ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米国株を「買わない理由」はない!?
株高追い風に豪ドル/円は押し目買い!

2020年01月20日(月)16:28公開 (2020年01月20日(月)16:28更新)
西原宏一&大橋ひろこ

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■スイス「監視対象国」入り。スイスフランへの影響は?

先週(1月13日~)話題となったのが、米国の為替報告書。中国が為替操作国から解除された一方、スイスが監視対象国に追加されました。

スイスフラン安になっていたところで為替操作国に認定されたのなら、「スイスフランを買おうか」とも思います。さらなる通貨安への抑止力となりますから。


ただ、今回は違う。特にスイスフラン安が進んでいたわけではないため、ここから買っていくかというとピンときません

スイスフラン/円 日足
スイスフラン/円 日足チャート

(出所:Trading View

明日(1月21日)からは、ダボス会議が開幕ですね。

トランプ米大統領が出席予定です。マーケットにインパクトのある発言が出るのではとの期待感はありますが、どうでしょうか。

■利下げ確率が70%「しか」ない? 英ポンドは上がりにくそう

今週(1月20日~)はECB(欧州中央銀行)や日本銀行、それにカナダ中銀の政策発表もありますね。

日銀は無風でしょう。注目はECB。


前回の理事会では、1月から「金融政策の総点検を開始する」と発言し、タカ派的な姿勢も覗かせました


まだ金利正常化を織り込むようなユーロ高の動きは見られませんが、注目しておきたいですね。

【参考記事】
クリスマス前のセル・ザ・ファクトに注意。ユーロ/米ドルに、上昇の可能性あり!?(2019年12月16日、西原宏一&大橋ひろこ)

1月30日(木)の利下げが、急浮上してきたのが英ポンド。利下げ織り込みが70%程度まで高まっています。

ドイツ証券などは、2度の利下げを予想しています。


ただ、1月については利下げ確率が70%しかない。確実とはいえない状況ですね。

70%だと、「しか」という印象ですか?

利下げが確実なら、この時期にはもう100%近くに達しているはず。


本当に利下げするなら今週(1月20日~)、織り込み度が高まり、英ポンドは売られていくのでしょう


どちらにしても、今週の英ポンドは利下げ警戒から上がりにくい展開だとは思います。

次ページでは、米国株やパラジウム、豪ドルの話題が…)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る