ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は、130円台から132円台での上下動が続く
可能性がもっとも高い。難しい相場では、メキシコペソ
でのスワップ稼ぎも有効。メキシコ政策金利は10.75%へ

2023年02月09日(木)11:52公開 (2023年02月09日(木)11:52更新)
今井雅人

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

予想をはるかに上回る米経済指標が、2つ連続して出たことで、マーケットの雰囲気が一気に変わった

 為替相場はすっかり混迷の中に入ってしまいました。

 きっかけとなったのは、先週金曜日(2月3日)に発表された2つの経済指標でした。

 まず、米国の1月雇用統計ですが、失業率が3.4%と予想の3.6%より良好な結果となったことに加え、非農業部門雇用者数も前月比51.7万人の増加と、こちらも予想をはるかに上回る結果となりました。

 その後、発表されたISM非製造業指数ですが、これも55.2と予想の50.4からは大幅な上振れとなりました。

最近では、ここまで予想より良い結果となったのは記憶にありません。ましてや、それが2つ連続して出たということで、マーケットの雰囲気が一気に変わってしまいました。

 金利市場を見てみると、例えば、米長期金利(米10年債利回り)は、先週の金曜日に急上昇して以来、高止まりしています。

米長期金利(米10年債利回り) 4時間足
米長期金利(米10年債利回り) 4時間足チャート

(出所:TradingView

 為替相場も指標発表後、2段ロケットで米ドル高になった後は、高値圏での乱高下となっています。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

パウエルFRB議長の発言も、マーケットの判断を難しくしている。2月14日の米CPIが予想どおりになれば、ますます方向感がなくなりそう

 また、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長の発言も、マーケットの判断を難しくしています。

 パウエル議長は、先日行われた対談の中で何度も「ディスインフレ」という言葉を使い、インフレが収まってきているとの認識を強調していました。

 しかし、一方、現在市場が先に織り込んできている、「年内の利下げ」を完全否定しました。

前者は米ドル安要因、後者は米ドル高要因ですので、これまたマーケットは混乱してしまいました。

 こうした状況になっていますので、方向感がまったくなくなってしまいました。

パウエルFRB議長写真

パウエルFRB議長は、先日行われた対談の中で、何度も「ディスインフレ」という言葉を使った一方、「年内の利下げ」を完全否定した。前者は米ドル安要因、後者は米ドル高要因で、これまたマーケットは混乱してしまった (C)Bloomberg/Getty Images News

 ここからどちらかに抜け出すには、何か材料が必要です。

 可能性としては、来週、2月14日(火)の米CPI(消費者物価指数)ということになると思いますが、そこで予想どおりの結果となってしまうと、ますます方向感がなくなってしまうと思います。

米ドル/円は130円台から132円台での上下動が続く可能性がもっとも高い

 米ドル/円のチャートを見ると、中期的な下方向のトレンドを上に抜けてきています。

 しかし、上の方は一目均衡表の雲が控えていて、頭を抑える形になっています。それもあり、133円直前で失速したのだと思います。

 今後ですが、130円台から132円台での上下動が続く可能性がもっとも高いと考えています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルも中期的な上昇トレンドを下に抜けていますが、一目均衡表の雲が1.05ドル台後半にありますので、下の目処はそのあたりではないかと思います。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

難しい相場が続きますが、自分でレンジを決めて、逆張りトレードを継続するしかないのかなと考えています。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

スワップを稼ぐ戦略も有効に。メキシコの政策金利は10.75%へ

 なお、こういう相場になってくると、スワップを稼ぐという戦略も有効になってきます。

 本日(2月9日)、メキシコ中銀の政策会合がありますが、0.25%の利上げが予想されています。そうなると、政策金利は10.75%となります。

 最近、メキシコペソ/円は6.7~7.0円程度のレンジに入り込んでいますので、それを想定してスワップを稼ぐのも面白いと思います。

メキシコペソ/円 日足
メキシコペソ/円 日足チャート

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
経済指標速報記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る