ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

羊飼いがバカになって荒稼ぎした4カ月(1)
億を稼ぐ人はみんなバカになっている!?

2013年04月17日(水)15:42公開 (2013年04月17日(水)15:42更新)
ザイFX!編集部

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

億を稼ぐ人はみんなバカ!? 羊飼いもバカになってみた!

今年はお金が落ちているような相場が何回も来そうで、オラわくわくしてるゾ(^O^)

 聞き捨てならない、そんな言葉をフェイスブックに残していたのは、ザイFX!「今日の為替はこれで動く!」でもおなじみの羊飼いさん。

 これまで、自分の取引の詳細を公開することはほとんどなかったが、アベノミクス円安で大儲けした顛末をザイFX!編集部に教えてくれた

 「僕自身、2001年にFXを始めてから、トレーダーとして●億円(●の部分はナイショ)近く稼ぎましたが、億を稼いでいた人がリーマンショックのような相場で全財産を失くして自殺した――なんて話もよく聞くわけで」

これがザイFX!「今日の為替はこれで動く!」でもおなじみのカリスマブロガー・羊飼いさんの手!(顔出しはNGのため、手だけ公開)  トレードはほとんどiPhoneとiPad miniでやっている。

 「トレーダーは長くやる職業じゃないと思ってました。ガッツリ儲けたら引退するのが理想だし、『ガッツリ儲ける相場』の見極めが大事だなと」

「理不尽な年末」に備えていたところへ来たのは――

 サラリーマンと違ってトレーダーは浮き草稼業。今日稼げたからって明日も稼げる保証はないわけで、「退きどき」は大切なのだ。って、これから稼ごうとするトレーダーには、なかなか実感のわかない境地だけど…。

 でも、次の話は大切。

 「いろんなトレーダーさんの話を聞いていると、億を稼いでいるトレーダーは普通じゃない。稼げるときは常識をものともせず、バカになってガッと攻める。だから次に大相場が来たら、バカになってとことん攻めようと決めていたんです」

 この数年の羊飼いさんは、とても社交的。トレーダー主催の会合で顔を見ることも頻繁だったが、そこから得た教訓が「バカになれ」だったのだ。

 「もうひとつは、年末相場の特徴。年末は理不尽な動きをすることが多くて、今までは『理不尽だから休もう』と思っていたんですけど、去年(2012年)は『変な動きがあったらバカになってついていこう』と思っていたんです」

 12月も下旬になると、為替市場のメインプレイヤーである金融機関やヘッジファンドの大口トレーダーはお休みモード。クリスマスホリデーでご褒美のバカンスへ出てしまう。

 逆にその年、儲かっていなかったプレイヤーは薄商いな相場で一発逆転を狙った大勝負を仕掛けたりもして、思いもよらぬ動きになりやすいのが年末相場だ。

円安継続への自信が確信に変わった根拠とは?

 「年末は攻めていこうと思っていたところに、2012年11月の衆議院解散以降の円安相場が始まったんです。円安が続くのか、最初は半信半疑だったんですけど、だんだんと『これは本物っぽいな』って思い始めて。フェイスブックにも書いてると思います」

 最近は、フェイスブックへの書き込みも頻繁な羊飼いさん。2012年12月8日(土)にはこう書いている。

円安転換っていうのは本物かもしれんなあ。取り敢えず選挙で大きく動くはず。面白くなるぜ!

 羊飼いさんに「本物かもしれん」と思わせたきっかけの1つは、ザイFX!に連載している陳満咲杜さんのコラムだった。

 陳さんといえば、他の専門家とは一味ちがう独自の分析が持ち味。凡百の専門家を一刀両断する「過激な切り口」も大きな特徴なのだが、2012年11月下旬から12月にかけて陳さんのコラムは、円安一色に染まっていた。

【参考記事】
米ドル/円の85円程度は通過点。 なぜ長期円安時代が始まったと言えるか?(11月26日、陳満咲杜)
「本格的な円安」時代の幕開けか? ユーロ/円に点灯した重要なサインとは?(11月30日、陳満咲杜)
ユーロ/円は138円台へ上昇の可能性あり。それを示唆する2つの条件とは?(12月7日、陳満咲杜)
ドル/円の長期目標は最低でも119.8円! 円安傾向は続くが、目先はやや行きすぎか(12月14日、陳満咲杜)

悪い雇用統計なのに米ドル買いで強いトレンド

 「もう1つのきっかけは、米雇用統計。2012年12月の雇用統計は、良い結果で上がった後に、いったん利益確定売りで下げたんですが、そこからの上昇が『異常』だった。

 2013年1月の雇用統計はもっと『異常』で、失業率が市場予想より悪くて大きく下がったんですが、すぐに反発して上昇した。悪い指標なのに悪い方向に動かないときは、何か理由がある。それだけ買いたい人が多い、とか

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 雇用統計以降、羊飼いさんのバカメーターは、グングン上昇していく。2012年12月雇用統計発表から週が明けた月曜日、フェイスブックにはこう書かれていた。

今週はすげえチャンスかもと思っている(12月10日)

 さらに、12月13日(木)には以下のような興奮気味の書き込みも。

フェイスブック(クリックで拡大)

バカになれなきゃバカ勝ちはない!

 理不尽な動きをしやすい年末相場、「異常」な雇用統計、それに陳さんのような辛口専門家の分析、そして実際のチャートの動きと、すべてが猛烈な円安を示し、羊飼いさんのバカメーターはついに振り切れる。

 「待っていた『バカになるべき瞬間』がきたんだなと思いました。『バカになれ』と何度も自分に言い聞かせて、フェイスブックにも書いて。『バカFX教』ですよね。今思うとちょっと恥ずかしい(笑)

「羊飼いがバカになって荒稼ぎした4カ月(2) ●千万円稼いだスキャルの手法とは?」へつづく)

(取材・文/ミドルマン・高城泰)

【2023年2月2日時点】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆松井証券「MATSUI FX」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
※スプレッドは成行(ストリーミング)注文に適用される水準。それ以外の注文方法では、通貨ペアによってはスプレッドの水準は異なる
【松井証券「MATSUI FX」の関連記事】
■松井証券「MATSUI FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券「MATSUI FX」▼
松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら

◆マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。ユーロ/米ドルは、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の関連記事】
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」▼
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア 1通貨
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1000通貨
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを 解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比 較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら

◆ゴールデンウェイ・ジャパン⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.1銭原則固定 0.3銭原則固定 0.2pips原則固定 29ペア 1000通貨
※ユーロ/円は、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【ゴールデンウェイ・ジャパンの関連記事】
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ゴールデンウェイ・ジャパン▼
ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドル

◆ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~2.0銭 0.4~3.2銭 0.3~1.5pips 51ペア 1000通貨
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

◆JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~2.0銭 0.4~3.2銭 0.3~1.5pips 38ペア 1000通貨
【JFX「MATRIX TRADER」の関連記事】
■「JFX「MATRIX TRADER」」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら

◆外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2023年2月4日までのキャンペーンスプレッド
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!口座開設キャンペーンも実施中!

link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る