ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

ユーロ/米ドルを押し目買い! 1.0590~1.0600
ドルに大きなオプションがあり、下値は固い。
米ドル/円は戻り売りの回転がよさそう

2022年05月30日(月)15:12公開 (2022年05月30日(月)15:12更新)
西原宏一&大橋ひろこ

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

米株は本当に底入れしたのか

8週連続で陰線だったNYダウは先週(5月23日~)、陽線が立ちました


底入れしたと見る強気派も出てきましたね。

【参考記事】
ユーロ/米ドルの押し目買いで、利上げに向けて一段高を期待。米ドル/円の日足はヘッド&ショルダー形成、戻り売りか(5月24日、西原宏一&大橋ひろこ)

NYダウ 週足
NYダウ 週足チャート

(出所:TradingView

7週連続陰線だったナスダック総合指数も陽線に。


先々週(5月16日~)にはコロナ安値と高値で結んだフィボナッチ・リトレースメントの50%を割り込んでいましたが、回復しています。


チャート的には買っていい水準ではありますが、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げはまだ始まったばかり


ここで買えるかというと難しい

【参考記事】
ユーロ/円の戻り売りが短期的に良さそう。ユーロ/米ドルの反発は1.00ドルを割れてから!? 米ドル/円は、127円台なら買い(5月16日、西原宏一&大橋ひろこ)

ナスダック総合指数 週足
ナスダック総合指数 週足チャート

(出所:TradingView

米経済指標は景気失速の兆候を示しています。


先週発表された4月新築住宅販売件数は予想を大きく下回り、5月リッチモンド連銀製造業指数も予想外のマイナスに。


こうした指標の悪化から、FRBが金融引締めの手綱を緩めるのではないかと見るトレーダーも増えてきたようです。

6、7月の0.5%利上げは揺るがない

6月15日(水)、7月27日(水)の0.5%利上げはほぼ確実でしょうが、米株のリバウンドが10%、20%と、思ったよりも大きくなるリスクはたしかにある。


とはいっても、FRBは5月からの3会合で計1.5%も利上げする異例の事態ですから、何が起こるかわかりません。


6月にまた急落する事態も十分考えられます。

6月1日(水)からはQT(量的引き締め)も始まります。


予告されたことですから織り込み済みでしょうが、実際に始まったことで市場がどう反応するか。


QTの規模は当初300億ドルですが、9月からは600億ドルへと倍増されます。


長い話になりますが、6、7月はもみ合いのなかで緩やかに上昇し、8月下旬のジャクソンホール会合あたりから崩れ始めて、9月のQT倍増で崩れる――そんなイメージも描けます。

あり得るシナリオでしょうね。


あるいは、米株が底をつけたのは5月20日(金)。


そこから2、3週間ほど調整して、6月15日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)から下落再開といった、より早く下落が再開するケースも想定できます。

じり高の原油、さらなる上昇は

どちらにせよ、中途半端なところで米株を買うと、踏まれるリスクがありますね。


さて、スケジュールを見ていくと、今日、5月30日(月)は米国がメモリアルデーで休場です。


メモリアルデーの翌日から「ドライブシーズン」入りとなり、ガソリンの需要が高まる季節が始まります。


6月2日(木)はOPECプラス(※)会合ですが、今までどおり日量43万バレルの小幅な増産を粛々と続けていくのでしょう。

(※編集部注:「OPECプラス」とは、OPEC(石油輸出国機構)にOPEC非加盟の主要産油国を加えた枠組みのこと)

WTI原油は116ドル前後。じり高ですね。

上海ロックダウンも緩和に向かうとの報道もある中、同時に中国は景気テコ入れ策を打ち出しています。


中国での需要増が期待される中、EU(欧州連合)がハンガリーの反対を押し切ってロシア産原油の禁輸を決定、そこに米ドル安が加わると、原油にかぎらずコモディティ市場全般、強含むかもしれません。


リスクオンっぽい雰囲気となり、さらに株価が上がるという、今週(5月30日~)はそんなフェーズかもしれないですね。

昨年末(2021年末)時点で「2022年の注目トレード」のひとつが、原油高を背景にした米ドル/カナダドルでした。ターゲットは1.20カナダドルです。


ところが、原油は予想どおりに上がっているものの、米ドル/カナダドルはレンジ。米ドル高となったためです。

【参考記事】
【2022年の見通し】2022年も豪ドルに注目! 鉄鉱石の反発は、中国経済復活の兆しか? 豪ドルは主要通貨に対し、大きく上昇しそう(2021年12月23日、西原宏一)

米ドル/カナダドル 週足
米ドル/カナダドル 週足チャート

(出所:TradingView

ドルインデックスを見ると、2017年高値103.82ポイントの上抜けにいったん失敗した形に。


米国株のリバウンドとともに米ドル安が進み、原油も一段高となれば、米ドル/カナダドルにも下落圧力が高まりそうですね。

ドルインデックス 月足
ドルインデックス 月足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円は、長期的には上を見ていますが、今週はまだまだ難しい


下がれば買いは出てくるものの、上がったところを売って、下で買い戻してと回転させたほうがよさそうです。

ユーロ/米ドル、巨額オプションが下値支える

明日(5月31日)は月末、そして6月3日(金)には米雇用統計も発表されます。


米株強気派が、インフレが沈静化すると考える根拠のひとつが、賃金の上げ止まり。


雇用統計で平均賃金が弱含んでいるようだと、米株強気派の勢いが強まって、米株がポンと上がって米ドル安となるかもしれません。


西原さん、今週の通貨ペアはどう考えますか?

ユーロ/米ドルの押し目買いですね。


5月31日(火)まで1.0590ドルから1.0600ドルの間に約80億ユーロと大きなオプションがあり、下値は固いでしょう。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る