ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円の135円以下を押し目買い! 1米ドル=135円
以下は売られすぎ圏内で、140円方向への踏み上げを
想定。注目のNZドル/円は、95円に向けた上昇を継続!

2022年12月15日(木)17:15公開 (2022年12月15日(木)17:15更新)
西原宏一

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

FOMCでのパウエル議長の声明はややタカ派

 みなさん、こんにちは。

 年内最後の大イベントといえるFOMC(米連邦準備制度理事会)が、日本時間本日(12月15日)未明発表されました。

 前回まで4会合連続で続けてきた0.75%の利上げからペースを減速させ、主要政策金利の0.50%の引き上げを決定

 これはコンセンサスどおり。

 FF金利の誘導目標レンジは4.25-4.50%と、2007年以来の高水準です。

(※編集部注:「FF金利」とは、フェデラルファンド金利のことで、FFレートとも呼ばれる。米国の政策金利)

 注目が集まっているFOMC参加者の政策金利予測中央値は、来年(2023年)末には5.1%、そして2024年に4.1%に低下するとの見通しが示され、いずれも9月時点での予測から引き上げられています。

 次回のFOMCでの利上げ幅については今後のデータ次第だとし、0.50%と0.25%の利上げ、両方の可能性を残して終わっています。

金利先物市場では来年の利下げを織り込み始めている?

 金利先物市場では0.25%の利上げ幅予測が増えているようです。

 気になったのは、米金利先物市場では来年12月13日の予想金利が4.36%に低下していること。

米金利先物市場の予想金利推移
米金利先物市場の予想金利推移

 つまり、来年の利下げを織り込み始めています。

 一方、FRB議長のパウエルさんの声明では、来年利下げが行われることはないことを示唆しています。

 つまり、マーケットはFRBの見通しより、弱気に傾いているということになります。

 下図はこのコラムで何度かご紹介させていただいた米ドル/円と米2年債利回りの日足の相関チャートです。

米ドル/円と米2年債利回り・日足
米ドル/円と米2年債利回り・日足

(出所:TradingView)

 2年債利回りと米ドル/円との相関性も大きく乖離したまま。

 この2点から、1ドル=135円以下の米ドル/円は売られすぎ圏内であり、いったん140円方向に踏み上げられるのではないかと想定しています。

米ドル/円は135円以下を押し目買い

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

NZドル/米ドルは10月から1000pips急騰!

 一方、当コラムで注目しているニュージーランドドル(NZドル)ですが、今週も続伸しており、NZドル/米ドルは一時0.6514ドルの高値に到達。

ニュージーランドドル/米ドル・日足
ニュージーランドドル/円・日足

(出所:TradingView)

 10月13日の安値である0.5512ドルから0.6514ドルまで、すでに1000 pips急騰しています。

 米ドル/円でいえば2カ月で10円急騰していることになるため、NZドル/米ドルは多少調整する可能性もあるのですが、NZドルは底堅いまま。

 これはニュージーランド経済の好調さが、通貨ニュージーランドドルを支えているといえます。

 ウェストパック銀行によれば、ニュージーランドの第3四半期のGDPは2%急増し、海外からの観光客の戻りが続いていることが寄与しているとコメントしています。

 このGDPの結果は、市場予測やRBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])の予測である0.8%増を大きく上回っています。

 そのため、景気過熱を抑制する必要があるとの見方が強まり、RBNZはインフレに対抗する戦いの姿勢を維持することになるとしています。

 結果、金利先物市場ではRBNZが来年2月に0.75%の利上げを決定することを織り込んでいます。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

調整はあるもNZドル/円は95円に向け上昇中 

 先週のコラムでご紹介させていただいたとおり、ターミナルレート(利上げの最終地点)は5.50%か5.75%と予測されたまま。

【※関連記事はこちら!】

米ドル/円は当面、1米ドル=133~142円の間でもみ合う調整相場か。2023年はコモディティ価格の急騰に警戒!NZドル/円は、88円を超えれば95円を目指す展開を想定(2022年12月8日、西原宏一)

 これは主要通貨の中で最も高いターミナルレートであり、先月のRBNZでは2023年の利下げはないことを示唆しています。

 結果、1000pipsも急騰したにも関わらずNZドル/米ドルは底堅いままであり、NZドル/円も上昇しています。

ニュージーランドドル/円・日足
ニュージーランドドル/円・日足

(出所:TradingView)

 米2年債利回りと米ドル/円との相関性も大きく乖離したままであり、1ドル=135円以下の米ドル/円は押し目買い

 そして、RBNZのターミナルレートが5.75%という予測もあるNZドル/円は、95円に向け上昇中という予測を維持します。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る