い数字が出たとしても、0.50%の利上げになるのは次回以降のFOMC(米連邦公開市場委員会)となりそうです。

 ECB理事会では、前回の理事会で年内の利上げの可能性も出ていましたが、ウクライナ情勢により、その可能性はなくなっています。

 ユーロ圏にもインフレ懸念がありますが、資源価格が上昇しているため、インフレが加速する可能性があります。

 さらにウクライナ情勢によりユーロ安となっているため、通貨安によるインフレも重なります。

 FRB(米連邦準備制度理事会)と比べると、ECBの方が金融政策が難しくなる、ということがいえます。

写真はECBのラガルド総裁。ウクライナ危機もあり、金融政策で難しい舵取りを迫られそう (C)Visual China Group/Getty Images

写真はECBのラガルド総裁。ウクライナ危機もあり、金融政策で難しい舵取りを迫られそう (C)Visual China Group/Getty Images

 米国もインフレが進んでいますが、経済指標が良いこともあり、利上げで対応できますが、ユーロ圏に関してはウクライナ危機で景気が悪くなる可能性があり、さらに通貨安(ユーロ安)にもなっており、金融政策のかじ取りが難しくなってくると思います。

ラガルド総裁の会見でユーロ安の懸念が出るか。ただ、ユーロは反発しても売り方向で良さそう

 今週(3月7日~)のECB理事会で、すぐに金融政策の方向性が決まることはないと思いますが、ラガルド総裁の会見ではインフレにもつながるユーロ安に対して、懸念する発言が出る可能性があると思います。

 そのときはユーロは反発することになると思いますが、今後の金融政策が難しくなることを考えると、ユーロは売り方向でいいのではないかと思います。

ユーロVS世界の通貨 日足
ユーロVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロVS世界の通貨 日足

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

ウクライナ危機で、一番動いているのがユーロ/豪ドル。超長期的な安値1.36豪ドルが下値メドに

 買い方向の通貨に関しては、米ドル買いで考えていますが、円やスイスフランなども強くなりやすいように思います。

 ウクライナ危機により、為替市場はユーロ/豪ドルが一番動いており、2018年からサポートされ続けていた1.52豪ドルを明確に下抜けてきました。

 チャートからは、超長期的な次の主要な安値は1.36豪ドルとなり、ここを下値メドとして売られる可能性があります。

ユーロ/豪ドル 月足
ユーロ/豪ドル 月足

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルは1.1000ドルも下抜け、1.0806ドルまで下がりました。

 今は1.0800ドルの節目で止まっていますが、ECBとFRBの金融政策の違いもあり売り方向で考えたいと思います。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルは1.1000ドルがレジスタンスになると考えて、売りでのトレードがいいのではないかと思います。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング
CFD口座おすすめ比較 キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る