ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

タカ派の発言を続けてけん制をしているFEDメンバー、
パウエル議長の発言でドル安の流れは変わるか

2023年01月10日(火)15:20公開 (2023年01月10日(火)15:20更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 雇用統計での賃金上昇の上がり具合を確認して、昨日のマーケットでもドル金利の低下が続いた。それで米国株も金融緩和期待から上伸し、為替相場でもドル安の圧力が継続した。ユーロドルは1.07台に乗せてきて、まだドルの余剰感は残っている。

 しかしニューヨーク時間の午後からは様相が一変し、米国株は大きく下げ、そのまま安値引けに近いかたちとなっている。一部のFEDメンバーからのタカ派発言が意識したものと思われる。

 しかしユーロドルの上昇には多少驚いた。昨年末のドル円でのドル安が激しく起こったときも、何とかツラレ高しないで1.06台に踏みとどまったのに、昨日のような何の変哲もない相場で1.07台に乗せてきたのだ。世の中にはこのへんでユーロロングになっているきれいなポジションは少ないだろう。

 ということはもう一段高する可能性も秘めているということだ。確かに最初に1.07台に乗せた後は、押し目もほとんどなかったといえよう。パリティなんてほど遠くなってしまっている。ユーロドルは押し目を待たずに高いところを買って行くべきところに来てしまっているのかもしれない。

 今週は材料が少ない。それゆえ先週末の雇用統計を玩味する時間がたっぷりとあることになるのだが、雇用市場のタイト感は薄まっていない。その辺の事情をどうやってドル安・株だけに織り込んでいくのか。

 今晩はパウエル議長の発言は注目されるが、矛盾が露呈すれば 、すぐに反対の動きが強まるのは明らか。木曜日にはCPIも出るが、ピークアウトはすでに確認済みということもあって、以前ほどマーケットの関心を集めてはいない。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る