ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

豪ドル/米ドルの押し目買い継続。原油が
130ドルへ暴騰し、豪ドルはまだ強い!
米国は、毎会合利上げの雰囲気が後退

2022年03月07日(月)15:25公開 (2022年03月07日(月)15:25更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

週明けのWTI原油、130ドルへ暴騰!

今朝(3月7日朝)、WTI原油が上に大きな窓を開けて、一時130ドルまで急騰しました。

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足チャート

(出所:TradingView

経済制裁強化のひとつとして、欧米がロシア産原油の禁輸を検討との報道がきっかけですね。


米国では「ロシアの原油を買っている場合か」と、バイデン米大統領への批判も高まっていましたし、当然といえば当然の措置ですが。

当然予想されたことですが、ショート筋が踏み上げられているようです。


来週(3月14日~)が先物・オプションのSQ(※)ですから、そこでいったん波乱は終わるのかもしれませんね。

(※編集部注:「SQ」とは先物・オプションといった取引の最終決済を行うための価格のこと)

3月10日ECB理事会、ラガルド総裁の再転換と為替介入

全体的にボラティリティが高まっていますね。


今日(3月7日)の日経平均前場は819円安。2万5000円割れ寸前まで下げる場面もありました。


為替市場では、ユーロ/豪ドルが2月から1300pips以上の下落です。

日経平均 日足
日経平均 日足チャート

(出所:TradingView

ユーロ/豪ドル 日足
ユーロ/豪ドル 日足チャート

(出所:TradingView

行き過ぎにも見えますが、まだ下がるのでしょうか?

ユーロ/米ドル次第でしょうか


ユーロ/米ドルは2000年から引いた超長期のサポートラインを下抜けています。


コロナショックではヒゲとなって跳ね返されたのですが、今回はどうなるのか。

ユーロ/米ドル 月足(2000年~2022年)
ユーロ/米ドル 月足チャート(2000年~2022年)

(出所:TradingView

このラインを見ると下げそうに見えますね。


3月10日(木)には、ECB(欧州中央銀行)理事会があります。


2月の会合ではタカ派への転換を強くにおわせて、ユーロは急騰しました。

この危機的状況では、さすがにタカ派ではいられない。タカ派的なスタンスは引っ込めるでしょう。


とはいえ、ユーロ圏でもインフレが高まっていますから、どこまでユーロ安を許容できるのか。


一部では、ユーロ買い介入の可能性がささやかれています。


ユーロ/米ドルがパリティを割っているならともかく、まだ介入するような状況ではないと思いますが。

口先介入程度ならあるのかもしれませんし、それもないようだと、ユーロはもっと下がるのかもしれませんね。


ラガルド総裁の記者会見に注目が集まりそうです。

資源国通貨は買い、欧州通貨は資源があっても売り

為替市場の状況を整理すると、ロシア侵攻前日から今日までの強弱を見ると、強い順に豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、そして円。


弱い順にスウェーデンクローナ、デンマーククローネ、ユーロ、英ポンド、ノルウェークローネ、スイスフラン。


買われているのは資源国通貨です。スウェーデンやデンマークも資源国ですが、欧州通貨は総売りとなっています。

西原さんが以前から話していた「北半球から南半球へ」という資金シフトですね。


「近くの戦争は売り、遠くの戦争は買い」との相場格言がありますが、その通貨版でしょうか。

【参考記事】
豪ドルを筆頭に、上昇基調へと回帰した資源国通貨に注目! 米国の大幅な利上げ予想は後退、インフレでも低金利は継続?(3月3日、西原宏一)
豪ドル/米ドルや豪ドル/円の押し目買いで! ウクライナ情勢で核の恐怖が現実的なものとなり、資金は「北半球から南半球」へ(2月28日、西原宏一&大橋ひろこ)

今朝も資源価格が上がっていますし、豪ドルはまだ強いのでしょう。


一方で、気になるのが米ドル


3月16日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)では一時、0.5%利上げの可能性も高まっていましたが、その線はほぼ消滅。0.25%の利上げにとどまるでしょう。

異次元緩和脱出!? 静かに近づく日銀の「出口」

3月10日(木)に発表される米CPI(消費者物価指数)がよほど跳ねないかぎり、0.25%でしょうね。


日本ではリフレ派の審議委員が任期を迎え、後任に高田創さんが就任するようです。


高田さんには『異次元緩和脱出 出口戦略のシミュレーション』との著書があるほど、強烈な出口論者


今のテーマはウクライナ一色ですが、いずれ日本の利上げが焦点となる場面もありそうです。

それにしても、米ドル/円は動きませんね。


米長期金利(米10年債利回り)が1.69%まで低下し、日経平均が2万5000円まで下げても、反応はごくわずかです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

本来なら日本株が資金の逃避先となってもおかしくないのですが、そんな気配はみじんもありません。


一方で、買われているのがゴールド


本来なら「有事の金」は、いざ有事が始まるとセル・ザ・ファクトで売られるのですが、今回は核戦争の不安すらあって終わりが見えないせいか、まだ買われています。

NY金先物 日足
NY金先物 日足チャート

(出所:TradingView

円もスイスフランも買われず、ビットコインもリスクアセットとなっている今、セーフヘイブンがゴールドくらいですね。

「ロシア金本位制回帰」の誤解

ロシアでは、地金への付加価値税20%を撤廃するとの発表がありました。


SNSでは「金本位制への回帰」と解釈する人もいますが、それは誤解


ロシアルーブルが急落していますから、金の流動性を高めよう、ということでしょう。


ロシアは世界第3位の金生産国なので、海外へ売れなくなった分を、自国民に買わせたいとの思惑もあるのかもしれません。

いずれにせよ、豪ドルやニュージーランドドルなどの資源国通貨が買われる流れは続くのでしょうし、米国は毎会合利上げしていくような雰囲気ではなくなっています。


ユーロの行方にも注意しつつ、豪ドル/米ドルの押し目買い継続でいいでしょう。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る