ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル円は、136.67円を抜ければ139.59円が視野に!
FEDピボットと日銀ピボットが遠のき、上値が軽くなった
印象。月末の米ドル売りに気をつけながら、押し目買い!

2023年02月27日(月)15:27公開 (2023年02月27日(月)15:27更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

「年内米利下げ」の織り込みが低下

先週(2月20日~)は、RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])会合もあったのですが、「マーケットは米金利の動向しか見ていない」という印象ですね。

気になるのは、米国のインフレ率ですね。


先週発表された1月分の米PCEデフレータは、前年比5.4%の上昇と予想を上ブレ。12月分では、鈍化していた伸びが再加速しています。

経済指標にはブレがありますから、なんとも言えないですが、事実としてあるのは米金利の上昇です。


米2年債利回りは昨年高値を抜いてきました。

FEDウォッチだと、3月、5月、6月と、あと3回の利上げを織り込んでいますね。

金利先物市場を見ると、7月の5.4%前後がピークです。


ずっと気にしていた「年内利下げ」の織り込みもやっと低下してきました。

「ディスインフレ」発言はなんだったのか?

年内利下げの織り込みが低下したということは、長期的に高金利が続きそうということですよね。


先週は、JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏が「米金利は6%に達する可能性がある」と指摘し、学会やエコノミストは最高6.5%までの利上げが必要との提言を行ったそうです。

6%はともかく、「FRB(米連邦準備制度理事会)ピボット(政策転換)」はまだ先、という流れになってきたのはたしか


パウエルFRB議長が「ディスインフレ」と連呼した、FOMC(米連邦公開市場委員会)が2月1日(水)。


米2年債利回りはその直後に底を打ちして、米ドル/円やユーロ/米ドルも同時に米ドル高方向へ動いています。


「ディスインフレとはなんだったのか」という感じですね。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

直後の米雇用統計を筆頭に、ディスインフレ発言後の経済指標は強い数字が続いています。ミスリード的な発言でしたね。

FEDピボットも日銀ピボットも遠のく

「日銀ピボット」への懸念が上値を抑えていた、米ドル/円も上がってきました。


日銀次期総裁候補の植田和男さんの所信聴取は、海外勢も注視していましたが、無難に通過したことが要因のひとつでしょう。

金融緩和の副作用を強調した見出しも一部では出ていましたが、全体としては黒田路線に寄り添った印象でした。


政府・日銀の共同声明についても、ただちに見直す必要はない、と話していましたね。

急激な円高へ持っていかれないようにと、マーケットへの配慮もあったのでしょう。


これが終わるのを待ちかまえていた海外勢が、米ドル/円を買っていったようです。

米ドル円、136.67円をクリアに抜ければ139.59円が見えてくる。米2年債利回りの水準からしても、上値余地がある

この先の値動きはどう見ますか?

昨年(2022年)10月からの下落に対する38.2%戻しが136.67円。先週の高値とほぼ同水準です。


このあたりでは、輸出企業の売りや利益確定売りも出やすいでしょうから、ここをクリアに抜けるかどうか


抜ければ、半値戻しの139.59円が見えてきます。米金利の水準から考えれば、そのあたりまで上がってもおかしくありません。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

今週(2月27日~)はイベントが少ないですが、来週、3月10日(金)は黒田体制での最後の日銀会合(日銀金融政策決定会合)、そして米雇用統計です。


1月分の数字はブレが大きくなる傾向があるとして、2月分の数字へ注目する向きもあります。

いずれにせよFEDピボット、日銀ピボットともに可能性が遠のいたことで、米ドル/円の上値は軽くなった印象


米2年債利回りの水準からしても、米ドル/円は上値余地がある。


月末の米ドル売りに気をつけながら、米ドル/円の押し目買い方針でいいのではないでしょうか。

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
田向宏行 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る