ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

ユーロ/円の戻り売りが短期的に良さそう。
ユーロ/米ドルの反発は1.00ドルを割れて
から!? 米ドル/円は、127円台なら買い

2022年05月16日(月)15:35公開 (2022年05月16日(月)15:35更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

米国株、暗号資産市場が急落

先週(5月9日~)米国株市場は大幅に下落しました。


きっかけは暗号資産(仮想通貨)市場でしょうか。


米ドルに連動するステーブルコインのUSTが崩壊。


ビットコインも、1年4か月ぶりの安値となる2万5000ドル台まで下落しました。

ビットコイン/米ドル(BTC/USD) 週足
ビットコイン/米ドル(BTC/USD) 週足チャート

(出所:TradingView

5月10日(火)に発表された米大手取引所コインベースの決算も、5億ドルの大幅な赤字に転落。


リテールの取引高が半減しており、個人投資家の暗号資産離れが鮮明となっています。

もともとの地合いが悪いところへ、ステーブルコインがステーブル(安定)しなかったことで、大きな下落となりましたね。


ナスダック総合指数も、コロナショック時の安値と昨年(2021年)11月の史上最高値で引いたフィボナッチ・リトレースメントの50%ラインまで下落しました。


ITバブル崩壊時のチャートを見ると、50%押しで大きなリバウンド相場が来ています。


大きな流れは株安が続くとしても、短期的にはリバウンドしやすいところまで落ちていますね。

同感です。


週足は長い下ヒゲとなり、チャートだけで判断すれば、買いやすい形となっています。

ナスダック総合指数 週足
ナスダック総合指数 週足チャート

(出所:TradingView

株安=豪ドル/円下落は市場限定?

先週の株安が進んだ場面では円高も進み、米ドル/円も127円台半ばまで調整しました。

米長期金利(米10年債利回り)が3%を超えたことで、米国株も下落しましたが、米国株が急落すると、債券へ逃避する資金が出てきて、米長期金利が低下する。


そのため、米長期金利と相関性の高い米ドル/円も下落するという流れでしょうか。


米長期金利がこのまま2.5%といった水準まで低下するとは思いませんし、目先の目安は2.8%割れ程度でしょう。


落ち切らなければ、米ドル/円を買っていいと思います。

米ドル/円&米長期金利(米10年債利回り) 4時間足
米ドル/円&米長期金利(米10年債利回り) 4時間足チャート

(出所:TradingView

先週はクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の下落も強烈でした。


5月12日(木)に豪ドル/円は90円から87.30円まで急落しています。


クロス円に引っ張られて、米ドル/円が低下したという面もありませんか?

豪ドル/円 4時間足
豪ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

あると思います。


ただ、リスクオフで豪ドル/円が売られるのは「東京市場からロンドン市場前半にかけて」という市場限定でしょうか。


先週、米ドル/円が127円台につっこんだ場面でも円高というよりは米ドル高でした。


パニック・セリング的に株が売られることで、豪ドル/円が売られるのは東京市場とアーリー・ロンドン(ロンドン市場前半)が中心だと思います。

5月20日発表の日本のインフレ率は2%の予想。日本の金融政策に注目が集まりそう

今週、5月20日(金)8時30分に日本の全国CPI(消費者物価指数)が発表されます。


日銀がターゲットとする2%(前年同月比)に達する予想で、注目が集まりそうですね。

米ドル/円は129.50円のレジスタンスが重いよね、といった雰囲気のなかで、2%を超える数字が出てくると効いてくる可能性はありますね。

今日、5月16日(月)の午前中には、次期日銀総裁として名前が挙がっている中曽(前日銀副総裁)さんが金融政策の正常化をほのめかして、円高となる場面がありました。


中曽発言でこれだけ動くということは、日本の金融政策への注目度が高まっているようですね。

米ドル/円 5分足
米ドル/円 5分足チャート

(出所:TradingView

週末には豪州で総選挙も控えています。


世論調査では与党が劣勢。政権交代の可能性も高まっています。


また、注目しているのが軍事的中立の立場だったフィンランドのNATO加盟申請。


ロシアのウクライナ侵攻はNATO(北大西洋条約機構)加盟がきっかけでした。


「次はフィンランドか」との思惑も出てくるかもしれません。


為替市場から見れば、ユーロにとっていい材料ではありません

ユーロ/円の戻り売りか、127円台の米ドル/円を買い

今週の戦略はどう考えますか?

ECB(欧州中央銀行)やRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])が利上げへと向かっても、米国の利上げの前では影響が薄れてしまう。


ユーロ/米ドルが反発するのは、パリティの1.00ドルを割ってからではとの予想も出ており、短期的にはユーロ/円の戻り売りがよさそうです。


あるいは、127円台までつっこむ場面があれば、米ドル/円を買ってもいいでしょう。

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る