ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

豪ドル/米ドルの戻り高値は売り! 米国のレイバーデー
明けの株価は、急落しやすく要注意。米金利が上昇して
株価の調整が深まれば、売られやすいのは豪ドル/米ドル

2022年09月05日(月)16:08公開 (2022年09月05日(月)16:08更新)
西原宏一&大橋ひろこ

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 西原宏一さんのメルマガ「トレード戦略指令!」の有料会員向けに配信している動画コンテンツ「今月のFX・投資作戦会議」の中で、西原さんが為替相場で特に注目しているテーマを解説する「にっしートピック!」を無料公開しています。当コラム「FX&コモディティ今週の作戦会議」の内容とも連動しているので、ぜひ、ご視聴ください。


今週はRBA、BOC、ECBが連日で金融政策を発表する中央銀行ウィーク

今週は中央銀行ウィークですね。


明日、9月6日(火)はRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])、9月7日(水)はBOC(カナダ銀行[カナダの中央銀行])、9月8日(水)はECB(欧州中央銀行)が連日で金融政策を発表します。

コンセンサスはRBAが0.5%の利上げ、ECBとBOCは0.75%の利上げとなっています。

7月には1%と大幅に利上げしたBOCですが、今回で利上げ打ち止めと見る向きもあります。


カナダのインフレ率は6月に8.1%(前年比)でしたが、8月は7.6%へと低下。米国のように利上げを続けられるほど景気が強くないようです。

慌てて利上げを進めると景気を冷ましてしまいますね。


ただ、金利先物市場を見ると、カナダは来年(2023年)半ばに4%程度までの利上げを織り込んでいます。


今回で打ち止めを示唆するような発言が出れば、サプライズとなりますね。

英ポンドもパリティへ!?

ユーロはいかがですか。


先週(8月29日~)、ガスプロムはノルドストリーム1を通じた欧州へのガス供給を、無期限延期しました。設備のオイル漏れを原因としていますが、本当かどうか……。


ユーロは対米ドルで戻り売りしたいのですが、戻りなく下げています。

ユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:TradingView

英ポンドもですね。対米ドルでは1.15ドルを割り込んでいます。


今日(9月5日)には英国の新首相が決まりますが、パリティ(1英ポンド=1.00ドル)到達を予想する声すら聞こえてきました。

英ポンド/米ドル 月足
英ポンド/米ドル 月足チャート

(出所:TradingView

ラガルドECB総裁の記者会見が始まる約30分後には、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演もあります。


ジャクソンホールで示したタカ派スタンスを踏襲するのでしょうが、ややこしい値動きになるかもしれませんね。


米ドル/円はいかがですか?

米ドル円上昇は「It's Not Over」

米2年債利回りにつれて動く相場が続いています。


先週には米2年債利回りが3.5%へタッチする場面もあり、米ドル/円も140円台を突破しました。


いまは3.3%台へと下落していますが、これが安定して3.8%へと乗せてくるようだと、米ドル円も147円方向へ向かうのでしょう。

米ドル/円&米2年債利回り 日足
米ドル/円&米2年債利回り 日足チャート

(出所:TradingView

24年前の高値147.66円を超えますか?

このあと公開される動画でも話しましたが、JPモルガンは「It's Not Over」、米ドル/円の上昇トレンドは終わっていない、とのレポートを出しています。


米金利が上がるかぎり、米ドル/円も上がる。ただ、147.66円をブレイクするには、米2年債利回りが4%を大きく超えてくる必要があるでしょう。

今日はOPECプラス(※)の会合も開催されます。


関係者は価格下支えのための減産もほのめかしていますが、減産はまだ早いのではないかと思います。


景気後退リスクが意識され、ジリジリ下げる相場が続くのかもしれませんが、かといって最近は、資源価格の下落が株価にプラスに作用するわけでもありませんね。

(※編集部注:「OPECプラス」とは、OPEC(石油輸出国機構)にOPEC非加盟の主要産油国を加えた枠組みのこと)

今日は米国休場、明日からの米株に警戒

今日はレイバーデイの祝日で米国が休場です。


レイバーデイ明けの米国株市場は急落しやすい経験則があるため、要注意ですね。


米金利が上がるなら、米国株の調整も深くなるのでしょう。

今週の戦略はどう考えますか?

米ドル/円の押し目買いでもいいのですが、注目は米国株市場の下落


それを為替で表現すると、以前は豪ドル/円でしたが、今なら豪ドル/米ドルとなります。


RBAの金融政策発表もありますが、利上げはすでに織り込み済み。戻り高値は売りでいいでしょう。

【参考記事】
豪ドルの急落に警戒! 9月5日の米国のレイバーデー以降、「ある程度の苦痛を伴う」米国株の下落にあわせ、株安で売られやすい豪ドルが下落する可能性!(9月1日、西原宏一)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る