ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

新興国通貨急落でマーケットはリスクオフ。
トルコ中銀4.25%大幅利上げ効果は短命

2014年01月30日(木)16:36公開 (2014年01月30日(木)16:36更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■資源国通貨、豪ドルと加ドルの下落は続いている

 みなさん、こんにちは。

前回のコラムのとおり、2014年は「資源国、新興国から先進国」へと資金が還流するというのがマーケットのひとつのテーマ。

【参考記事】
巨額M&A!サントリーが米ビーム買収!少子高齢化と円安の隠れた関係とは?(1月23日、西原宏一)

 そのテーマのとおり、資源国通貨である豪ドルと加ドルの下落は続いていますが、その下落が徐々に加速してきました。

豪ドル/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 日足

米ドル/加ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/加ドル 日足

■下落を加速させたのは新興国通貨の急落

 豪ドルや加ドルの下落を加速させたのが、新興国通貨のアルゼンチンペソとトルコリラの急落です。

米ドル/トルコリラ 日足

(出所:CQG)

 先週(1月20日~)後半には、新興国通貨の1つ、アルゼンチンペソが2日間で約13%も暴落。

米ドル/アルゼンチンペソ 日足

(出所:CQG)

 この暴落のきっかけは、中国のシャドーバンキング問題にあるのですが、ここでは説明を割愛します。

 アルゼンチンペソに続き、南アフリカランドも急落。

■トルコ中銀は4.25%の大幅利上げで対応するが…

 この緊急時に、TCMB(トルコ中央銀行)は4.25%という緊急大幅利上げで対応。

【参考記事】
トルコが政策金利を4.25%上げて12%に! 暴落していたトルコリラが一転、急上昇!

 ただ、効果があったのは1月29日(水)のアジア市場のみ。大幅利上げは短期資金を呼び込むことができますが、株式市場にはマイナス。

 1月29日(水)には、SARB(南アフリカ準備銀行[南アの中央銀行])も0.5%利上げしましたが、通貨安は収まらず。

■豪ドル/米ドルのターゲットは0.85ドルから0.80ドルへ

 この動きに呼応して豪ドル/米ドルは、一時0.8658ドルまで下落し、スティーブンスライン(※)の0.85ドルまであと150ポイント。

 ただ新興国通貨の暴落により、豪ドル/米ドルのターゲットが0.85ドルから0.80ドルに下がってきています。

(※編集部注:「スティーブンスライン」とは、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])のスティーブンス総裁が「それ以上だと豪ドルが高すぎると思っている」と考えられるライン)

豪ドル/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 4時間足

 米ドル/加ドルは、1.1189ドルまで急騰し、高値メドの1.14ドルに向けて上昇が加速。

米ドル/加ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/加ドル 1時間足

 そして、一連の新興国通貨の急落が…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る