ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円が「お盆の円高」で下がる確率は、過去20
年で50~75%。大きく見れば135~145円のレンジ
だが、今週は戻り売り! 米CPIと原油上昇にも注目

2023年08月07日(月)15:39公開 (2023年08月07日(月)15:39更新)
西原宏一&大橋ひろこ

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

8月10日は米CPI、インフレは収まるのか

先週(7月31日~)は、米雇用統計が発表されました。


ほぼコンセンサスどおりの結果でしたが、米金利は低下で反応しました。

米長期金利(10年債利回り) 1時間足
米長期金利(10年債利回り) 1時間足チャート

(出所:TradingView

細かく見ると、5月分、6月分の数字が下方修正されたため、「今までが過大評価だったのでは」との不安が高まり、金利が低下したのでは、との指摘もありました。


金利低下を好感したため、直後から株は買われています。

NYダウ 1時間足
NYダウ 1時間足チャート

(出所:TradingView

今週(8月7日~)、8月10日(木)は米CPI(消費者物価指数)が発表されます。前回が前年比+3.0%。今回は+3.3%の予想。


金利がピボット(政策転換)するのか、あるいは9月に再度の利上げがあるのか、利上げは見送るにしても、どこまで高止まりするのか――それを考える上でも、今週の米CPIは重要です。


米国の友人は「この水準からは下がりにくい」と繰り返し指摘していますし、物価に大きく関連する原油価格も、気になる水準にありますよね。

WTI原油、重要なレジスタンスへ

WTI原油は6週連続で陽線をつけて、ジリジリとボックス相場の上限、83ドル付近まで上がってきました。


背景にあるのが、サウジアラビアとロシアの動向。サウジは7月から行っている自主減産を9月まで延長すると発表しましたし、ロシアも原油輸出の削減を継続しています。


このまま金利が下がって、米ドル安が常態化するようだと、WTI原油がボックス相場を上抜けし、「7月からの上昇がトレンドの始まりだった」ということになるかもしれません。

WTI原油先物 週足
WTI原油先物 週足チャート

(出所:TradingView

先週は、アトランタ連銀が発表するGDP予想モデル「GDPNow」の7-9月予想が、+3.9%と非常に高かったことも話題でした。

先進国としては、尋常ではない高さですよね。


7月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が「リセッションは予想していない」と言い切ったところから、米長期金利の上昇が始まり、GDPNowも高い。


「景気はいいし、中国が景気刺激策を打つかもしれない、だったら原油は安すぎる」と考える投資家がいるのかもしれないですね。

バイデン政権の対中経済制裁にも注目を

原油が上がってくると、米CPIもこの水準で下げ止まる可能性があります。

そうしたら、米金利は再び上がり、株価が下がるかもしれませんね。

今年(2023年)始めに多く見られたのが、「金利で逆イールド現象が起きているから景気後退、株価が下がる」という意見です。


ところが、ここまで株価は上がっています。


株価下落を警戒して、資産を債券に逃していたファンドマネジャーは、パフォーマンスが上がらず苦しくなってきている。年末まで5か月を切って、彼らがどうするのか


原油がリスク要因のひとつになるかもしれませんね。

83ドル台を上抜けてくると「あれ?原油が上がっている、インフレ再燃?」とのセンチメントになるかもしれないですし、ここからのWTI原油は注目ですね。


あとは、先週末に出たバイデン政権の対中制裁報道も気になりました


米雇用統計後、上がっていた米株がガクンと下げたのは、このニュースが発表されたタイミングです。


報道によると、今日、8月7日(月)に状況説明、8月8日(火)に正式発表される見通しとのことです。

NYダウ 1時間足
NYダウ 1時間足チャート

(出所:TradingView

「お盆の円高」、円を買うなら通貨ペアは?

今週から日本はお盆入りです。


8月は円高になりやすいアノマリーが知られていますが、過去20年で見ると、米ドル/円が下がる確率は50%から75%ほどですが、豪ドル/円は80%が円高となっています。

ということは、豪ドル/円のショートですか?

ただ、今年の豪ドルは円の次に弱い通貨。年初からスイスフラン/円が20円以上も上がったのに対して、豪ドル/円は10円も上がっていません。


そのため、豪ドル/円をここから売りたくはないですし、かといって中長期で強気なスイスフランも売りたくない。


そのため、米ドル/円の売りで考えています。

お盆になると、円高の記憶がありますね。

8月15日の±5営業日前後は、気持ち悪いですね。流動性も薄くなりますし、動き出すと止まらないイメージもある。


米ドル/円は、145円より上は介入警戒で重いですし、大きく見れば135円から145円のレンジかもしれませんが、今週は戻り売り目線でいいかと考えています。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る