ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

FXトレーダー必見のガチンコバトルが、いよいよ大詰め!
4人のプレイヤーが300万円を3カ月間、自動売買で運用。
「ほったらかし運用」も「マネ運用」も損益がプラスに!

2024年03月27日(水)13:36公開 (2024年03月27日(水)13:36更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

FXブロードネット

FXの自動売買で、4人のプレイヤーが300万円を3カ月間運用する「トラッキングトレード ガチンコトレードバトル」は大詰め!

FXブロードネットのリピート系発注機能「トラッキングトレード」を使って4人のプレイヤーが3カ月間トレードを行い、累計実現損益を競い合う「トラッキングトレード ガチンコバトル」。約7年前から続いているFXブロードネットの大人気企画です。
【※関連記事はこちら!】
FXブロードネットのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
FXの自動売買ができる口座を徹底比較!:リピート系発注機能

FXブロードネット・トラッキングトレードガチンコバトル

 「三者三様」ならぬ「四者四様」の戦略をとるプレイヤーが、300万円の証拠金を「トラッキングトレード」で運用し、その様子を逐一FXブロードネット公式X(旧Twitter)で発信してくれます。ですから、FXブロードネット会員のみならず一般のトレーダーも、バトルを楽しみつつ「トラッキングトレード」での自動売買を学習することができるんです!

 長きにわたって熱い戦いを繰り広げているのは、こちらのプレイヤーたち。

トラッキングトレードガチンコバトル・プレイヤー
トラッキングトレードガチンコバトル・プレイヤー

(出所:FXブロードネット)

・テクニカル分析重視で両建てを多用する「チャーティスト先生」
・「なるべくほったらかして運用」が信条の「怠け者の楽々投資氏」
・ファンダメンタルズをもとに戦略を練る「ファンダメンタリスト氏」
・前回のバトルの優勝者の「マネ運用」を行う「トラトレめがね氏」

 この4名です。

 トラトレめがね氏の「マネ運用」というのが、まさに先ほど紹介したXでの発信を利用したトレード。1つ前の回の「ガチンコバトル」で優勝したプレイヤーのトレードを、Xへの投稿を見ながら丸ごとマネするという戦略なんです。

 この戦略は、FXブロードネットの公式Xをフォローしていれば誰にでも可能ですし、勝率もかなりのもの。実際、「マネ運用」歴3年以上のトラトレめがね氏は、マネ運用を行った13バトル中マイナスで終わったのはたった2回だけ! それまで負け越しで散々な結果だったトラトレめがね氏が、「マネ運用」では累計400万円超えの利益をあげています。

トラトレめがね氏の第20回~第26回マネ運用(3月7日まで)の成績
トラトレめがね氏の第20回~第26回マネ運用(3月7日まで)の成績

(出所:FXブロードネット)

 2024年1月にスタートし、現在進行中の「第26回トラッキングトレードガチンコバトル」でも、先月(2月)に当コーナーでお伝えした時点で、トラトレめがね氏は暫定1位となっていました。
【※関連記事はこちら!】
人の戦略を全部マネした初心者が、トレードバトルの暫定トップ! 「トラッキングトレードガチンコバトル」は1位&2位が70万円超えの累計実現益で折り返して後半戦へ

 あれから約1カ月、いよいよ大詰めを迎えたバトルの行方はどうなっているのでしょうか?

FXトレードが下手で「マネ運用」にこだわるトラトレめがね氏が暫定1位に見えるけれど、実はものすごく接戦かつ混戦!

 まずは、3月21日(木)現在の累計実現損益ランキングを見てみましょう。

「第26回トラッキングトレードガチンコバトル」3月21日(木)終了時点の累計実現損益ランキング
「第26回トラッキングトレードガチンコバトル」3月21日(木)終了時点の累計実現損益ランキング

(出所:FXブロードネット)

 1位はまたまたトラトレめがね氏で、96万1421円の累計実現益をあげています。そして2位は、そのトラトレめがね氏にマネされているチャーティスト先生94万8783円の利益。3位はファンダメンタリスト氏で48万17円、4位は怠け者の楽々投資氏38万4216円の利益と、順位は前回お伝えした際と変わっていません。

 ただし、今回はすでに4人とも運用を停止していて、3位と4位の2人に関してはもうポジションも持っていません。時期も時期なので、恐らくこのまま運用再開はせず、バトル終了を迎えるのではないかと思います。

 となると、勝負の行方は現在トラトレめがね氏とチャーティスト先生が保有しているポジションを、どのタイミングで決済するかにかかっています。

 3月21日(木)終了時点で、単純に含み損を累計実現損益から差し引くと、暫定1位のトラトレめがね氏が37万1041円、2位のチャーティスト先生が43万4603円と、本当に混戦となっていて、最後まで目が離せません!

ユーロ/円の指値が、変更後すぐに約定!
「マネ運用」が間に合わず、トラトレめがね氏がピンチに!?

 では、ざっとここまでの戦況を振り返ってみましょう。

 まず、ユーロ/円の「買い・売り両建て設定」でバトルをスタートした1位のトラトレめがね氏と2位のチャーティスト先生。前回お伝えした時点では「売り設定」を停止し、残ったポジションは指値を入れて保有している状態でした。
【※関連記事はこちら!】
人の戦略を全部マネした初心者が、トレードバトルの暫定トップ! 「トラッキングトレードガチンコバトル」は1位&2位が70万円超えの累計実現益で折り返して後半戦へ

 その後、ユーロ/円が終値で「買い設定」の停止レート162.50円を割り込んだのを受けて、3月1日(金)にチャーティスト先生が「買い設定」の運用を停止。

 それをXの投稿で見たトラトレめがね氏も運用を停止しました。その後、残りの10ポジションについては5ポジションずつ(タイムラグのあったトラトレめがね氏は4ポジションと5ポジションにわけて)決済の売り指値を入れました。

 3月19日(火)にチャーティスト先生が安い方の指値のレートを下げ、それから約20分後にその指値が約定。

 この時ちょっと珍しい事件が起きました。指値レート変更から約定までの時間がわずかだったこともあり、トラトレめがね氏がチャーティスト先生のレート変更をマネする前に、チャーティスト先生の保有ポジションが指値で約定してしまったのです!

 約定直後にトラトレめがね氏も気づき、成行で安い方の指値を入れていた5ポジションを決済し事なきを得ましたが、「マネ運用」には値動きによってこのようなハプニングがあるということが明らかになりました。

 そして、翌20日(水)には残りの5ポジション(トラトレめがね氏は4ポジション)も指値が約定し、残るはチャーティスト先生が6つ、トラトレめがね氏が7つの売りポジションとなり、現在に至ります。

 バトル終了までにユーロ/円相場が下がってくれば、2人の含み損が減って優勝の目もありますが、果たしてどうなるでしょうか?

米ドル/円を運用していたファンダメンタリスト氏は、日銀会合前にリスク回避の決済! 残りのポジションも決済し、もうバトル終了?

 続いて、現在3位のファンダメンタリスト氏の戦いぶりを見てみましょう。

 米ドル/円の「買い設定」でバトルをスタートしたファンダメンタリスト氏ですが、まず1月19日(金)にいったん運用を停止し、ポジションもすべて決済。

 その後、2月1日(木)に再び米ドル/円の「買い設定」で運用開始しましたが、3月8日(金)に下値の停止レート148円近辺を下回ったため、運用を停止しました。

 保有していた21ポジションは、まず翌週に日銀会合を控えた3月15日(金)の時点でリスク回避のために10ポジションを決済。残りの11ポジションについては149.20円の指値を出していたところ、3月18日(月)にすべて決済し、実質バトル終了といった感じです。

豪ドル/円のポジションをほったらかして手堅く利益をあげた怠け者の楽々投資氏は、4年間負けなし! コスパ、タイパ的には優勝!?

 最後に、現在4位の怠け者の楽々投資氏ですが、この第26回バトルでは今のところ最下位に甘んじていますが、実は、2020年1月のバトルから4年間負けなしという好成績!

 しかも、一度、運用開始をしたトラッキングトレードは、極力ほったらかして運用を続けるため、トレードに費やす時間や労力から考えるとコスパ、タイパ的には優勝なのではないかと思います。

 今回も、豪ドル/円の「買い」設定で運用を開始し、日銀会合結果を控えた3月19日(火)の正午過ぎにリスク回避のために運用を停止するまで、ほったらかしを貫きました!

 そして、残っていた9ポジションもFOMC(米公開市場委員会)前に決済し、手堅くバトルを終了しています。ギャンブルのごとく大きく勝とうとせずにコツコツとトータルで勝つ!という、お手本のようなFXトレードがほったらかしでできるなんて、今すぐ「マネ運用」したくなりますよね!?

 FXブロードネットの公式サイトでは、怠け者の楽々投資氏をはじめ、各プレイヤーの戦略の詳細や根拠、相場に対する考え方などが毎週公開されています。

「第26回トラッキングトレードガチンコバトル」怠け者の楽々投資氏の運用状況
「第26回トラッキングトレードガチンコバトル」怠け者の楽々投資氏の運用状況

(出所:FXブロードネット)

バトルの行く末を見守りながら、FXトレードについても学べるのが「トラッキングトレードガチンコバトル」の醍醐味。もちろん「マネ運用」にチャレンジするのもありです。間もなく始まる「第27回ガチンコバトル」をぜひ開始時からチェックして、「ガチンコバトル」から得られるFXトレードのノウハウを余すことなく享受してはいかがでしょうか?

(ザイFX!編集部・上岡由布子)

FXブロードネット

FXブロードネットの公式サイトはこちら!

FXブロードネットでは現在、新規口座開設後、1万通貨以上の取引をすると3000円がキャッシュバックされる当サイト限定タイアップキャンペーンが開催されています!

 さらに、条件を達成すると最大6万円がキャッシュバックされる通常のキャンペーンも開催されているので、新規口座開設する際はぜひ活用してください。詳しい情報は、FXブロードネットの公式サイトで紹介されています!

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、FXブロードネットの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

FXの自動売買(シストレ)ができる「トラッキングレコード」で人気!
FXブロードネット ⇛詳細データはこちら
FXブロードネットの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-28時)
0.3pips原則固定
(8-28時)
0.5銭原則固定
(8-28時)
FXブロードネットのおすすめポイント
FXブロードネットでは、最低取引単位が1000通貨の「ブロードライトコース」と、1万通貨の「ブロードコース」の2つの口座が使えます。さらに、強制決済の判定タイミングやロスカットの水準をいくつかの選択肢から設定できるのも特徴です。相場の細かい上げ下げを利用してコツコツ利益を積み上げていく、リピート型の注文方法、「トラッキングトレード」を使ったFXの自動売買ができる口座としても人気。「トラッキングトレード」の設定などに役立つコンテンツも充実しています。
FXブロードネットの関連記事
■FXトレーダー必見のガチンコバトル、第27回が開幕! 中東情勢などでFX相場が荒れる中、自動売買が好調。細かく利益をあげる「トラッキングトレード」に注目!
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■FXブロードネットのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXブロードネット▼
FXブロードネットの公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります
FXブロードネット
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較 田向宏行
人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る