ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

DMM.com証券[DMM FX]ではザイFX!限定4,000円が1取引でもらえる!

バックナンバー

みんなまだ知らない中国人民元の謎に迫る!
第1回 米中貿易戦争激化で大儲けする方法

2019年07月31日(水)東京時間 15:32

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 G20大阪サミットの際に行われた米中首脳会談でいったんは落ち着きを見せた米中貿易戦争だが、その後もその成り行きはマーケットの注目を集め続けている。

 米国と中国のみを指す「G2」という用語さえあるように、世界経済における中国の存在感は極めて大きい。けれど、中国という国がそれだけの存在感を示しているというのに、「FX界における中国人民元という通貨」はFXトレーダーの間ではあまり注目されていない。

みんながよく知らないうちに中国人民元の情報を仕入れておけば、儲けのチャンスが広がるのでは…!? 今回はネコ井口こと、ザイFX!編集長の井口稔トレイダーズ証券の為替ディーラー・井口喜雄さんに中国人民元のことを根掘り葉掘り聞いてみた。

みんなまだ知らない中国人民元の謎に迫る!
第1回 米中貿易戦争激化で大儲けする方法

井口さん、今日はよろしくお願いします。僕も井口ですが…。

私も井口です。井口さん、どうぞよろしく!

トレイダーズ証券・井口喜雄氏プロフィール

■中国は為替操作をしているのか?

米国が年2回発表する為替報告書ってありますよね。あの為替報告書では毎回、どの国が為替操作国に認定されるかが話題になります。2019年5月末に発表された為替報告書で中国は為替操作国に認定されませんでした。

 

でも、普通の日本語の感覚で言えば、中国はまさに為替を操作してるんですよね~?

中国は為替操作をしています(笑)。ただ、以前と比べると中国当局も変わってきて、マーケットの値動きを重視していると思います。なにせ、世界第2位の経済大国ですからね。

 

中国人民元は前営業日のレートなどを参考に、中国の中央銀行である中国人民銀行が毎営業日、中国時間の午前9時15分(日本時間の午前10時15分)に主要通貨に対する基準値(中間レート)というものを発表します。その後の動きはマーケットに任せられるのですが、ただ、その日は対米ドルの基準値から上下2%の範囲しか変動しないことになっています。

■中国人民元にはCNYとCNHの2種類がある

あと、中国人民元には2種類あって、今、話したのは中国本土の居住者が中国本土で取引しているオンショア人民元(CNY)についてのことです。もう1つの中国人民元は香港などで取引されているオフショア人民元(CNH)です。

【CNYとCNHに関する参考記事】
知ってた? 結構色々なFX会社で取引できるロシア、中国、トルコなどの新興国通貨

CNHには為替レートの値幅制限はないものの、CNHはCNYの動きと関係なく動き回っているわけでもありません。両者の為替レートは厳密には異なりますが、今現在はおおよそ同じようなレートになっています。

オンショア人民元(CNY)と
オフショア人民元(CNH)を比較
名称 オンショア人民元
(CNY)
オフショア人民元
(CNH)
取引される場所 中国本土内 香港を中心とした中国本土外
取引参加者 中国本土内居住者 おもに中国本土外居住者
1日の変動幅 制限あり
(基準値に対して±2%)
制限なし
売買規制 規制あり 規制なし

日本国内のFX会社で扱われてきた中国人民元の多くはCNHの方です。そして、トレイダーズ証券が2019年3月から取扱いを開始した中国人民元もCNHです。

【参考記事】
中国人民元/円など3通貨ペアが新登場! スワップは高い? セクシー鈴木奈々って!?

中央銀行が毎営業日、基準値を発表していたり、CNY、CNHと異なる2種類のものがあったり、基本的には自由に変動している米ドルや円のような通貨と中国人民元にはやっぱり違うところがあるんですね。

為替操作云々ということについて言えば、主要先進国では、為替相場への直接的な実弾介入は近年あまりありませんが、たとえば、日本だってユーロ圏だって、金融緩和の隠れた目的として通貨安にしたいということはあるでしょうから、為替を操作しているようなものですよ。表向きは絶対そう言いませんけどね。

 

トランプさんなんか、ツイッターで言いたい放題。よっぽど為替操作しているのでは…と思わなくもないです(笑)。

そういえば、ガッツリ為替介入していたのに、突然や~めたと放り出した先進国もありましたね。2015年のスイスショックでは…

いや~、スイスショックのときは私も現場で冷や汗をかきました。

スイスショック時のユーロ/スイスフラン 5分足(2015年1月15日)
ユーロ/スイスフラン 5分足(2015年1月15日)

SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])は、ユーロ/スイスフランについて、1ユーロ=1.2000フランに設定していた防衛ラインを為替介入によって守っていたが、2015年1月に突如撤廃。ユーロ/スイスフランは歴史に残る大暴落を演じた。この騒ぎは「スイスショック」と呼ばれている
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 5分足

【参考記事】
ユーロ/スイスフランが約3800pips大暴落! スイス中銀が防衛ラインの撤廃を発表!
プライスが消えた…。現役インターバンクディーラーが語ったスイスショックの瞬間

■ほとんどの月足が陰線! 着実に中国人民元高が進んだ時代

米ドル/円は大昔、1ドル=360円という固定相場制の時代がありましたが、中国人民元も固定相場みたいなときがなかったでしたっけ? 中国人民元相場の歴史をちょっと教えてもらえませんか。

中国人民元の通貨制度はいろいろと変わってきているんですが、ここ20年ぐらいの話をすると、1997年から2005年までは昔の円と同じように「米ドルとの固定相場制」だったんです。そのころは1ドル=8.28元ぐらいでした。

 

2005年7月に人民元改革が行われ、中国人民元は2.1%切り上げられ、同時に「通貨バスケットに対する管理変動相場制」に変わったんです。このころの1日の変動幅は上下0.3%まででした。

中国人民元の通貨制度について話す井口氏。長い間「米ドルとの固定相場制」が続いてきたが、2005年7月の人民元改革により中国人民元は2.1%切り上げられた

中国人民元の通貨制度について話す井口氏。中国人民元は長い間、米ドルとの固定相場制が続いてきたが、2005年7月の人民元改革から大きく変化しだした

管理変動相場制というのは為替相場をある程度は自由に動いてOKとするけれど、ある程度は管理するというものですね。これに対して、米ドルやユーロや円は基本的には自由に動く通貨なので、自由変動相場制ということになります。

 

また、通貨バスケットというのは米ドル、ユーロ、円など主要通貨で構成されたもの。米ドルに対する中国人民元相場をコントロールするのではなく、主要通貨で構成された通貨バスケットに対する中国人民元相場をある程度、コントロールしようということになります。

【固定相場制、管理変動相場制に関する参考記事】
固定相場制(ペッグ制)が招いた悲劇!? 香港ドルなどの取扱い停止はなぜ増えた?

米ドル/中国人民元の長期の月足チャートを見てみると、2005年7月から3年間は着実に下がっていますね。つまり、米ドルに対して中国人民元高が着々と進行していたということですね。

米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足
米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足

(出所:Bloomberg)

自然な上下動がなく、ほとんどの月足が陰線になってますね。このころは相場の“管理”が厳しかったと感じます。

いや~、このとき、中国人民元、買いたかったな~。国策に売りなし!って言いますしね。国が管理して徐々に通貨高になってくれるんだったら楽勝ですよね。なんで、トレイダーズ証券さんはこのころ、中国人民元の取扱いを開始してくれなかったんですか!?

先ほど中国人民元は2種類あるという話をしましたが、そのころは基本的に中国本土居住者しか取引できないオンショア人民元(CNY)しかなかったんですよ。今、トレイダーズ証券が取り扱っているオフショア人民元(CNH)が香港市場で本格的に立ち上がったのは2010年7月のことなんです。

■2014年以降、中国人民元のチャートが割と自然になってきた

そうだったんですね。残念だったな~。

 

ところで、CNHがスタートしたのは2010年7月とのことですが、米ドル/中国人民元の月足チャートを見ると、その前、数年間はチャートがしばらく完全に横ばいになっていますね。

リーマンショックの前後の期間ですね。2008年7月から2010年6月まではリーマンショックを頂点とするサブプライムショックの影響で、1ドル=6.83元程度の固定相場制になっていました。

米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足
米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足

(出所:Bloomberg)

その後、2010年6月に通貨バスケットに対する管理変動相場制に再び戻り、1日の変動幅は0.5%と以前と比べて少し拡がりました。1日の変動幅は次第に拡がっていき、2014年3月からは上下2%になっています。そして、それが現在まで続いています。

2010年6月から2013年末までのチャートも結構、人為的に米ドル安・中国人民元高が進んできたように見えますが、2014年以降は米ドル高・中国人民元安の動きも起こってきて、割と自然な感じのチャートに見えますね。

【参考記事】
実はチャイナショック時以上にひたひたと進んでいる中国人民元安。その理由は?

米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足
米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足

(出所:Bloomberg)

そうですね。中国人民銀行が毎営業日、基準値を決めるということ自体は変わっていませんが、マーケットを意識する度合いが強まっているのではないでしょうか。

 

中国人民元は当局の管理下に置かれていて難しいというイメージを持たれている人もいると思いますが、近年はだいぶ変わってきていると思います。これぐらいの動きで当局が管理している状態は、トレーダーとしてはやりやすい気もしますね。

ただ、米ドル高・中国人民元安の動きは1ドル=7.0元のあたりで2~3回止まって反落していますね。

1ドル=7.0元は中国当局が死守したい防衛ラインと言われています。そこに近づくと、当局の操作が強くなるのかもしれません。

米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足
米ドル/中国人民元(USD/CNY) 月足

(出所:Bloomberg)

■米中貿易戦争はこれからどう展開していく?

ところで、G20大阪サミットの際に米中首脳会談が行われ、米中貿易交渉は再開、米国による中国への追加関税は見送り、ファーウェイへの制裁も一部解除ということで、米中貿易戦争はいったん休戦したように見えます。

 

今後の米中貿易戦争はどう展開していくと見ていますか?

確かに最悪の事態は避けられましたね。ただ、米ドル/円などは米中首脳会談のあと、上窓を開けて上昇しましたが、2~3日ぐらいでしっかり窓を埋めて、元の水準に戻ってしまいました。

米ドル/円 4時間足(2019年6月末~7月はじめ)
米ドル/円 4時間足(2019年6月末~7月はじめ)

(出所:Bloomberg)

一時的にリスクオン方向に反応したものの、完全な解決への道筋が描かれているわけではないことをマーケットに見透かされていると感じます。

 

個人的にもこのままシンプルに米中が合意に向かっていくという筋書きは到底信じられません。貿易不均衡の問題だけでなく、知的財産権のことも話題になっていますし、2つの超大国の覇権争いという様相ですから、両国が引くに引けない戦いになっていると思っています。

米中の争いはまだまだ続いていくのか…。写真はG20大阪サミットの際に行われた米中首脳会談でのトランプ大統領と習近平国家主席 (C)Visual China Group/Getty Images

米中の争いはまだまだ続いていくのか…。写真はG20大阪サミットの際に行われた米中首脳会談でのトランプ大統領と習近平国家主席 (C)Visual China Group/Getty Images

トランプ政権の内部では、中国に対してタカ派の人のスタンスは変わっていません。中国としても安易に譲歩すれば、習近平政権の基盤を揺るがしかねないので強気スタンスを取らざるを得ません。関税のかけあい、脅しあいが続き、ギリギリのところで落としどころを探るような交渉が長期に渡って続いていくのでは…と思っています。

この米中の争いはいったい、いつまで続くんですかね~?

トランプさんの任期中はずっと続くのではないですか。次も大統領選に当選したら、あと5年です。

井口氏は米中貿易戦争について、トランプ大統領の任期中、ずっと続くとの見方を示している

トランプさんがツイッターで「合意が近い」とかつぶやいてリスクオンになったと思ったら、しばらくしてそれがひっくり返されてリスクオフになったり…。それが彼のやり方なので、これからもその繰り返しになると思うんです。

 

今はいったん米中の争いは落ち着いていますが、米中貿易戦争の懸念が高まってくる局面はまたあるはずなので、そこで活きてくるのが中国人民元/円という通貨ペアです。

どういうことでしょう?

今現在もこれからもマーケットには米中貿易戦争という大きなテーマがあります。その渦中の通貨というと、やっぱり中国人民元。中国人民元は米中貿易戦争における究極のリスクアセットなわけです。

 

一方、その真逆にいるのが安全通貨とされる円。だから、中国人民元/円は米中貿易戦争の中で一番動きやすい通貨ペアと言えるんです。

それ、ホントですか~?

次ページでは、「米ドル/円の2倍以上も下落していた中国人民元/円」の話題が……)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 97107人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)+ヒロセ通商オリジナル2020年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月1日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック(5万通貨以上の往復取引で)+最大5,000円キャッシュバック(20万通貨以上の往復取引で)・ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4](12月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券

トレイダーズ証券(みんなのFX)

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.06109.40

USDJPY

豪ドル/円+0.0775.21

AUDJPY

NZドル/円+0.0772.12

NZDJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 12月12日更新

英総選挙で13日のアジア市場が主戦場に! 米ドル/円は110円台へ



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

12月09日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果