ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

4月米雇用統計予想はマイナス2000万人超。
豪ドルは短期調整も、中長期は強気継続!

2020年05月04日(月)15:38公開 (2020年05月04日(月)15:38更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■原油暴落の影響か? サウジアラビア株が急落!

今朝(5月4日)、話題となっていたのがサウジアラビアの株式市場。日曜日も取引されるのですが、昨日(5月3日)のタダウル全株指数は7.4%の急落となっています。

4月に急落した原油価格の影響でしょうか。産油国は当面厳しいのかもしれませんね。

【参考記事】
WTI原油暴落の背景にあったロックダウン。買われ続けるスイスフランに介入の可能性!?(4月23日、西原宏一)

マイナス40ドルに突っ込んだときにはマクロマーケットで大きな反応がありませんでしたが、原油価格の低迷が長引くと影響が出てくるのかもしれませんね。

先週(4月27日~)から5月に入り「セル・イン・メイ」への警戒も高まっているようですね。

■「中国保有の米国債デフォルト説」が現実味を帯び始める

気になるのが、トランプ米大統領のコメント。中国が新型コロナウイルスを世界へ広めたとして報復措置をほのめかしています

トランプ大統領は中国が新型コロナウイルスを世界へ広めたとして報復措置をほのめかしている (C) Chip Somodevilla/Getty Images News

トランプ大統領は中国が新型コロナウイルスを世界へ広めたとして報復措置をほのめかしている (C) Chip Somodevilla/Getty Images News

トランプ発言の影響なのか、先週(4月27日~)後半の米国株は下落基調を強めました。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Trading View

1カ月前にここで「極論ですが」と前置きして話した、中国が保有する米国債をデフォルトさせる報復措置がワシントン・ポストで改めて報じられるなど、現実味を帯び始めてきましたね。

中国が今、米ドルで持っている外貨準備を他の通貨へシフトさせていくとすれば、米ドル売りでしょうか。

そうですね。トランプが中国への憤りを強めているのは間違いなく、将来的には波乱要因となるかもしれません。


ただ、今トランプの頭のなかにあるのは「経済をいつリスタートさせるか」だけでしょう。

【参考記事】
新型コロナ治療薬への期待が相場押上げ! 銅価格上昇は将来的なリスクオンを示唆!?(4月30日、西原宏一)

■豪ドルは短期調整入りも、中長期は強気継続

もうひとつ、注目されたニュースがウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会。持っていた航空株をすべて売却したことを明かしました。


「3、4年後に、昨年(2019年)までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」と理由を説明しています。バフェットも「プレコロナ/ポストコロナ」で世界が一変するイメージを持っているようですね。

誰もが感じていることではありますが、バフェットがいうとやはり影響力が大きいですよね。

為替市場では月末のロンドンフィックスで米ドル/円が急騰。びっくりしました……。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足

(出所:Trading View

ただ、日足レベルで見れば結局レンジ。動いているのは今、リーディングカレンシーとなっている豪ドルです。


ユーロ/豪ドルは2月から3500pips以上も上昇してRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])が利下げした3月19日(木)に天井をつけました。以降は巻き戻しが進み3200pipsほど戻しましたが、ECB理事会が開催された4月30日(木)から調整が始まり、700pipsほど上昇しています。

【参考記事】
新型コロナ治療薬への期待が相場押上げ! 銅価格上昇は将来的なリスクオンを示唆!?(4月30日、西原宏一)

ユーロ/豪ドル 日足
ユーロ/豪ドル 日足

(出所:Trading View

オーストラリアのモリソン首相が中国に対して新型コロナ発生源の調査を求め、中国が反発するなど舌戦となっています。


豪中関係の悪化も豪ドル売りを原因となったのかもしれませんね。豪ドルの調整はまだ続くのでしょうか?

調整が始まってから2日しか経っていないですから、日柄的にまだ不十分。もう少し調整が続くと考えるのが自然でしょう。


豪ドル/円も同様です。昨年(2019年)4月の高値が80円。3月19日(木)には60円割れまで急落し、先週(4月27日~)、ECB(欧州中央銀行)理事会が開催された日にちょうど半値水準の70円まで戻してから調整が始まっています

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足

(出所:Trading View

■米雇用統計後にバイ・ザ・ファクトも

そして今週(5月4日~)8日(金)は米雇用統計発表。NFP(非農業部門雇用者数)の予想はマイナス2000万人超。市場は悪い数字を織り込んでいるとはいえ、さすがにケタが……。

米雇用統計まではリスクオフ的な動きとなり、米雇用統計自体はバイ・ザ・ファクトといった展開になるのかもしれませんね

 

豪ドルに対する中長期的な強気見通しは変わりませんが、今週(5月4日~)は調整が続くのかもしれません。積極的に取引する人は短期でユーロ/豪ドルの押し目買い、豪ドル/円の戻り売りでしょうか。あくまでも短期ですが…。

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較
トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る