ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

楽観的になりきらないうちは、株は底堅い。
ユーロ/米ドルは1.07割れ見据えた戻り売り

2020年05月12日(火)11:44公開 (2020年05月12日(火)11:44更新)
バカラ村

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■米雇用統計は驚くような結果に! 為替は…?

 5月8日(金)に、4月分の米雇用統計が発表されました。

 非農業部門雇用者数はマイナス2050万人、失業率は14.7%と、驚くような数字が発表されました。

非農業部門雇用者数の推移
非農業部門雇用者数の推移

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

米失業率の推移
米失業率の推移

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

 ただ、市場参加者は、悪い数字が出ると身構えていたことや、結果が市場予想の中央値より良かったこともあって、為替市場は米ドル高に。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(出所:TradingView

 来月(6月)発表される5月分も、悪い数字が出ることが予想されており、まだしばらくは、景気の回復は見込めないことになります。

【参考記事】
衝撃の米雇用統計でバイ・ザ・ファクト! 米マイナス金利は年内!? ドル/円は戻り売り(5月11日、西原宏一&大橋ひろこ)
未曽有の危機、史上最悪の米雇用統計目前! そこで晴れ晴れとした気分になる可能性あり!?(5月8日、陳満咲杜)

■失業率のV字回復は期待できない状況か

 6月分以降の雇用統計に関しては、ロックダウン(都市封鎖)が一部、解除されたあとになるため、改善が期待できます。

 ただ、ロックダウンの解除は、新型コロナウイルス感染の第2波を警戒する必要があり、実需もすぐに戻ってくるような状況ではありません。輸出に頼るにも、他の国も景気が悪いため需要が落ち込み、それらは望めない状況です。

ロックダウンが解除されても、失業率のV字回復は、期待できなさそうです。

楽観的になりきっていないうちは、株価は底堅い

 実体経済の回復は期待できませんが、株式市場は、財政政策と金融政策の影響で、好調な状態が続いています。

 この上昇を見て、市場参加者が楽観的になるようであれば、実体経済が追い付いてないことから、いつ崩れてもいいような状況になりますが、今はまだ、二番底への警戒も残っているため、楽観的になりきっていないと思います。NYダウなどもまだ、底堅い推移が続くのではないでしょうか。

【参考記事】
日銀、追加緩和決定もドル/円の動き限定的。株は上昇見込めるが、為替は横ばい継続か(4月28日、バカラ村)

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

■為替市場は全体的に横ばいが継続か

為替市場は、全体的に横ばいが継続するのではないかと思います。

 ドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペアのこと)だけでなく、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)や、それ以外のクロスも、全体的に横ばいとなっている通貨ペアが多い状態です。

 英ポンド/米ドルは、日中は値動きがよく、デイトレードには適しているような動きをしていますが、日足では1.22ドル半ば~1.26ドル半ばのレンジが続いています。

【参考記事】
日銀、追加緩和決定もドル/円の動き限定的。株は上昇見込めるが、為替は横ばい継続か(4月28日、バカラ村)

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルも、1.07ドル半ば~1.1000ドルのレンジが続いています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

■ユーロ/米ドルはレンジ下抜けの可能性が高そう

 ユーロ/米ドルは、5月5日(火)にレンジ上限付近の1.1017ドルまで上昇していましたが、ドイツ連邦憲法裁判所がECB(欧州中央銀行)の量的緩和の一部が違憲との判断を示し、その後は軟調に推移。ただ、あくまでもレンジ内での推移です。

 今週(5月11日~)は、まだ、ユーロ/米ドルは反発する可能性がありますが、このレンジは、下へ抜ける可能性の方が高いのではないかと考えています。

 SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])が、ユーロ/スイスフランの1.05フランを防衛ラインとして買い支えていると言われており(ユーロ買い・スイスフラン売り)、ユーロは底堅くなりやすい状況ではあります。しかし、ユーロを買う材料にも乏しく、ユーロ/米ドルは、基本は横ばいとは思いつつも、下がる可能性の方が高いのではないかと思います。

ユーロ/米ドルは、1.07ドル割れの可能性もあるのではないかと考えていますので、戻り売りで考えたいと思います。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

link

高スワップが魅力!

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る