ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

イベント重なる3月15日に注目! FOMCで
米利上げ決定、セル・ザ・ファクトとなるか

2017年03月06日(月)16:08公開 (2017年03月06日(月)16:08更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

■15日FOMCで利上げ、セル・ザ・ファクトへ

先週(2月27日~)は、急速に米利上げの織り込みが進みましたね。3月利上げの織り込み度は、週初には30%ぐらいだったのに、週末になると94%まで高まりました

(出所:Bloombergのデータを基にザイFX!編集部が作成)

来週15日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げは、ほぼ確実でしょうね。

【参考記事】
FRB要人発言で利上げの可能性高まる! それでも今、豪ドルに注目するワケとは? (3月2日、西原宏一)
米国追加利上げ可能性がググっと高まる! なのに、米ドルを買いきれないのはなぜ? (3月2日、今井雅人)

ただ、3日(金)の深夜、イエレンさんがダメ押しのように3月利上げを強調すると、米ドル/円は上がるどころか、反落しました。セル・ザ・ファクト的な動きと考えていいんでしょうか?

まだ、実際に利上げしたわけではありませんし、週末ということで手仕舞いしていた人もいたのでしょう。個人的にも、米ドル/円と日経平均のロングはいったん手仕舞いました。

米ドル/円 30分足
米ドル/円 30分足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 30分足

ですが、基本15日(水)までは押し目買い目線でいいと思います。先週(2月27日~)前半には3月利上げが絶望視され、米ドル/円は111円台ミドルでした。


週後半に急転回して3円以上も上げているため、まだ買えていない人も多いでしょう。最近は下げるときだけでなく、上がるときもスピードが早いですね。

■日足の雲から脱出も115円のオプションが上値を抑えるか

3日(金)の米ドル/円の高値は115円手前。112円から115円を中心にしたレンジを抜けていないですよね。

 

それに、「FOMCでの利上げをきっかけに円高へ転換」という動きは2015年12月にあり、2016年12月にもあったパターン。そんなにワンパターンになりますか?

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

金利次第かもしれないですね。最近の米ドル/円はNYダウにはさっぱり連動せず、もっぱら金利と連動しています。米短期金利や米長期金利が上がっていくのなら、115円を抜けて117円方向に上昇するのかなと。


先週(2月27日~)には米ドル建てのゴールドがトップアウトしたように見えます。これが、今後の米ドル高を示唆しているのかもしれません

NY金先物 日足
NY金先物 日足

(出所:Bloomberg)

ただ、依然として米ドル/円の115円には、40億ドル以上と目されるオプションが控えているようです。115円をブレイクするのはなかなか困難でしょう。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

■ドル/円は75日移動平均線を上抜けないと上がれない

私は今週(3月6日~)、さらに米ドルが上昇するシナリオには懐疑的です。日足で見た、75日移動平均線も理由のひとつ。去年前半、75日線にさんざん頭を抑えられていましたよね。


今回も、まだ米ドル/円は75日線の下。これをはっきり抜けてくれないと上がれないのかなって。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

テクニカルでいえば、一目均衡表の雲が今週(3月6日~)、ポイントになるかもしれないですね。先週(2月27日~)、一時は日足の雲を下抜けしかかったのですが、どうにか持ちこたえた。


今週8日(水)以降、雲が非常に薄くなるため、反対に上抜けしてくる可能性もあります。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

【参考記事】
雲の中のドル/円、上抜けは3月上旬ごろ? なぜユーロ/豪ドルの下落に今注目なのか? (2月23日、西原宏一)

■15日のオランダ総選挙では極右政党が第一党になる可能性

9日(木)にはECB(欧州中央銀行)理事会もありますが、オランダの総選挙が15日(水)に控えていることもあって、政策変更など大きな動きはなさそうですね。


翌10日(金)は米雇用統計です。

米雇用統計でよほど悪い数字が出ない限り、15日(水)の利上げはほぼ確実でしょう。


もしも、米ドル/円に下げる場面があれば拾いたいですが、来週(3月13日~)以降も上がるのではなく、15日(水)のFOMCはセル・ザ・ファクトとなるかもしれない

15日(水)はFOMC以外にもイベントが重なります。まずはオランダ総選挙。極右政党の自由党が第一党となる可能性も高まっていますが、オランダでは少数政党が乱立しているため、極右の自由党が連立相手を見つけるのは難しいようです。

米国の連邦債務上限の引き上げも15日(水)が期限ですよね。

ムニューシン財務長官が臨時措置による期限延長を明言したので多分、大丈夫。


むしろ、気になるのは東芝の決算です。2月14日(火)の発表延期の際に「1カ月以内に発表する」としていますので、おそらく3月14日(火)には出てくるでしょう。さすがに、さらなるネガティブサプライズはないと信じたいですが……

【参考記事】
東芝1兆円損失の可能性がドル/円に波及。115円付近が当面の高値となるかも… (2月20日、西原宏一&大橋ひろこ)

■3月15日前後が相場の転換点となるか

16日(木)には日銀、BOE(イングランド銀行)の金融政策発表もありますし、15日(水)前後はイベントが集中しますね。


米ドル/円のシナリオとしては、利上げを織り込んでの上昇と、15日(水)FOMCでのセル・ザ・ファクトを想定し、今週(3月6日~)は押し目買いでいきたいと思います

15日(水)前後にリスクイベントが集中しているので今週(3月6日~)は調整、米ドル/円の上昇は、イベント通過であく抜けした15日(水)以降から、というシナリオも考えられますよね。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

いずれにせよ、重要な節目となるのは15日(水)。しっかりと自分の戦略を組み立ててトレードしてください。

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る