ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円は押し目買いでもよさそう。米2年債利回りの上昇に
ついてきておらず、短期的には上昇余地がある。ただ、米国の
感謝祭で週後半は動きづらく、無理に取引する必要はない

2022年11月21日(月)15:07公開 (2022年11月21日(月)15:07更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

米ドル/円は上も下もやりすぎた

先週(11月14日~)は、米PPI(卸売物価指数)が予想よりも下ブレし、1米ドル=137円台まで下落しましたが、直後に買い戻される展開に。結局は140円を挟んだレンジでしたね。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

先々週(11月7日~)の米CPI(消費者物価指数)の二番煎じですね。


投機筋が「米CPIが悪かったから米PPIも悪いだろう」とショートにして待ち構え、下がったところで利食われたため、行って来いとなりました。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は133円あたりを下値メドに、戻り売り継続! 米金利が下落に転換するなら、米ドル/円も下がりそう。ボラティリティが大きく、安易に下値は売らないように(11月14日、西原宏一&大橋ひろこ)

FRB(米連邦準備制度理事会)高官がタカ派発言を繰り返したこともあって、米金利などは米CPIショックから持ち直しています。

ところが、米金利と米ドル/円の相関がまだ切れたまま。


1998年高値の147.66円より上は買われ過ぎましたし、その反動もあって米CPIショックでは売られ過ぎた。


上も下もやってしまい、ひと段落というところなのでしょう。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

為替市場は年20%も動けば十分。今年の米ドル/円は約30%も上昇して異常だった

日米金利差からすれば、米ドル/円は上がりそうですが、ただ上昇トレンドが再開するほどかという、そんな感じはありません。

ターミナルレート(利上げの最終地点)は5%程度ですから、米CPIショック前の水準まで戻ってきています。

大手金融機関のターミナルレート予想は、おおむね5%から5.25%程度ですね。


為替市場は年20%も動けば充分ですが、今年(2022年)の米ドル/円は約30%も上昇しました。150円台への上昇は異常でしたね。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView

ロシア産原油への価格上限、11月23日にも発表か

11月23日(水)にはニュージーランドの政策金利が発表されます。


0.5%利上げとの予想が多かったのですが、金利先物市場では0.75%の利上げが織り込まれつつあります。


0.5%であれば、失望で売られる展開でしょうか。

11月23日(水)には11月開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨も発表されますが、気になるのはG7(先進7カ国)によるロシアへの経済制裁の一環として導入される、ロシア産原油への「プライスキャップ(価格上限)


どんな価格になるのかが11月23日(水)に発表され、12月5日(月)から導入される予定。


プライスキャップより高い値段での取引に対しては、輸送に対する保険などのサービスが禁止されることとなっています。


ただ、11月23日(水)の発表自体、まだ流動的との声もあります。

中国のコロナ死者でWTI原油は80ドル割れ

そもそもの発端は、12月5日(月)からEU(欧州連合)がロシア産原油の輸入を90%削減することですね。

いきなり90%削減すれば、産業や生活への影響が大きいですから、ロシア産原油の価格に上限を設定し、国民や企業を守りながら、ロシアに経済的な打撃を与えようという意図です。

前代未聞ですからどのような影響が出るのか、予想が難しい。

普通に考えると、ロシア産原油が市場から消えれば、WTIや北海ブレントといった他の油種の価格は上がるはず。


でも、G7合意を厳格に遵守できるとは思えませんし、そもそも中国やインドは枠組みの対象外。先行きは不透明です。

石油タンカーへの襲撃や、テロなどのリスクも高まりそうですね。

足もとのWTI原油は、中国で半年ぶりに新型コロナウイルスによる死亡者が出たとの報道により、80ドルを割り込んでいます。


不確実性が高まっているため、要注意ですね。

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足チャート

(出所:TradingView

米感謝祭前でムリする必要はないが、米ドル/円の押し目買いでもよさそう

来年(2023年)はコモディティの年になるだろうと、現段階では見ていますが、原油市場では早くも動きが出てくるかもしれませんね。


今週(11月21日~)の話に戻ると、11月24日(木)が米国の感謝祭。11月23日(水)、11月24日(木)は動きが出にくいでしょう。

今週の戦略はどう考えますか?

米感謝祭前ですから、ムリにポジションを取る必要はありませんが、米ドル/円の押し目買いでもいいかと思います。


米ドル/円は、米2年債利回りの上昇にまだついてきていないため、短期的には上昇余地があるのではないでしょうか。

米ドル円&米2年債利回り 日足
米ドル円&米2年債利回り 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る