ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

雲の上限上抜けか!? ここ2、3日が大事!
ドル/円は、チャート的にも重要ポイントに

2016年10月06日(木)15:53公開 (2016年10月06日(木)15:53更新)
今井雅人

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■ニュースが複合的に重なって、小さな円安トレンドが出現

 先週(9月26日~)後半から今週(10月3日~)にかけて円安が進行しています。

 決定的な円安要因はありませんでしたが、さまざまなニュースが複合的に重なって、小さな円安トレンドとなりました。

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

■OPEC非公式会合の減産合意や年金の株買い・外貨買い

 まず、OPEC(石油輸出国機構)の非公式会合での減産合意です。

 それに関しては、前回のコラムで紹介したとおりです。

【参考記事】
OPEC原油「減産」合意でリスクオンだが、とりあえず影響は一時的とみる理由は?(9月29日、今井雅人)

 さらに今週に入って、9月決算を終えた後、新しい期に入った年金などが、株買い・外貨買いをしてきています。新規投資の分であると見られます。

■日銀の金融政策は、表面上は金融引き締めか

 もう1つは、日銀の金融政策に対する見方です。

 日銀は、今までの金融政策を大きく変えて、長期金利の水準をコントロールするという方針を取りました。これをどう考えるかは、見方が大きく分かれています。私自身は、今回の措置は単純な緩和ではないと考えていました。

 日本の長期金利は、すでにマイナスの水準になっています。その状態で長期金利をゼロあたりにコントロールすると言っているのですから、表面上はどう見ても金融の引き締めです。

 マイナス金利をゼロへもっていくためには、日銀は、毎日購入している国債の量を減らしていく必要があります。これを市場は、テーパリング(量的緩和の縮小)と取るのでないかと考えていました。

 また、いよいよ量的金融緩和に限界が来たのではないか?という印象も与えるのではないかと考えました。

■長い目で見れば、金融緩和なのでは? との見方で円安に

 実際に、当初市場は、そういう印象を持ったような反応を見せました。

 発表当日(9月21日)の値動きをみると、新たな政策が決定された直後こそ102.793円まで買い上げられたものの、海外市場に入ると一転して売り込まれる展開に。結局、100.293円まで急落しました。

 つまり、円安には反応しなかったわけです。

【参考記事】
日銀に手詰まり感。政策に新鮮味なし!年内にドル/円は95円あたりまで下落か!?

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 しかし、その後、時間が経過すると、これは逆に言えば長期的に長期金利を低水準に留めておく政策であり、むしろ長い目で見れば金融緩和ではないのか?という見方も出てきました。

 それによって、現在、円安が進んでいるという面もあります。

 また、9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る