ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は近いうちに137円台へ上昇か。米国とユーロ圏
の長期金利が上昇して、ユーロ/米ドルはもみ合いとなり、
合成したユーロ/円の買いが有効。メキシコペソ買いも維持

2023年03月02日(木)14:40公開 (2023年03月02日(木)14:40更新)
今井雅人

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

メキシコペソ/円がターゲットの7.5円に到達! スワップ稼ぎでロングをキープ

 今週もまず、メキシコペソ/円の話から始めます。

2~3週間前からメキシコペソ/円の買いを推奨し、ターゲットを7.5円とお伝えしてきましたが、とうとう目標値に到達しました。

【※関連記事はこちら!】
メキシコペソ/円のロングを継続! 米国が急激な利上げでも、比較的堅調な景気を保っていることで買い安心感。米ドルは押し目買いで回転を効かせ、次のトレンドを待つ(2月24日、今井雅人)
米ドル/円は133~135円、ユーロ/米ドルは1.0550~1.0750ドル程度を予想。米ドルの押し目買いを当面の基本に。順調に上がるメキシコペソ/円の買いはキープ!(2月17日、今井雅人)
米ドル/円は、130円台から132円台での上下動が続く可能性がもっとも高い。難しい相場では、メキシコペソでのスワップ稼ぎも有効。メキシコ政策金利は10.75%へ(2月9日、今井雅人)

メキシコペソ/円 日足
メキシコペソ/円 日足チャート

(出所:TradingView

 この先、ロングポジションをどうしたらいいのか迷うところです。

 メキシコペソ/円の上昇の原因については、これまで背景を説明してきましたので、詳しくは割愛しますが、米国の景気がしっかりして、米長期金利(米10年債利回り)も上昇している影響を、メキシコペソ/円も受けているということです。

 そろそろ前回の高値に近づいてきましたので、いい利食い場ではあるのですが、スワップも稼げますので、このままロングをキープしておこうと思っています。

米長期金利の上昇に米ドルは連動。米ドル/円のロングポジションはかなり解消され、タカ派ムードも高まっており、米ドル/円は近いうちに137円台を見られそう

 次に、米ドル相場です。

 米長期金利のグラフをみていただくと分かりますが、ここのところ上昇トレンドが続いており、4%台に達しました。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足チャート

(出所:TradingView

 今は、この米長期金利の動きに米ドルは連動していますので、基本的には米ドル高継続ということでいいかと思います。

 米ドル/円のIMM(国際通貨先物市場)のポジションを見てみると、米ドル/円のロングポジションはかなり解消されていますので、まだマーケットに買う余力は残っているのではないかと推測しています。

【※米ドル/円のIMMポジションの状況はこちら!】
主要通貨のIMMポジションの状況をチェック!

IMMのポジション状況(米ドル/円)
IMMのポジション状況(米ドル/円)

(詳しくはこちら → IMM通貨先物ポジション/経済指標・政策金利

(※編集部注:CFTC(全米先物取引委員会)は現在、第三者サービスプロバイダーの問題で、正確なデータ提供能力に影響が出ていることから、IMM通貨先物ポジションの公表を延期している。現時点での最新データは、1月31日(火)のもの。正確なデータが提供されることを条件として、3月中旬までに結果が順次発表され、その後は通常のスケジュールで発表される予定となっている)

 昨日(3月1日)、FOMC(米連邦公開市場委員会)のメンバーでもあるカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が「インフレはまだ異常に高いので、3月のFOMCでは0.25%の利上げだけではなく0.50%の利上げも可能性としてある」と発言していて、タカ派ムードが高まっていることから、米ドルは基本的に買いという認識です。

近いうちに137円台をみることが出来るのではないでしょうか。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

米ドル、ユーロともに金利上昇で綱引きに。ユーロ/米ドルは当面、1.05~1.07ドル程度のレンジか

 ただ、米ドル高は全通貨に対して起きているわけではありません。

 例えば、ユーロ/米ドルですが、昨日も米長期金利は堅調だったにもかかわらず、ユーロ/米ドルは上昇(ユーロ高・米ドル安方向)に向かいました。

ユーロ/米ドル 1時間足
ユーロ/米ドル 1時間足チャート

(出所:TradingView

 これは何が起きているのかというと、実は今、米国でも思ったよりインフレが収まっていないことから、長期金利が上昇していますが、EU(欧州連合)でも同じことが起きています。

 ECB(欧州中央銀行)はこの後、0.5%の利上げを2、3回行って夏ごろにはいったん利上げを停止するというのが、これまでのマーケットのコンセンサスでしたが、ここにきて、EU圏でもインフレ傾向が抑制されていないので、想定より利上げが続くのではないかという見方が広がってきています。

 そのため、EU圏の長期金利が急上昇してきています。

 例えば、代表的なドイツ10年債利回りの推移をみると、この1週間は一方的に上昇を続け、0.3%程度上がりました。

ドイツ10年債利回り 4時間足
ドイツ10年債利回り 4時間足チャート

(出所:TradingView

 米国も金利は上昇しているのですが、ユーロ圏での金利上昇のほうにより注目が集まり、結果としてユーロに買いが入っている状況です。

 米ドル、ユーロともに金利上昇ということになると、綱引きになってしまいます。

 結果、ユーロ/米ドルは当面の間もみ合いに入ってしまうかもしれません。1.05~1.07ドル程度のレンジを想定しておきます。

米ドル/円堅調、ユーロ/米ドルもみ合いを合成して、ユーロ/円の買いが有効に。

 そうなると、米ドル/円堅調、ユーロ/米ドルもみ合いを合成して、ユーロ/円の買いが有効ということになってくるでしょう。

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足チャート

(出所:TradingView

 ユーロ/円だけではなく、全体的な円安傾向というのが当面の基調になってくるということを基本認識としておきます。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事 バイナリーオプション比較
トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る