ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

ユーロ/米ドルの押し目買いで、利上げに
向けて一段高を期待。米ドル/円の日足は
ヘッド&ショルダー形成、戻り売りか

2022年05月24日(火)11:47公開 (2022年05月24日(火)11:47更新)
西原宏一&大橋ひろこ

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

S&P500、99年ぶりの8週連続下落

米国株の下落が止まりませんね。

S&P500は8週連続の下落。99年ぶりのことだそうです。

S&P500 週足
S&P500 週足チャート

(出所:TradingView

米国株市場は1月から3月にかけて乱高下しましたが、4月以降は一方的に落ちるだけ。


ナスダック総合指数も7週続落です。


株価の下落に対し、為替市場は当初「リスクオフの米ドル買い」で反応しましたが、先週(5月16日~)は米ドル全面安です。

ナスダック総合指数 週足
ナスダック総合指数 週足チャート

(出所:TradingView

米ドル売りとなったのは、米金利低下の影響でしょうか?

そうでしょう。


利上げの影響で下げていた米国株ですが、先週のコラムでも指摘したように、米国株が急落すると債券の逃避買いが出てくるため、米金利は下がる


そのため、米ドルも全体的に下がっています。

【参考記事】
ユーロ/円の戻り売りが短期的に良さそう。ユーロ/米ドルの反発は1.00ドルを割れてから!? 米ドル/円は、127円台なら買い(5月16日、西原宏一&大橋ひろこ)

ドルインデックス 4時間足
ドルインデックス 4時間足チャート

(出所:TradingView

米国人の貯蓄率は33%から6%へ急降下

景気後退懸念の高まりを債券市場が織りこみ始めて、それが米ドル/円にも影響しているのではないか、という印象もあります。

米長期金利(米10年債利回り)は3.2%を超えられず、もう2.8%まで下げてきましたね。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足チャート

(出所:TradingView

米金利は意外と上がらないのではとの見方も出ていますね。


米国株市場では個人の信用買いがまだ高水準のままですから、手仕舞いの動きで一段安となれば、米金利は上がりにくい。


個人の貯蓄率も、2020年4月のピーク時に33%だったのが6%台まで低下しました。


購買力が低下し、インフレがピークを越えた可能性もあります。


米金利の上昇がここまでとなれば、米ドル/円の上値も重たいということになります。

短期的にはそうかもしれませんね。


その先は、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長次第となります。


景気後退への懸念に配慮して利上げペースを鈍化させるか、あるいはインフレ退治を最優先させ、株価急落や景気後退を気にせず利上げを続けるのか――。

ユーロ、7月利上げへ上昇相場の開始も

一方、欧州ではラガルドECB(欧州中央銀行)総裁が7月利上げを示唆したことでユーロが買われました。

ユーロVS世界の通貨 1時間足
ユーロVS世界の通貨 1時間足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロVS世界の通貨 1時間足

ECBは2月にもタカ派転換して買われる場面がありましたが、ウクライナ侵攻でかき消されてしまいました。


本来、もっと高い水準にあるべきユーロが、ウクライナの一件で抑え込まれている印象です。


その反動もあって、いったん買われ始めると大きく上昇する可能性があります。

短期金利の動きを見ても、すでに利上げへと動いた米国やニュージーランドなどが下がっている一方、これから利上げへ動く欧州は上昇しています。


ドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペア)での欧州通貨買いはおもしろいかもしれませんね。

ウクライナという重しが取れると、ユーロの巻き返しがありそうですね。

日本では4月の消費者物価指数(CPI)が2%を超えてきました。


予想されていたことなので市場は反応していませんが、今後3か月、4か月と連続して2%を超えるようだと、日銀の動きにも注目が集まりそうです。


ただ見るべきは「コアコア(食料およびエネルギーを除いたCPI)」。4月は0.8%ですから、とてもインフレとはいえません。


5月以降、コアコアが上がってくるのかどうかにも注目です。

ユーロ/米ドルの押し目買いで、利上げに向けて一段高を期待

週末には豪州で総選挙が行われ、労働党が政権を獲得しましたが、為替市場の反応は限定的です。


大胆な政策転換があるわけでもないですし、メルボルンの友人に聞いても、中国に対する反感は根強く、豪政府の対中強硬姿勢にも変化はないようです。

5月22日(日)、バイデン米大統領が来日しましたが、こちらも為替に影響するようなことはなさそうですね。


米ドル/円の日足はヘッド&ショルダーとなっており、127円をクリアに割り込んでくると122円台が視野に入る形


戻り売りでしょうか?

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円については125円台を下値メドとする声も多く、細かく値幅を抜いていくならいいですが、大きく狙えるかどうかはまだ判断がつきません


今週(5月23日~)はユーロ/米ドルの押し目買いがいいのでは


ユーロ/米ドルの月足を見ると1.0350ドルでダブルボトムを形成しつつあります。


ユーロ/豪ドルなどのユーロクロスが重いこともあり、本格上昇はまだ先かもしれませんが、利上げに向けて一段高を期待したいと思います。

ユーロ/米ドル 月足
ユーロ/米ドル 月足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る