ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

今週も米ドル/円は戻り売り方針を継続!
111円台前半で止まらず、下げ幅拡大か!?

2018年10月16日(火)12:37公開 (2018年10月16日(火)12:37更新)
バカラ村

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■NYダウが下落し続けるのは考えにくい!?

 NYダウは10月3日(水)を高値に、先週(10月8日~)も下落が続きました。

 米長期金利が、10月9日(火)に、一時3.26%付近へ上昇し、その影響から株式市場の下落が続いている状況です。10月10日(水)のNYダウは、史上3番目の下げ幅となる下落をしています。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足

(出所:Bloomberg)

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

 米長期金利が今後も上昇傾向であることから、株式市場は軟調になりやすいのですが、ただ、経済状況が変わったわけではないため、このまま下降トレンドになるとは考えにくいです。

 米中の貿易戦争や覇権争いという材料も影響していますが、上昇トレンドに戻りにくいという程度で、売られ続けるということはないように思います。

■ムニューシンは日本に為替条項を求めたが…

 先週末(10月13日)に、ムニューシン米財務長官から、通商協議で「日本にも為替条項(※)を求める」との発言が出てきました。

(※編集部注:「為替条項」とは、貿易における輸出の競争力を高める目的で、為替介入などによって自国通貨安に誘導することを防ぐ取り決めのこと)

 これまで、日本に対しては為替条項を求めてこないと考えられていましたが、この発言の影響もあり、10月15日(月)の日経平均は、さらに下落しました。

【参考記事】
世界的に株価脆弱で、ドル/円は戻り売り! 米国は中国を為替操作国に認定するのか!?(10月15日、西原宏一&大橋ひろこ)

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:Bloomberg)

 ただ、為替市場に関しては小動きで、米ドル/円は111.62円で下げ止まっています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 もっと下げてもいいような内容の発言だと思いますが、市場では、為替条項を入れない代わりに、自動車への関税や他の輸入品の数量を増やすのではないかという見解もあります。そのため、為替市場への影響は、今のところ軽微になっているのです。

 ただ、為替条項が入るかもしれないという懸念は残るため、今後も円安になりにくい状況は続くと考えています。

■米ドル/円は買いに偏ったまま!

 CFTC(全米先物取引委員会)が発表するIMM(国際通貨先物市場)のポジション動向では、10月2日(火)時点は投機筋の米ドルに対する円の売り越しが11.4万枚に偏っていました。

 そして、先週末に(10月13日)発表された10月9日(火)時点は11.5万枚と、売り越しが増えています

IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)10月9日時点
IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)10月9日時点

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

 10月2日(火)から10月9日(火)にかけて、米ドル/円やクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は下がっていることから、通常は、円売りが減っていても良いような状況ですが、円買いの方がより減ったことで、ネット(差し引き)では円売りが増えている状況です。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

■米ドル/円の戻り売り方針を継続

 まだ、11万枚も円売り越しに偏っていることやムニューシン米財務長官の発言から円安に推移しにくい状況であること、また、米ドル/円がテクニカル的に114円台から下がってきていることから、まだ円高になりやすい状況だと言えます。

【参考記事】
IMMの危険水準は円10万枚、ユーロ15万枚、英ポンド10万枚だが、さらに確認すべきは?
IMMの円売り越し13.6万枚! この数字が10万枚を越えると米ドル/円は調整しやすい(2017年11月21日、バカラ村)

前回のコラムで、米ドル/円は「前回2回のときの調整の下げが、約3.3~3.4円となっていることから、まずは、111円台前半までの下げがあるのではないかと考えています」とお伝えしましたが、111円台前半で下げ止まらず、昨年(2017年)7月や、11月の円売り越しが解消したときと同様の下げ幅が期待できるのではないかと考えています。

【参考記事】
米ドル/円は111円台前半へ調整の可能性! 投機筋の円売り越しが注目の水準に迫る!?(10月9日、バカラ村)

IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)10月9日時点
IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)10月9日時点

※CFTCのデータを基にザイFX!が作成

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

米ドル/円は、戻り売り継続で考えています。

■Brexit協議はギリギリで合意!? 英ポンドは?

 今週(10月15日~)は、18日(木)にEU(欧州連合)首脳会議(サミット)もあります。

 Brexit(英国のEU離脱)交渉も、最終局面に入ってきており、英ポンドはヘッドラインで乱高下しやすい状況です。

英ポンド/米ドル(左)・英ポンド/円(右) 日足
英ポンド/米ドル(左)・英ポンド/円(右) 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 日足

 早ければ、10月15日(月)にも合意するのではないかとの報道もありましたが、現在はまだ合意できておらず、期限ギリギリまで、合意はないのではないかと思います。

 それもあって、英ポンドは下がりやすいのではないかと思っていますが、期限ギリギリで合意にたどりつくのではないかと考えています。

 ただし、リスクが高いため、英ポンドに関しては、あまり手を出したくないと考えています。

今週(10月15日~)も引き続き、米ドル/円の戻り売りで考えています。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る