ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円は133円あたりを下値メドに、戻り売り継続!
米金利が下落に転換するなら、米ドル/円も下がりそう。
ボラティリティが大きく、安易に下値は売らないように

2022年11月14日(月)15:40公開 (2022年11月14日(月)15:40更新)
西原宏一&大橋ひろこ

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 西原宏一さんのメルマガ「トレード戦略指令!」の有料会員向けに配信している動画コンテンツ「今月のFX・投資作戦会議」の中で、西原さんが為替相場で特に注目しているテーマを解説する「にっしートピック!」を無料公開しています。当コラム「FX&コモディティ今週の作戦会議」の内容とも連動しているので、ぜひ、ご視聴ください。


早朝から要人発言とニック砲

先週(11月7日~)の米CPI(消費者物価指数)発表は、予想8.0%(前年比)に対して7.7%のサプライズ。


米インフレは、ピークアウトの傾向がはっきりしてきましたね。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は140円の節目を下抜けると、さらに下がりそう! 衝撃の米CPIを受けた米ドルの下げは、一時的なものでない。米利上げが終わるのであれば、米ドル高も終わるということ(11月11日、今井雅人)

米CPIを受けて、米ドル/円は138円台まで急落し、米国株は急騰。


金利先物市場で見たターミナルレート(利上げの最終地点)は、米CPI発表前の5%台から4.75%程度まで低下しました。


ハト派的な見通しが高まっていますが、今朝(11月14日朝)になってウォラーFRB(米連邦準備制度理事会)理事は、先日の米CPIについて「ひとつのデータポイントに過ぎない」「こうした動きが持続してインフレ率が緩やかに低下するのを確認する必要がある」として市場を牽制しています。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

フェド・ウォッチャーのニック・ティミラオス記者も、追い打ちをかけるかのようにツイートしていました。

楽観を冷やす要人発言に要注意!

このところのFRBは、市場が楽観的すぎると冷やすし、悲観的すぎれば温める


ニック砲もうまく使って、巧みにコントロールしていますね。


このままインフレが収束し、米国株が上昇して、来年(2023年)の景気後退がひどいものにならなければ、うまくソフトランディングでき、パウエルFRB議長としては万々歳です。

中国のゼロコロナ見直しや不動産市場への広範囲な救済策を打ち出したとの報道も、米国株の上昇に影響しているようです。


今週(11月14日~)の予定を見ると、FRB要人の発言が多いですね。

これだけ米金利が低下していますから、タカ派的な発言が多くなるでしょう。


いずれにせよ、米ドル/円は151.95円で天井をつけた可能性が高い


2011年安値75.35円の2倍=150.70円、あるいは1982年高値から引いたフィボナッチ・リトレースメントの38.2%=152.63円が目安としてありましたし、僕の周りの超長期プレイヤーも150円近辺では手仕舞いました。


150円より上はオーバーシュートだったようです。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は1米ドル=151.95円で上昇相場が終了した! 米ドル/円は戻り売り! 米中間選挙後の株高が期待されていたが、仮想通貨の急落で市場はリスクオフの展開に(11月10日、西原宏一)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円の下値メドは、今年の上昇の半値戻しの133円

為替市場はボラティリティが高まっていますね。今朝も1円ほど上窓が開いて始まりました。

 

最近の東京市場は、米金利に関係なく、米ドル円を買ってくる傾向があります。


逆に言えば、東京も売ってくるようになれば、下落も一服するのかもしれません。


ただ、今年(2022年)の米金利の影響で、もっとも上がったのは米ドル/円。


米金利がピボット(方向転換)して下落に向かうなら、米ドル/円も下がるのでしょう。

下値メドはどのくらいですか?

133円あたりでしょうか。

今年の上昇の半値戻しですね。


130円台は7月から8月にかけてもレンジを形成しました。当面は133円から140円程度のレンジとなるのかもしれませんね。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView

来年はゴールドの上昇が本格化?

米ドル安とともに上がってきたのがゴールドです。


ゴールドが先物市場でネットショート(売り越し)になるのは、過去20年で3回ほどしかなかったのですが、今回もネットショートとなっていました。

米金利が上昇していたため、ゴールドが売られていた、ということですね。

ところが、米CPIで米金利が急低下したため、ショートポジションが踏み上げられ、急騰したようです。

NY金先物 日足
NY金先物 日足チャート

(出所:TradingView

今年は為替の年でしたが、来年はコモディティの年になる予感もあります。ゴールドは来年、強いかもしれませんね。

本格的に上がるとしたら、FRBの利下げが具体化したときでしょうね。

インフレがこのまま落ち着いてくるようだと、年末くらいには利下げの話が出てくるかもしれません。

米ドル/円の戻り売りを継続。ボラティリティが大きく、安易に下値を売らないよう気をつけたい

週末の話題は、世界2位の仮想通貨(暗号資産)取引所だったFTXの破産申請ですね。

ビットコインなど仮想通貨が総じて急落しましたから、ファンドなどからは損失を埋めるために、株などの資産を売る動きが出てくるかもしれませんね。

明日(11月15日)には、米PPI(生産者物価指数)が発表されます。


米CPIに続いて米PPIも下がっているようだと、米ドルは一段安でしょうか。今週の戦略はどう考えますか?

先週に引き続き、米ドル/円の戻り売りでいいでしょう。


とはいえ、すでに高値から13円も下げていますし、ボラティリティも大きい。


安易に下値を売らないよう、エントリーする水準には気をつけたいですね。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円を戻り売り! 上昇相場は終わり、145円を割り込んでくると下げが大きくなる可能性に警戒!米中間選挙後の株高という、強いアノマリーにも注目(11月7日、西原宏一&大橋ひろこ)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る