ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル/円の今年のレンジはかなり狭い!
10年ごとに起こる金融ショックに警戒!?

2017年10月03日(火)13:03公開 (2017年10月03日(火)13:03更新)
バカラ村

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米税制改革案の内容悪くないが、米ドル/円は伸び悩む

 9月27日(水)に、米国の税制改革案が公表されました。

 改革案には法人税率を20%へ、また、個人の課税が3段階に簡素化されて、最高税率を35%に引き下げることが盛り込まれました。

 この内容は事前に報道されていたこともあり、また、トランプ大統領は当初、法人税率を15%に引き下げることを目指していたこともあって、発表後の米ドル/円は112.37円まで下がりました

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(出所:Bloomberg)

 法人税率の引き下げ案は、トランプ大統領が目指す15%とはなりませんでしたが、内容としては悪くないと思え、株式市場などには好感されるはずだと思います。

【参考記事】
ドル高の可能性高まる! 長期金利が異常な上昇!? ドル/円は114円台半ば目指す動きに(9月28日、今井雅人)
トランプ氏への過小評価が撤回され米ドル上昇へ! 米ドル高を徹底的にフォローせよ(9月29日、陳満咲杜)

 ただ、これまでのトランプ大統領の行動から、市場は税制改革案の実現性に疑問を持っているようで、米ドル/円を買い上げていきにくい状況となっています。

 税制改革案の発表前は、その期待から米ドル/円は113.25円まで上昇し、昨日、10月2日(月)も113円台をトライしましたが、なかなか113円台に定着できず、112円台での推移が続いています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

(※編集部注:本記事の寄稿後、10月3日(火)の東京時間に米ドル/円は一時、113.17円付近まで上昇した)

■次期FRBは誰に? 米ドルへの影響は?

 9月29日(金)には、トランプ大統領が次期FRB(米連邦準備制度理事会)議長の指名を巡り、元FRB理事でタカ派のケビン・ウォーシュ氏と対談したことが明らかになり、同氏が議長候補の1人に浮上したことで米ドルが上昇しました。

 9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で公表されたドットチャート(※)の中央値からは、来年(2018年)は3回の利上げが示唆されていましたが、市場はまだそれを織り込んでおらず、FRBメンバーに空席があることや、次期FRB議長が誰になるかによって、今後の利上げ回数が変わる可能性が出てくるため、市場が注目している材料の1つとなっています。

(※編集部注:「ドットチャート」とは、FOMCメンバーのFFレート誘導目標の見通しを分布図で示したもの)

2017年9月FOMCで示されたドットチャート
2017年9月FOMCで示されたドットチャート

(出所:FRB)

 トランプ大統領は、次期FRB議長を「2~3週間以内に決める」と発言していることもあり、誰が選ばれるかで米ドルの強さが変わることになります。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

■衆議院選の結果が米ドル/円やクロス円のカギに

 日本では、10月22日(日)の衆議院選に注目が集まっており、その世論調査の結果で、株式市場や円相場が動いています。

【参考記事】
解散総選挙は「株高・円安」になりやすい! 米ドル/円、英ポンド/円は押し目買いか(9月26日、バカラ村)

 6月8日(木)の英総選挙のときは、メイ首相が与党の議席数を増やすために解散総選挙を実施しましたが、結果は解散前から議席数を減らすこととなりました。

【参考記事】
圧勝するつもりの選挙で過半数割れ!? 英総選挙で保守党敗北、英ポンドは急落!

 今回の日本の衆議院選も同じように、蓋を開けてみるまではどうなるかわからず、与党が勝つのか、野党が勝つのかによって、米/ドル円やクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の動きは変わることになります。

【参考記事】
本邦解散総選挙と北朝鮮情勢の綱引き!? 英ポンド/円買いに妙味がある理由とは?(9月25日、西原宏一&大橋ひろこ)
円安トレンド回帰で米ドル/円は118円へ! 続落サイン点灯!? ユーロ/英ポンドに注目(9月28日、西原宏一)

 通常、選挙前の株価は底堅く、円は安くなりやすいことが多いので、現在の米ドル/円も選挙前で底堅い展開が続いています。しかし、買い上げていくほどの勢いもなく、クロス円も調整気味の動きとなっています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

■レンジ想定も金融ショックには警戒!?

 今週(10月2日~)から10月相場がスタートし、年末に向けては米国の税制改革の実現性や次期FRB議長の指名、12月利上げの可能性など材料が豊富ですが、米ドル/円の114円~115円にはレジスタンスもあり、年末までは110円~115円のレンジが続くのではないかと考えています。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 懸念材料としては、今年(2017年)の米ドル/円は107円台~118円台と約11円の値幅しか動いておらず、これは、例年から考えるとかなり狭いレンジ幅となっていることです。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

 また、マーケットでは10年ごと(※)に大きな金融ショックが起きており、そのサイクルが今年(2017年)に当てはまることからも、市場が楽観的になったときに急落するという可能性も考えておくべきかと思います。

(※編集部注:1987年はブラックマンデー、1997年はアジア通貨危機、2007年はサブプライム問題が発生し、金融市場が混乱する事態となった)

 今週(10月2日~)から、年末に向けての相場が始まったことになりますが、米ドル/円は基本的に110円~115円の推移が続くと考えています。ただ、例年と比べて年間の値幅が狭いことから、突発的な材料が出たときは、大きく動く可能性もリスクとして考えておくべきかと思います。

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る