ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

【人気急上昇中】トルコリラのスワップポイント業界最高水準!みんなのFX

  • 2017年08月04日(金)19時13分
    NY為替見通し=米雇用統計、賃金上昇を確認できるか

     ドル円は、米7月雇用統計を控え、やや円高水準の110円付近で推移している。

     米7月雇用統計では、まずヘッドラインの非農業部門雇用者数の増減に反応することになるだろう。だが、月次の振れに一喜一憂することへの市場の学習効果も進んでいる。ほどなく、前月以前の雇用者数の修正幅、そして注目度が高まっている賃金動向を手掛かりとした米長期金利の動向にドルが振らされる展開となろう。
     平均賃金は、足元の加速度を示す前月比が、6月は予想の+0.3%にとどかず+0.2%にとどまった。今月は+0.3%の伸びを回復すると市場は見込んでいる。ただ、水準感を示す前年比が+2.4%と、前月の+2.5%より伸びが低下するとの見方があり、予想通りならこの内容がドルの押し下げ要因となる可能性があり要注意。ドル売り方向の材料に神経質になっている市場参加者が多いため、荒っぽい相場つきになる展開も想定しておきたい。

    ・想定レンジ上限
     ドル円の上値めどは111.02円まで低下した日足一目均衡表・転換線。その上には111.39円前後で低下傾向の90日移動平均線が位置している。

    ・想定レンジ下限
     ドル円は昨日の下押しで109.90円のストップロスをつけたものの、109円半ばまで断続的に並ぶ下値の買いが緩衝材になり下げ渋った。本日は109.80円にストップロスの売りが置かれている。昨日と同様に下値に並んだ断続的な買いが緩衝材になる展開は期待できる。本日はさらに109円前半まで買いが並んだ格好。だが、雇用統計イベントの際はやや異なり、結果次第でこうした買いを一掃してしまうこともあるため注意は必要。買いとオプション設定が観測される節目109円付近が下げ渋りのポイントになるか。

  • 2017年08月04日(金)18時51分
    来週のスイスフラン「上げ渋りか、リスク選好的なフラン買いは拡大せず」

    [スイスフラン]
     来週のスイスフラン・円は上げ渋る展開か。ユーロ高・米ドル安を意識した米ドル売り・スイスフラン買いは一巡しつつある。また、スイス中央銀行は通貨高に対する懸念を繰り返し表明していることから、新たな円売り材料が提供されない場合、対円でのスイスフラン買いはやや抑制される可能性が高いとみられる。
    ○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
    ・7日:7月消費者物価指数(6月:前年比+0.2%)
    ・8日:7月失業率:(6月:3.2%)
    ・予想レンジ:112円00銭-115円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時51分
    来週のカナダドル「底堅い展開か、産油国会合に絡み原油先高観が下支えに」

    [カナダドル]
     来週のカナダドル・円は底堅い展開か。カナダ中銀の早期追加利上げ観測は後退しつつ
    あることから、目先的にカナダドルは買いにくい。しかしながら、7-8日開催の石油輸出国
    機構(OPEC)加盟国と非加盟国の会合で減産順守が確認された場合、NY原油先物の先高観がカナダドルの下支え要因になるとみられる。
    ○発表予定の加主要経済指標・注目イベント
    ・特になし
    ・予想レンジ:86円00銭-89円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時50分
    来週の英ポンド「上げ渋る展開か、英国のEU離脱の影響に思惑も」

    [英ポンド]
     来週のポンド・円は上げ渋る展開か。引き続き英6月鉱工業生産指数など経済指標を見極める展開となりそうだ。英国の欧州連合(EU)離脱の影響が意識され始め、早期利上げ観測は後退した。ただし、日銀の緩和的な金融政策の継続により投機的な円売りは継続し、
    ポンドの対円レートは下げ渋る見通し。
    ○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
    ・10日:6月鉱工業生産(前月比予想:+0.1%、5月:-0.1%)
    ・10日:6月商品貿易収支(予想:-109.5億ポンド、5月:-118.63億ポンド)
    ・予想レンジ:143円00銭-146円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時50分
    来週のNZドル「弱含みか、NZ中銀声明に注目」

    [NZドル]
     来週のNZドル・円は弱含みか。NZ準備銀行(中央銀行)の金融政策が材料になる。政策金利(1.75%)は据え置きの予想。声明における最新の景気認識やインフレ見通しが注目され
    るが、NZドル安期待が改めて表明される可能性が高く、NZドル売りの興味が弱まる可能性は低いとみられる。
    ○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
    ・10日:NZ準備銀行が政策金利発表(1.75%に据え置き予想)
    ・予想レンジ:80円00銭-83円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時50分
    来週の豪ドル「弱含みか、豪ドル高けん制発言で引き続き買いにくい」

    [豪ドル]
     来週の豪ドル・円は弱含みか。豪準備銀行の声明で「豪ドル高は生産や雇用を圧迫する」、「豪ドル高により、成長や物価は予想よりも鈍くなる可能性」と指摘されており、リスク選好的な豪ドル買いは引き続き抑制される見込み。経済指標では中国の7月貿易統計が材料になる。
    ○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
    ・特になし
    ・予想レンジ:86円00銭-89円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時49分
    来週のユーロ「下げ渋りか、節目1.2ドル上抜けへの期待も」

    [ユーロ]
     来週のユーロ・ドルは下げ渋りか。足元で発表されたユーロ圏の経済指標は底堅い内容で、欧州中銀(ECB)の引き締めに期待が広がりやすい。また、米7月消費者物価指数(CPI)が想定を上回らないと連邦準備制度理事会(FRB)の年内再利上げへの期待は高まらず、ユーロ選好地合いが続く見通し。ただし、節目1.2ドル付近では調整の売りなどが観測される。
    ・予想レンジ:1.1700ドル−1.2000ドル

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時49分
    来週のドル・円「ドル・円はもみあいか、7月米コアCPIなどを見極める展開」

    [ドル・円]
     来週のドル・円はもみあいか。米7月消費者物価指数(CPI)など経済指標を点検し、連
    邦準備制度理事会(FRB)の金利政策を見極める展開が続きそうだ。また、大統領選にロシアが関与したとされる「ロシアゲート」疑惑などで政治情勢は不安定な状態が続いており、引き続きドルの押し下げ要因となる見通し。

     注目される米経済指標のうち、7月生産者物価指数(PPI)コア指数(前月比)は前回実
    績をやや上回る可能性があるが、コアCPI(前年比)は+1.7%と予想されており、物価上昇
    率は6月と同水準になる見通しだが、市場参加者の間では追加利上げへの慎重な見方が広がっており、CPIコア指数は前年比+2.0%を上回らなければ年内追加利上げなどを期待したドル買いは強まらないだろう。

     また、政治情勢も懸念材料となろう。一部報道によると、「ロシアゲート」疑惑を捜査
    中のモラー特別検察官は、ワシントンで大陪審を選出。捜査が進展し、疑惑をより深める
    手がかりがあれば、トランプ政権の先行き不透明感につながろう。ヘルスケア法案審議の
    行方も定まっておらず、トランプ政策への懸念が強まる可能性もある。

     一方、米株式市場ではNYダウが節目の22000ドルを上抜けた後も騰勢を保っており、ドルを下支えする手がかりとなっている。しかしながら、政治情勢への懸念が株高を弱める要因になりかねず、引き続き注目されよう。

     ドル・円に関しては、市場関係者の多くが想定する110-115円のレンジ下限をやや下回る場面がみられるようになり、もう一段のドル安・円高に警戒感も広がり始めた。米国の経
    済指標の悪化や政治の不透明感が強まると目先的な想定レンジは円高方向に移行し、1ドル
    =110円を下回るケースが増える可能性がある。

    【米・7月生産者物価コア指数(PPI)】(10日発表予定)
     10日発表の7月生産者物価指数(PPI)は、インフレ指標として注目されやすい。6月は前年比+2.0%、コア指数は+1.9%となった。前月を上回る内容となれば成長持続を背景に利
    上げ期待が高まり、ドルを押し上げる見通し。

    【米・7月消費者物価コア指数(CPI)】(11日発表予定)
     11日発表の7月消費者物価コア指数(CPI)は前年比+1.7%と、6月の+1.7%と同水準の上昇が見込まれている。インフレ指標への関心が通常よりも高く、想定を下回った場合は連
    邦準備制度理事会(FRB)の引き締め方針に懐疑的な見方が強まり、ドル売り要因に。

    ・予想レンジ:108円00銭−112円00銭

    ・8月7日-11日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

    ○(日)6月経常収支 8日(火)午前8時50分発表予定
    ・予想は+8605億円
     参考となる5月実績は+1兆6539億円の黒字だった。貿易収支が赤字になったことから経常黒字額は減少した。第1次所得収支は+1兆9243億円、第2次所得収支は-1973億円だったとなる。6月については、第1次所得収支の黒字額は減少すると予想されており、第2次所得収支は赤字となる可能性が高いことから、経常黒字額は大幅に縮小するとみられる。

    ○(米)4-6月期非農業部門労働生産性 9日(水)午後9時30分発表予定
    ・予想は+0.8%
     参考となる1-3月期確報値は前期比年率で変わらず。非農業部門の単位労働コストは+3.0%から2.2%に下方修正されていた。4-6月期については生産高の伸びは1-3月期を上回ることが予想されており、労働生産性の伸びは1-3月期確報値を上回る見込み。単位労働コストは1-3月期確報値を下回る可能性が高い。

    ○(日)6月機械受注 10日(木)午前8時50分発表予定
    ・予想は前月比+3.7%
     参考となる5月実績(船舶、電力を除く民需の受注額)は前月比-3.6%、8055億円だった。+1.6%程度の市場予想に反して減少した。非製造業の減少が影響した。6月については
    反動増が予想されるが、内閣府は5月時点で基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」から「足踏みがみられる」に引き下げており、大幅な増加は期待できない。

    ○(米)7月消費者物価コア指数 11日(金)午後9時30分発表予定
    ・予想は、前年比+1.7%
     参考となる6月実績は前年同月比+1.7%。前年同月比の上昇率は5月と同水準だった。携帯電話のサービス価格低下が物価上昇を抑えた。航空運賃、衣料品、家庭用雑貨などの価格も低下。家賃は2カ月連続で上昇。7月については携帯電話のサービス価格や衣料品など
    の価格低下が予想されており、全体の物価上昇率は6月実績をやや下回る可能性がある。

    ○主な経済指標の発表予定は、8日(火):(中)7月貿易収支、9日(水):(中)7月消
    費者物価指数、10日(木):(日)7月国内企業物価指数、(米)7月生産者物価指数

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)18時18分
    ユーロ円 注目オーダー・OP=131.00円 売り

    132.50円 OP25日NYカット
    131.00円 売り

    130.83円 8/4 18:10現在(高値130.88円 - 安値130.51円)

    130.30円 買い・割り込むとストップロス売り
    130.00円 買い
    129.50-60円 断続的に買い
    129.00円 買い

    ※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。

  • 2017年08月04日(金)18時09分
    ドル・円はこう着、米長期金利は上昇基調

    [欧米市場の為替相場動向]


     ドル・円は、110円10銭付近でこう着状態となっている。米国10年債利回りは2.23%台に上昇したほか、米株式先物がプラス圏で推移しており、ややドル買いに振れやすい地合い。ただ、21時半発表の米国の7月雇用統計を前に、積極的な売り買いは手控えられているもよう。ユーロ・ドルも1.1880台で小動きになっている。

     ここまでのドル・円の取引レンジは110円07銭から110円13銭。ユーロ・円は130円80銭から130円88銭、ユーロ・ドルは1.1881ドルから1.1888ドルで推移。

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)17時43分
    東京為替概況:ドル・円はもみ合い、米雇用統計発表控え110円挟んで小動きに

     今日の東京外為市場で、ドル・円はもみ合い。109円85銭から110円19銭で推移した。前日NY市場でのドル売りの流れを受け継ぐ一方、日経平均株価が下落スタートしたことから、ドル売り・円買いが先行。その後、値ごろ感から国内勢によるドルの買い戻しが優勢になった。米国の7月雇用統計の発表を前に、積極的な取引は手控えられた。

     ユーロ・円は130円51銭から130円88銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1869ドルから1.1889ドルまでじり高になった。

    ・17時時点:ドル・円110円00-10銭、ユーロ・円130円75-85銭
    ・日経平均:始値19949.79円、高値19984.51円、安値19933.59円、終値19952.33円
    (前日比76.93円安)

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)17時16分
    ドル・円はもみ合い、米雇用統計発表控え110円挟んで小動きに

     今日の東京外為市場で、ドル・円はもみ合い。109円85銭から110円19銭で推移した。前日NY市場でのドル売りの流れを受け継ぐ一方、日経平均株価が下落スタートしたことから、ドル売り・円買いが先行。その後、値ごろ感から国内勢によるドルの買い戻しが優勢になった。米国の7月雇用統計の発表を前に、積極的な取引は手控えられた。

     ユーロ・円は130円51銭から130円88銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1869ドルから1.1889ドルまでじり高になった。

    ・17時時点:ドル・円110円00-10銭、ユーロ・円130円75-85銭
    ・日経平均:始値19949.79円、高値19984.51円、安値19933.59円、終値19952.33円(前日比76.93円安)

    【経済指標】
    ・日・6月毎月勤労統計・現金給与総額:前年比-0.4%(予想:+0.5%、5月:+0.6%)
    ・豪・6月小売売上高:前月比+0.3%(予想:+0.2%、5月:+0.6%)
    ・独・6月製造業受注:前月比+1.0%(予想:+0.5%、5月:+1.1%←+1.0%)

    【要人発言】
    ・豪準備銀行の四半期金融政策声明
    「最近の豪ドル高でGDP予想に多少の重しの影響も」
    「2017年のGDP見通しは2-3%(5月時点2.5-3.5%)」
    「一段の豪ドル高は経済成長やインフレを押し下げる」
    「経済は今後2年間約3%拡大する見込み」
    「基調インフレは2017年下期に2%前後に到達し、その後小幅上昇へ」

    ・ブロードベント英中銀副総裁
    「小幅な利上げには対応可能、誇張すべきでない」

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)16時59分
    豪S&P/ASX200指数は5720.58で取引終了

    8月4日の豪株式市場ではS&P/ASX200指数が、前日末比-14.54、5720.58で取引終了。

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)16時59分
    豪10年債利回りは下落、2.620%近辺で推移

    8月4日のオーストラリア国債市場では、10年債利回りが前日末比-0.045%の2.620%近辺で大方の取引を終了した。

    Powered by フィスコ
  • 2017年08月04日(金)16時55分
    豪ドルTWI=67.1(+0.3)

    豪準備銀行公表(8月4日)の豪ドルTWIは67.1となった。
    (前日末比+0.3)

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95637人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年10月18日(金)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円-0.03108.57

USDJPY

ユーロ/円-0.07120.78

EURJPY

英ポンド/円-0.29139.70

GBPJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月14日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月11日更新

米中部分合意へ? トランプ大統領が米中貿易摩擦のヤバさに気づいた!?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果