ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

日銀は長期金利上昇を条件つきで容認!
米ドル/円の下値余地は徐々に拡大へ…

2018年08月02日(木)16:52公開 (2018年08月02日(木)16:52更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■4.8%ではなかったが、4.1%と米GDPは上々の結果に

 みなさん、こんにちは。

 7月後半の相場はまず、トランプ大統領が「(米国が)Best financial numbers on the Planet」(地球上で一番の財務指標である)とコメントしたことが話題に。

 FOX Business(米FOXニュース)によれば、トランプ大統領は周辺に、「GDP成長率が4.8%に達する」との見通しを示したと報じられていたため、7月27日(金)発表予定の米GDPとの関連がウワサされていました。

 トランプ大統領がGDPの数字にこだわるのは、前米大統領のオバマ氏が残した数字が影響しています

 1969年からの歴代米大統領は、GDPで年率3.00%超えを達成しています。しかし、残念ながらオバマ氏は、GDPの年率3.00%超えを達成できませんでした

オバマ大統領在任期間中の米国のGDP成長率(年率)

(出所:Bloombergのデータを基にザイFX!編集部が作成)

 オバマ氏を意識してか、トランプ大統領は公約の1つとして、GDPの年率3.00%達成を挙げています

 そして、7月27日(金)に発表された、2018年第2四半期速報値のGDPは、4.8%こそ達成できませんでしたが、年率換算で前期比4.1%増加と上々の数字が報道されました。

米国GDPの推移

(出所:Bloombergのデータを基にザイFX!編集部が作成)

 これを踏まえて重要なのは、米中間選挙前に発表予定の第3四半期のGDPの数字

 仮にこの数字が好調であれば、トランプ政権はGDPで年率3.00%超えを達成する可能性が高まり、中間選挙に向け、トランプ大統領率いる共和党政権に弾みがつきます。

 GDPの大幅改善は、米ドルの底固め要因となります。

■注目された日銀会合の結果はどうだった?

 7月31日(火)、日銀金融政策決定会合が終了しました。

 今回の会合は、下記のような事前報道があったことで、日銀の決定に対して大きな注目が集まっていました。

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標の柔軟化など=関係筋

出所:ロイター

 関係筋と記載されているので、日銀のリークであると推測されたためです。

 その結果ですが、まず、以下のとおり、金融政策を微修正しました。

(1)長期金利を柔軟化(±0.1%→±0.2%)

(2)マイナス金利の適用範囲を縮小(約10兆円→約5兆円)

(3)ETF購入でTOPIX連動型を増加

 ここまではマーケットの予測どおりで、前述の記事が日銀のリークだということがわかります。

 大きな変更ではありませんが、日銀は長期金利の一定幅の上昇を容認したということであるため、円高要因です。

 ただ、日銀はもう1つ、サプライズを要因していました。

 それは、フォーワード・ガイダンスを導入したこと。

 具体的には、「2019年10月に予定されている消費税引き上げの影響による不確実性を踏まえ、当分の間極めて低い長期金利の水準を維持」するとのこと。

 結果としては、「長期に渡って低金利は続きますよ」と言っているわけです。

 今回の日銀の発表は巧妙で…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る