ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円は、米金利の調整につれて短期では下がりそう。
米雇用統計が下方修正されれば、調整は意外と深いかも。
ゴールドが反発しそうで、豪ドル/米ドルを押し目買い!

2023年03月06日(月)15:05公開 (2023年03月06日(月)15:05更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

S&P500、米ドル/円ともに200日移動平均線で反転

先週(2月27日~)は、株式市場が上昇し、リスクオン的なムードで終えました。


3月22日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)での、0.5%利上げの可能性も浮上していましたが、米アトランタ連銀のボスティック総裁が0.25%利上げを支持したことが原因でしょうか? 

それもありますが、きっかけにすぎないのでしょう。


米金利は2月から一本調子で上げ続けて、ついに米10年債利回りや米30年債利回りも4%ヘ達しました。


年内利下げの織り込みもほぼ剥落し、そろそろ米金利は調整に入ってもいいのかなと思います。

米10年債利回り&米30年債利回り 日足
米10年債利回り&米30年債利回り 日足チャート

(出所:TradingView

チャート的にも、S&P500は200日移動平均線でしっかりサポートされました。


米ドル/円も同じく、200日移動平均線で頭を抑えられて反落しています。

S&P500 日足
S&P500 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

リスクオンの米ドル売り

2月の米ドル/円は、米金利の上昇とともに137円まで9円上昇しましたが、米金利が調整するなら、同じく調整入りなのでしょう。


短期では売りでもいいのかもしれませんが、米2年債利回りは2月に超えられなかった5%をいずれ抜けてくると見ています。


そのため、短期で売るよりは押し目を拾っていく目線です。

米2年債利回り 日足
米2年債利回り 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

以前は、株が上がってリスクオンだと、米ドル/円も上がりましたが、今は、米金利が低下するため、米ドル/円が下がるということですね。

今はリスクオンでの米ドル安ですね。

3月10日の日銀会合と米雇用統計。ポイントは?

今週(3月6日~)は3月7日(火)、3月8日(水)に、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が半期に一度の議会証言を行います。

基本的には、同じような発言を繰り返すだけでしょう。


市場の流れを変えるような材料ではなく、ノイズになるのではと思います。


3月7日(火)には豪州の政策金利も発表されますが、0.25%利上げがコンセンサス。ほぼ決まりです。


連続利上げを匂わせるコメントが出るかもしれませんが、ターミナルレート(利上げの最終着地点)を4.1%まで織り込んでいます。


むしろ、ハト派的な発言が出れば下がるかもしれません。

3月10日の金曜日には日銀会合(日銀金融政策決定会合)、そして米雇用統計ですね。


日銀はサプライズを警戒する声もあるものの、コンセンサスは現状維持です。

さすがに、サプライズ好きな黒田日銀総裁でも動かないでしょう。

先週は、ブルームバーグが「日銀はYCC(イールドカーブコントロール)修正の効果見極め、3月会合で現行緩和継続」と報じて、乱高下する場面がありました。


ヘッドラインリスクにも要注意ですね。

エコノミスト調査だと、6月会合での引き締め予想が増加しています。


少し先ですが、新年度からの円高には要注意ですね。

好調だった1月分の経済指標、下方修正のリスクも

米雇用統計ですが、1月分の数字は予想から大きく上ブレしました。


一部では「1月分の数字は季節調整がうまくいかず上ブレしただけ、下方修正のリスクも」との声も聞きます。


そうだとすると、米ドル/円の調整が意外と深くなる可能性もありますね。


米雇用統計、そして来週、3月14日(火)の米CPI(消費者物価指数)がポイントとなるかもしれません。

今年(2023年)の米ドル/円は、英ポンドのようというか、不安定ながらもボラティリティは大きい。


目先のプライスアクションに惑わされないよう、気をつけたいですね。

今週の戦略はどう考えますか?

米金利が調整局面であるなら、短期では米ドル/円の売りでもいいのですが、ゴールドも調整が終わり、反発しそうな雰囲気があるため、豪ドル/米ドルの押し目買いがいいのではないでしょうか。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 jfx記事 トルコリラスワップポイントランキング
田向宏行 jfx記事 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る