ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
仮想通貨取引所おすすめ比較!

ひろぴーが検証! DMM BitcoinとDMM FXの
スマホアプリ、使い心地は同じなの?

2018年03月17日(土)08:45公開 (2020年12月14日(月)11:21更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 今回はザイFX!でもおなじみ、億り人になった脱サラトレーダー、ひろぴーさんが登場! FX経験者は暗号資産FXで有利な立場になれると言うひろぴーさんに、DMM Bitcoinのスマホアプリをレビューしてもらいながら、相場の特徴やテクニカル分析を交えて、実際にトレードした結果も披露していただいています(ザイFX!編集部)。

※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください。


 こんにちは、ひろぴーです。

 今回はFXのDMM.com証券でもおなじみ、DMM.comグループが運営する暗号資産事業者、DMM Bitcoinのサービスについてご紹介したいと思います。

【作成日時:2018年3月7日→最終確認・更新日:2020年12月14日】

>>>DMM Bitcoinの最新スペック詳細はこちらをご覧ください

■11種類の暗号資産が取引可能! スプレッドは?

GMOコインの永遠のライバルとなるであろう、DMM Bitcoinの暗号資産FXが、2018年1月にリリースされました。

DMM Bitcoin「レバレッジ取引」と命名しているそうですよ!

DMM Bitcoinの公式サイト
DMM Bitcoinの公式サイト

レバレッジは5倍(※)なのですが、BTC(ビットコイン)をはじめ、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、XEM(ネム)、ETC(イーサリアムクラシック)、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ステラ・ルーメン(XLM)、モナーコイン(MONA)、ベーシック アテンション トークン(BAT)、クアンタム(QTUM)の11種類の暗号資産をリリースしており、すべて円建てで取引が可能です(※)

(※編集部注:DMM Bitcoinのレバレッジは、2018年12月より4倍に変更されております)

(※編集部注:DMM BitcoinではETCを「イーサクラシック」と呼んでいる。また、11種類の暗号資産の対円銘柄のほかに、イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)、リップル/ビットコイン(XRP/BTC)など暗号資産同士の銘柄も含めると、計18銘柄のレバレッジ取引が可能)

DMM Bitcoin・iPhoneアプリ  レート一覧画面
DMM Bitcoin・iPhoneアプリ  レート一覧画面

 しかし、残念ながらアルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)のスプレッドは、まだまだ広めです。

BTCのスプレッドは1500円~6500円ぐらいで推移することが多く、スプレッドが取引価格の1%を切っているので許容範囲なのですが、アルトコインはちょっと広すぎる印象がありました。

 アルトコインの中ではもっとも狭く推移するBCHやETHでさえも、取引価格の3~5%ぐらいのスプレッド配信率です。その他は7~11%程度になっております。

 ただ、暗号資産はスプレッドの広さを忘れさせてくれるぐらいのボラティリティがありますので、スイングトレードで利益を上げやすいのは確かです。

 10年以上前は、FXで英ポンド/円のスプレッドが20銭以上あったように、まだまだこれからの業界です。発展に期待しましょう!

■アプリの使い心地はバツグン! サーバーダウンもなし

 以下はスマホアプリのビットコイン/円(BTC/JPY)レバレッジ取引の、日足チャートと発注画面になります。

DMM Bitcoin・iPhoneアプリ 日足チャート画面(左)と発注画面(右)
DMM Bitcoin・iPhoneアプリ 日足チャート画面(左)と発注画面(右)

DMM.com証券[DMM FX]のスマホ版アプリと変わらない、使いやすさが目立ちます。

 もちろん、指値注文やIFO注文(※)も完備されており、FXのトレードと何ら変わりない使い心地です。

(※編集部注:「IFO(if done,one cancel the other)注文」とは、新規の指値注文とあわせて、その注文が成立した時の利益確定の指値注文と損失限定の逆指値注文を同時に自動的に出せる注文方法)

他社はいまだにスマホアプリも完備されていないところばかり(※)でして、業者によっては、IFO注文すらないのが現状です。

 FX経験者が初めて暗号資産取引を試される時は、軽くカルチャーショックを受けると思います(笑)。

(編集部注:GMOコインには「ビットレ君」という暗号資産FX専用のスマホアプリがある。以下の【参考記事】では、ひろぴーさんが「ビットレ君」の使い勝手を紹介してくれているので、ぜひ参考にしてください)

【参考記事】
暗号資産で億り人になったひろぴーが語る米ドル/円よりビットコインが儲けやすいワケ

 また、急な値動きや変動が起こると、すぐにサーバーがダウンしてしまう国内業者は多いのですが、DMM Bitcoinではサービスリリース後に、こういった不具合を今のところ体験しておりません

 この調子で、サービス水準の維持に期待したいところです。

■300円あればできる!? おすすめの必要証拠金はいくら?

 ちなみにDMM Bitcoinの最低取引単位は、0.001BTCです。ここでは1BTC=120万円で取引されていると仮定します。

 現物取引では0.001BTC=1200円となりますが、レバレッジ取引では5倍(※)のレバレッジで取引できますので、この5分の1の証拠金で済むわけです。極論すると、300円あれば取引できるというわけですね。

(※編集部注:DMM Bitcoinのレバレッジは、2018年12月より4倍に変更されております)

初めてBTCのレバレッジ取引を楽しむのならば、証拠金が1~3万円もあれば十分なのです。

 ただし、多少の利益を得て収益を上げた感覚を得たい方は、証拠金を5~10万円程度、ご準備されると良いでしょう。

 これなら、1BTC=120万円と仮定すれば0.1BTCは12万円ですので、口座に6万円を入金しておけば、純資産額との比率ではレバレッジ2倍の計算で0.1BTCのポジションが取れるようになります。

 これでも、BTCの価格が10万円変動するだけで1万円の差損益になりますから、証拠金管理には十分注意してくださいね!

■ビットコイン/円の反転を狙って実際に取引してみた!

 さて、毎度おなじみのコーナーですが、自腹で実践取引をしてみましょう(笑)。

 今回は2018年2月上旬~中旬ごろの、ビットコイン/円の値動きでテクニカル分析とトレードをしてみました。

ビットコイン/円 4時間足
ビットコイン/円 4時間足

 当時はビットコイン/円の反転を狙って、買い場を探しておりました

 4時間足チャートを眺めていたのですが、ローソク足が切り下がっている下落トレンドだったものの、MACDは反発傾向にあり、戻りも大きくなってきた局面でした。

 戻り売りも、もう一度試してみたいタイミングでしたが、トレンド反転を狙ってロング(=買い)のシナリオで勝負です。

 直近の安値もボリンジャーバンドの中心線にサポートされたので、この付近をバックに80万円割れを限度としてロングを仕掛けてみました。

DMM Bitcoin・iPhoneアプリ 取引履歴
DMM Bitcoin・iPhoneアプリ 取引履歴

 運良く、85万円台で拾ったポジションはあっさり上昇。ストップロスの逆指値注文を切り上げて、リミットを決めます。

FXと同じく、プライスの大きな節目で止まりやすいのは、暗号資産も例外ではありません。

 よって、ビットコイン/円は100万円を簡単には抜けないと判断して、その手前で一度、利食いを実施しました。98.8~99.8万円ぐらいが、理想のリミットターゲットでしょうか?

ビットコイン/円 4時間足
ビットコイン/円 4時間足

 100万円を最終的には抜けていったものの、上値をブレイクするまで2日ほどかかりました。一度、利食いを実施して正解でした。

■米ドル/円といっしょ? 教科書どおりのトレードがかなり有効

 MACDもゼロライン付近より少し上で停滞し、徐々に上昇トレンドのエネルギー蓄えていたため、押し目は浅いパターンも想定をしておりました。

 もう一度ロングで入れるか様子見をしたところ、思った以上に堅調でした。ボリンジャーバンドのエクスパンション(拡大)を狙って、再度ロング開始です。

DMM Bitcoin・iPhoneアプリ 取引履歴
DMM Bitcoin・iPhoneアプリ 取引履歴

 92万円台で1ポジション、そして100万円ブレイク寸前で、追撃として少額の買いポジションを追加して再勝負しました。

 結果、また含み益となりました。

 このように見ていると、米ドル/円のチャートと同じように見えませんか??

ダマシもFXと比較して圧倒的に少ないため、意外とテクニカルの教科書どおりにトレードをしていると、収益を上げやすいことがあります。

 スプレッドが広いのはネックですが、それでも数日間のスイングトレードでしたら、十分に収益を上げることができますので、ぜひ試してみてくださいね!

■FX経験者は暗号資産取引で圧倒的に有利!?

 Twitterを見ていても、暗号資産市場で収益をサクサク上げられている方は、FXトレーダーが多いように感じられます。

 前述しましたとおり、ダマシも非常に少なく、レジスタンスラインやサポートラインが良く機能することが理由でしょう。

 今はまだAI(人工知能)やアルゴリズム取引(※)がほとんど暗号資産市場に走っておりませんので、個人投資家同士の戦いが向こう1~2年は中心となるでしょう。

非常にやりやすい相場が、今後も続くはずです。

(※編集部注:「アルゴリズム取引」とは、あらかじめ決められたルールにしたがって、システムが高速で自動的に売買を繰り返す取引のこと)

ザイFX!読者のみなさんも、日頃FXで培ったトレーディング力を、暗号資産市場で試されてはいかがでしょうか?

 ぜひ、暗号資産市場へ腕試しに参入してきてくださいね!

>>>DMM Bitcoinの最新スペック詳細はこちらをご覧ください

【参考コンテンツ】
「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに
ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?


 ひろぴーさんは「FX取引ツールを本音でレビュー」のコーナーにこれまでたくさんご寄稿いただいています。ぜひ、こちらの記事もご覧ください!

【参考コーナー】
FX取引ツールを本音でレビュー

 また、DMM Bitcoinに関しては、以下の【参考記事】もぜチェックしてみてくださいね。

【参考記事】
DMM Bitcoinを徹底調査! アルトコインが豊富なFX(レバレッジ取引)のスプレッドは?

(ザイFX!編集部)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 今回、ひろぴーさんが紹介してくれたDMM Bitcoinでは、新規口座開設キャンペーンが実施されています。2021年1月1日(金)までのキャンペーン期間中に、DMM Bitcoinの新規口座開設を完了すると、もれなく現金1000円がプレゼントされます!

DMM Bitcoin公式サイト

 口座開設だけで1000円がもらえるのは、とってもうれしい特典ですね。DMM Bitcoinの最低取引単位とレバレッジを考えれば、この1000円を元手に暗号資産FXをお試し感覚でトレードすることもできそうです。

 この機会に、取り扱い銘柄数が多く、スマホアプリの使い勝手もバツグンなDMM Bitcoinの口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、DMM Bitcoinのウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>DMM Bitcoinの最新スペック詳細はこちらをご覧ください

コインチェック
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行 メキシコペソ比較
ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る