ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

日銀、追加緩和決定もドル/円の動き限定的。
株は上昇見込めるが、為替は横ばい継続か

2020年04月28日(火)12:00公開 (2020年04月28日(火)12:00更新)
バカラ村

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■米ドル/円は一時、108円台まで急騰する場面も

 今週(4月27日~)は、日本・米国・欧州の金融政策会合があり、米国とユーロ圏では1~3月期GDP(国内総生産)の発表もあります。

 4月23日(木)に日本経済新聞が、日銀が27日(月)の日銀金融政策決定会合で、無制限の国債購入と、CP(コマーシャルペーパー)・社債の購入上限額の倍増を議論すると報じました。

 これを受けて、米ドル/円は107.40円付近から、108.03円まで急騰しました。

 しかし、今の市場はコロナ相場となっており、金融政策に注目しておらず、さらに、オプションの影響や108円台での実需の売りもあったことから、107円台に押し戻されました。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(出所:TradingView

■追加緩和決定も、米ドル/円の動きは限定的

 4月27日(月)の日銀金融政策決定会合では、無制限の国債買い入れと、CP・社債を、合計20兆円を上限に買い入れることを決定

 4月23日(木)の日本経済新聞の報道と、ほぼ同じ内容だったこともあり、米ドル/円の動きは限定的となりました。

 その後の黒田日銀総裁の会見にも、目新しい内容はなく、米ドル/円は107円台での推移が続いています。

【参考記事】
ドル/円が心肺停止…原因は巨額オプション! アフターコロナ見据え、豪ドル押し目買い(4月27日、西原宏一&大橋ひろこ)

黒田日銀総裁

4月27日(月)の日銀金融政策決定会合で、無制限の国債買い入れなどの追加緩和策を発表した日銀の黒田総裁 (C)Bloomberg/Getty Images

■FOMC・ECB理事会の影響は?

 4月28日(火)~29日(水)にはFOMC(米連邦公開市場委員会)、30日(木)にはECB(欧州中央銀行)理事会があります。

金融政策は市場のテーマではないため、サプライズがなければ、為替市場への影響はないと思います。

 ただ、金融緩和策を打ち出せば、株式市場には好影響で、上昇が期待できることになります。

■一部でロックダウンの解除が始まる

 繰り返しになりますが、新型コロナウイルスが市場の注目材料です。すでに第1波のピークはつけたと見られ、今は、一部の国でロックダウン(都市封鎖)の解除が始まっています。

 ロックダウンを解除すると、感染拡大のリスクが出てくることになりますが、経済をいつまでも止めていることもできず、段階的にロックダウンを解除していく国が増えてきています。

 中国では、武漢がいち早くロックダウンを解除し、ここから中国の工場が動き出すことも期待できます。

 中国と欧州は貿易量が多く、ここからの経済の回復も期待したいところですが、欧州は、今もロックダウンしいている国が多く、需要が見込めない状態です。

 グローバル経済としては、回復までに、まだしばらく時間がかかりそうです。

 ただし、実体経済とは違い、各国の財政政策・金融緩和策・ロックダウンの解除と、株式市場にとっては良い材料が多いこともあって、まだ上昇は見込めるのではないかと思います。

【参考記事】
世界経済は、1930年以来の落ち込みに!? 封鎖解除のNZドル買い・ユーロ売りで!(4月21日、バカラ村)

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

日経平均 日足
日経平均 日足チャート

(出所:TradingView

■為替相場全体は、まだ横ばいが続きそう

 為替市場は、今月(4月)に入ってから横ばいの通貨ペアが多く、材料不足の状態が続いています。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 金融機関の多くがテレワークを導入しているということもあり、流動性が低下。今週(4月27日~)からはゴールデン・ウィークにも入ることから、さらに流動性は低下するため、トレンドは期待できず、まだ横ばいの相場が続きそうです。

■英ポンド/米ドルは、レンジ内での戻り売り

 英国のジョンソン首相が、復帰してきました。

 ここから、EU(欧州連合)側との離脱交渉が再開されることになりますが、もともと短い時間での交渉で、まとまるようには思えませんでした。今回の新型コロナウイルスの影響で、さらに交渉時間は短くなっています。

ジョンソン英首相

4月27日(月)から公務に復帰したジョンソン英首相 (C)Justin Sullivan/Getty Images

 離脱期限を延長するかは、6月末までに決める必要がありますが、英要人からは、離脱の延期を否定する発言が出てきています。あと2カ月ほどで、どこまで決めることができるのか、非常に厳しい状況だと思います。

【参考記事】
ブレグジットの移行期間延長は不可避? 復活したジョンソン首相は奇跡を起こせるか(4月22日、志摩力男)

 市場参加者も時間が短すぎるため、まとまるようには考えていないと思いますが、このような状況で英ポンドを買うのは、躊躇すると思います。

 英ポンド/米ドルは、今月(4月)に入ってから、1.2150~1.2650ドルで横ばいとなっていますが、英ポンドは、基本的に売り方向と考えています。ただ、横ばいは、まだ継続すると考えていますので、レンジ内での戻り売りが良いのではないかと考えています。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(出所:TradingView

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 jfx記事 田向宏行
経済指標速報記事 jfx記事 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る