ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は138円台まで上昇したが、この
程度では止まらない! FRBに利上げ以外の
選択の余地はなく、米ドル高の傾向は続く!

2022年07月14日(木)16:07公開 (2022年07月14日(木)16:07更新)
今井雅人

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

米国の6月CPIは衝撃の前年同月比9.1%の増加! FRB関係者にとって非常に悩ましい状態に

 7月13日(水)に発表された米国の6月の消費者物価指数(CPI)は衝撃の結果でした。前年同月比9.1%の増加となりました。

 1981年11月に9.6%の増加というのがありましたが、それ以来約40年半ぶりの高い水準となっています。また、市場予想が8.8%の増加ですので、予想と比べても上振れしています。

 ご存じのとおり、FRB(米連邦準備制度理事会)は今年(2022年)に入ってからインフレ抑制のために利上げを継続的に実施しています。6月にいたっては一気に0.75%引き上げました。

 一方、足元では、原油価格は低下傾向にあります。それにもかかわらず、インフレは加速している状況が明らかになり、FRBの関係者にとっては非常に悩ましい状態に陥っています。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

ザイFX!FXプレミアム配信with今井雅人

金融市場は7月のFOMCで1%利上げする確率を7割程度一気に織り込んだ

 こうした結果を受けて、金融市場も敏感に反応しています。

 CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場しているもFFレート(※)の先物の価格を見ると、7月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で1%利上げする確率を7割程度一気に織り込みました。ちなみに、今月のFOMCは7月25日(月)~26日(火)に予定されています。

(※編集部注:「FFレート」とは、フェデラルファンド金利のことで、FF金利とも呼ばれる。米国の政策金利)

 また、昨日(7月13日)カナダ中銀が政策金利を1.5%から2.5%に一気に1%引き上げましたので、FRBも1%引き上げるのではないかという観測も現実性を帯びてきているということです。

「景気が後退するリスクより、インフレが長期化するリスクの方がよほど問題である」

 1つだけ言えることは、ともかくこれだけインフレが加速してしまっている以上、FRBはこれまで以上に金融引き締めをせざるを得ないということです。

 現在、急速な利上げによって、米国経済が景気後退に陥るのではないかという声が大きくなってきています。

 たしかに、昨日の米CPIの結果があっても、米10年債利回りは上がりません。一方、2年債、3年債のような比較的短い期間の米金利は上昇し、いわゆる逆イールドの状態がさらに進んでいます。

米2年・米3年・米10年債利回り 日足
米2年・米3年・米10年債利回り 日足チャート

(出所:TradingView

逆イールドは、一般的には将来的な景気後退を暗示すると言われています。しかし、そういうリスクがあることは分かっていても、FRBに選択の余地はありません。

 事実、パウエルFRB議長は「景気が後退するリスクより、インフレが長期化するリスクの方がよほど問題である」という趣旨の発言をしています。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

ザイFX!FXプレミアム配信with今井雅人

米ドル全面高の展開は今後も続く。米ドルロングで勝負を続けることがベスト

 これから、年末にかけては、FRBが利上げペースを加速することはほぼ間違いありません。

 それに合わせる形で、米ドル全面高の展開は今後も続くでしょう。

米ドル/円はすでに138円台にまで上昇していますが、こんなところでは止まらないと思います。140円が直近に迫ってきました。

【参考記事】
米ドル/円は、1米ドル=140円を目指して上昇する環境が整った! まだまだ上昇する可能性があると考える、3つの理由を解説!(6月30日、今井雅人)
米ドル/円は最低でも140円、1998年高値の147円台後半や、150円が目標になる可能性も。米ドル/円の買いポジションをキープ!(6月23日、今井雅人)
米ドル/円は、147.66円の1998年8月高値がチャート上の上値目標に。資金管理に気をつけながら、さらなる円安方向で勝負したい(6月9日、今井雅人)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

ユーロドルもパリティ、つまり、1.0000ドルを下に抜けて、さらなる下落となる可能性が高いと考えています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

 この米ドル高はどこで終わるのか、正直よく分かりません。しかし、米国のインフレが鈍化してこない限り、米ドル高傾向は続く可能性は高いことはたしかです。それが、年内に来るのか、来年までかかるのか、これからの指標を見ながら判断することになります。

現在はともかく、米ドルロングで勝負を続けることがベストと考えています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る