ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

局面の変化を象徴するスウェーデン100ベーシス利上げ、
日銀が頑なに頑張る間により貧乏になってる日本人

2022年09月21日(水)15:35公開 (2022年09月21日(水)15:35更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はおおむねドル高が進んだ。ドル円は143円台の後半まで上がってきたが、FOMC前なので大きくは動けない。144円台には達しなかった。またユーロドルも勢いこそなかったものの、パリティ割れで推移。どちらもちょうど居心地のよさそうなレベルでニューヨーククローズを迎えた。

 スウェーデン中銀が100ベーシスの利上げをやったので、いくぶん欧州債に重しとなった。ユーロ金利の上昇に伴って、ドル金利もやや上昇。米国株も6月以来の安値件に突っ込んできた。金融相場なのでリスク回避は起こらない。安全資産の債券相場も一緒に下がっている最中なのだ。株価が下がればリスク回避だとバカの一つ覚えみたいに言っている評論のなんと多いことか。

 いよいよアメリカと日本の金利会合を迎えることになるわけだが、どうせ何にもしないと考えられている日銀のほうに注目が集まっている。政府、つまり財務省側が円安の流れに苦言を呈しているからだ。今は亡き安倍首相の言うとおりに、日銀は政府の子会社だ。だから政府の方針に逆らうようなスタンスを示せるわけがない。

 もちろん期待したいのは法律で保証されている日銀の金融当局としての独立性なのだが、それも人事面などから脅かされているというのも事実だ。今回の会合で政務方の次官などが派遣されるとなると、見解の変更も余儀なくされる。そうした場面を過去に何度も見てきた。

 アメリカが2四半期を連続してマイナスのGDPになったとして、リセッション入りしたとの見方がある。インフレとウクライナ情勢の影響のせいだとして軽視されているが、日本はマイナス成長になっていない。

 しかしこの間に進んだ円安の分を加味してドル建てで考えて見ると、果たしてそうか。GDPの総額は大きなマイナスになってもいる。確かにニューヨークやロスなどでの食料品の値段を聞いてみると、もはや気軽には手を出せないほど、日本人は貧乏になったような感がある。

日本時間 15時20分

外貨ex byGMO[外貨ex]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る