ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円7円進んだ円高でも自律反発は限定的、
消費者の景況感は強いままで明るい休暇モードで動意薄

2022年12月22日(木)15:19公開 (2022年12月22日(木)15:19更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日のマーケットは静かなほうだった。ドル円も1円幅くらいしか動いていない。前日には7円も円高が進んだのだから、その後の調整で自律反発も3円くらいはあるのかと思われた。しかし相当に戻りの上値は重たくなっている。

 すでにシコリの処理を図るオファーが大量に出始めているようだ。これまでのポートフォリオの見直しを迫られているくらいだから、黒田総裁がどのように説明しようともマーケットは金融引き締めの開始だと解釈しているとみるのが自然だ。

 経済指標では中古住宅販売があったが、住宅関連はやはり振るわないようだ。世間で騒がれている来年からの景気減速は本当にありそうだと言うことを裏付けてもいる。その一方で景況感は良い。

 消費者信頼感指数は大きな上昇を示しており、インフレ下の消費動向に暗く感じていない状況がわかる。そのような訳で米ドル金利も、ちょっと気迷い気味。動意を示したのは昨日の日銀のアクションのおかげであって、その後の動きが実に乏しい。

 ユーロドルは50ポイントほどの値幅に収まった。もう多少の事では下がらなくなってきている。こちらのほうは完全に来年からのドル金利の低下を見込んだ動きとなっている。パリティ割れを攻めるのは、当分の間、なさそうである。もうクリスマスも近いことだし、ますます動意薄の状態が続くことになりそうだ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る